2021年4月18日 (日曜日)

田村駒治郎の造りしもの :‖ 「ビリケンさん」

池田にあるビリケンさんについて
知っておこう。

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「福をもたらす」
Dsc_0003-37

 福をもたらす“ビリケンさん”
通天閣でおなじみの「ビリケンさん」は、
池田市出身で繊維商社(株)田村駒の創業
者・初代田村駒治郎さんが、商標登録を
行ったもの。「福のまち池田」のシンボ
ルとしてこの地にやってきました。
「ビリケンさん」は足に手が届かないので、
足の裏をなでると、そのお礼に願いをかな
えてくれると言われ、特に縁談と受験に
ご利益があるとされています。


「福のまち池田」てな表現を初めて見た。
そんなん言うのか。わけは?
ちょっと検索したくらいでは
分かりませんでした。

以上です。

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「川底」
お金が落ちているのかと思たが、なんかのコインのようだった。

Dsc_0013-21

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日曜日)

シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖観てきました(弐)

観てきたので、その話を書きますよ。
以下はその話ですよ。

 

これまでに広げた大風呂敷は、
どうやらたためたらしい。
というのは、3月19日(金)の
朝日新聞の記事によると、
そういうことらしい。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「記事」
Dsc_0008-20

 

「四半世紀の伏線 見事回収」
となってますもんね。

 

まあ、どこをどう回収したかまでは
詳しく書いていませんけども。

 

買うてきたパンフレットも、
そこそこ読み進めましたが
(まだ全部読んでないんかよ)
謎やその回収の話は書いていない(ようだ)。

 

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖」
は、97年のいわゆる「旧劇場版」や、
その前のTVシリーズとは、違う物語
やったのか、そうか、そうやったっけ。
なんかもう、その辺から記憶があやふや
ですなあ、20年以上も前の話ですからね。

 

で、今回の物語に、生き残りの人々が暮らす
「村」が出てきますが、そこで、えらい
鉄道を細かく描写するのです。
転車台とか、古びた駅舎とかね。
「しんじょはら」という
駅名の看板が出てきたりしますが、
なんか意味があるのか、よう分からん。
調べると実在の駅のようやが、
第3新東京市でもない。
タイアップとかかしら。

 

終わりの方では
宇部新川駅てのが出てくる。
まあ、これは、監督の出身地やからかな。
鉄道好きなのかな、この監督は。

 

とりあえずは
以上です。

 

 

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「不陸」
不陸という言葉を初めて見た、と思う。

 

Dsc_0015-17

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日曜日)

涙(Apr 2021) :‖ 月例フォトコンチェック

月例フォトコンチェック。CAPA
2021年
(掲載月号ベース)
 1月号 なんもなし
 2月号 1次予選通過
 3月号 なんもなし
 4月号 なんもなし ←今回

今回の応募作は、家族の後ろ姿を撮ったもの。
天気が良くてクリアな写真やったが
そうですか、つまらんかったかな。
後ろ姿ってのが、あかんかったか。

今月は、過去、アサヒカメラに応募して、
休刊に伴い、返却されてきたものを
そのままCAPAに送ります。
ちょうど1年くらい前、桜関係の写真です。
さてどうかしら。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「平井車庫」

Dsc_0008-18

能勢電の車両らしい。マルーンカラーでない
車両が止まっていると目立ちますな。


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (2)

2021年3月14日 (日曜日)

シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖ 観てきました 感想など (壱)

観てきたので、その話を書きますよ。
以下はその話ですよ。

 

ついに「終劇」ということでよろしいですね。
1995年やったか、TVの第一話から、えー?
もう26年経ちましたですか、
あの頃は、パソコン通信でしたね、
こういう話を書くときは、
「ネタバレ注意」と書いて、
何行も何行も、空白行を空けたもんでしたね。

 

さて、今回の
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖」で
これまでに広げた大風呂敷は、
これで全て畳めたでしょうか、
回収しきれましたのでしょうか、そこ、
今後、ゆっくり検証してみたい、
いや、ちょっと面倒くさいな、
誰かがするから、それを見ようか(笑)

 

劇中の登場人物たちも、
落とし前というか、ケリをつけるというか
決着をつけたようですが
我も、これで、あとブルーレイでも買うて
決着、ってことになりますでしょうか。
いや、また見直して、いろいろ
謎見つけて、いつまでも終わらないか。

 

映画を観に行くにあたり、
キーワードくらいでもと、
真っ暗闇の中でメモを取る。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「メモ」
Dsc_0004-27

 

真っ暗闇やから、同じとこに
重ねて書いてたりして、あとで読んでも
意味わからんところも多い(笑)

 

入場時にくれた半ペラの紙、
うち帰って見たら、
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「ペラ紙」
Dsc_0014-19

 

何と、キーワード全部書いたある。
なんや、キーワードはメモ要らんかったな。
先、言ってよ(笑)

 

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖」
の「:‖」は、まあ、
世代が変わって、歴史はまた「繰り返す」、
てな意味やったということで
よろしかったでしょうか。

 

「シン」は何でしょうか、
「「ヱ」ヴァンゲリ「ヲ」ン」
という表記をやめたのはなぜ、
買うてきたパンフレット、まだパラッとしか
見てないのですが、
何かその辺書いてますでしょうか。

 

とりあえずは
以上です。

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

«ミズキ、来日 :‖ 花水木