2019年4月21日 (日曜日)

涙(May 2019)

月例フォトコンチェック。

2018年
アサヒカメラ        CAPA
(発表月ベース)・・・・・(掲載月ベース)
10月号 なんもなし・・・・2次予選通過
11月号 なんもなし・・・・2次予選通過
12月号 なんもなし・・・・なんもなし

2019年
アサヒカメラ        CAPA
(発表月ベース)・・・・・(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・なんもなし
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし
 3月号 5位   ・・・・なんもなし
 4月号 なんもなし・・・・なんもなし
 5月号 なんもなし・・・・なんもなし ←今回

応募するときの応募表を表計算ソフトで作成し
それを記録としてずっと残しています、
うっかり2重応募するのを防ぐためにも。
ところが、アサヒカメラコンテストの方の、
1月末に応募した分(2月5日締め切り、
発表4月号、入選したら掲載5月号)
の記録が消えた??
何を応募したんやったけ。
写真は「写真」っちうソフトで
管理しているのやが、それでみると
たぶん、飛行機の写真と夢洲での
写真やったかと思う。
片っぽは、こないだの入選作と似ているが
落選。応募部門が違うし、
評価が違ったのやろかね。
今回、落選となったのは、
梅やら、寒々しい写真やら、
時期的に今応募せんと、と思たやつで、
まあ、そうか、そういうのを意識して、
いまいちでも、時期優先で応募した、
なんてのは、そらだめか。
しかし、
こういう月例フォトコンテストってのは
あんまし時期外れの作品って
どうなんでしょうねえ、
まあ作品の評価には影響ないかも知れないが
あんまし、真夏に雪景色とか、
応募したくはないですなあ。


Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「バギー」
自転車的な4輪のバギーやったのやが、こんな写真ではよくわかりませんな。

Dsc_0004-15

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日曜日)

桜前線、襲来

こういう季節もんは、とっととアップ
してしまおう。
アップしても、グーグルサーチコンソール
(Google Search Console)を見てますと
インデックスされるまで、10日以上かかる
こともあって、結局時期外れに
なってしまうのですけれども。
どうですか、この記事が見ているみなさん、
ゴールデンウィークを満喫中でしょうか、
もう終わってますでしょうか。

 

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「『天然記念物 水明台エドヒガンの森』」

 

Dsc_0020-9

 

このあたりはエドヒガン推しです。
これは3月9日の撮影で、まだ咲いてませんが。
柵があって、
勝手には入れなくなっていましたが
うちの子は、同級生がここで、小学生のころ
エドヒガンの植樹をしたことがあるとかで、
管理人とも顔見知りで、
ここを見学させてもらったことがあるという。

 

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「『エドヒガンの森(水明台)』」

 

Dsc_0021-8

 

まあ時期が来たら、確か開放されて
入れるんやったと思う。

 

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「栄根寺廃寺(壱)」

 

Dsc_0016-10

 

 

以前紹介しましたこの記事
阿部元太郎の造りしもの(八):‖雲雀丘100年浪漫 銭屋五兵衛の墓

 

の場所の桜、
3月30日撮影、今年は去年より桜が遅い。

 

これが、4月13日撮影になりますと次です、
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「栄根寺廃寺(弐)」

 

Dsc_0110-1

 

Dsc_0111-1

 

以前の記事、
阿部元太郎の造りしもの(七):‖雲雀丘100年浪漫 旧花屋敷駅は

 

で紹介しました、
旧花屋敷駅があったと推定される、
現在の花屋敷踏切付近の桜はこちら
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「花屋敷踏切」

 

Dsc_0115

 

そこから、もう少し西方、
現在の、雲雀丘花屋敷駅方面に
歩いていったとこらあたりの桜がこちら
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「住宅街の桜」

 

Dsc_0126-1

 

Dsc_0123

 

別の場所へ。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「『昨年の台風17号により桜の幹が
 折れました』」

 

Dsc_0018-11

 

4月6日撮影。
高原時というお寺に
エドヒガンがあるというので見に行った。
樹齢300年超えという。
高さ20メートル超えという、枝垂れ桜。
でも、昨年折れたというから、
前はもっと大きかったのか。
エドヒガンは枝垂れもあるのか。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

「高原寺」

Dsc_0019-12

 

書かれているのの、一部を書きますと、

「・・・頭上の櫻は江戸時代中期に植えられた
 枝垂れのエド彼岸桜で、樹齢は三百年と
 推定されています。
 宗祖親鸞聖人ご出家の夜
  「明日ありと思う心のあだざくら
   夜半に嵐の吹かぬものかは」
 と詠まれた故事に因んでいます。・・・」
(「櫻」「桜」の使い分けは原文のまま」
これが書かれたのがいつかわからんが、
少なくとも樹齢300年以上やということね。
カフェとかライトアップのお知らせも
貼ってありました。

 

 

なんか道路沿いの桜、
最近わりと切っちゃったんですよね、
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「県道12号線(壱)」

 

Dsc_0041-6

 

4月6日撮影。
もっと壮観な桜並木やったのですが。
まあ、管理が面倒なのでしょうな。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「県道12号線(弐)」

 

Dsc_0059-1

 

4月13日撮影。
切っちゃってますねえ。
でも、切り残しているところもあります。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「県道12号線(参)」

 

Dsc_0058-1

 

4月13日撮影。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「一庫公園(壱)」

 

Dsc_0034-3

 

4月13日撮影。
確認してませんが、これはエドヒガン。
湖岸の方が花は綺麗でした。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「一庫公園(弐)」

 

Dsc_0036-8

 

4月13日撮影。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「一庫公園(参)」

 

Dsc_0043-4

 

4月13日撮影。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「猪名川町」

 

Dsc_0054-3

 

4月13日撮影。
「いながわ桜まつり」が開催されるらしい。

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日曜日)

アステ、誕生 30周年

なんか身の回りに30周年が多い気がする。

アステ川西 1989年4月4日オープン。
FM802 1989年6月1日開局。
めいほうスキー場。1989年12月にオープン。

ゆふいんの森 1989年3月運行開始。
 乗りましたなあ。9年前。こちら。
 
ベルリンの壁の崩壊も今年で30周年ですか。
電気グルーヴも今年で結成30周年。

Nikon D5300 Nikkor-S Auto 50mm F1.4
「かけつぎ」(ホワイトバランス:電球)
こういう商売、現在も営業中ってのがすごい。
Dsc_0073-3

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日曜日)

光の選択を :‖ PICTURES 大村裕里子の露出レシピ第1回の感想

PICTURES の、下記の記事の感想です。

 

 

2019.03.28
大村祐里子の露出レシピ第1回
写真も料理も素材が重要〜露出がわかれば写真が変わる!〜

 

 

我は、セコニックの単体露出計
スタジオデラックスII L-398M
を持ってまして、過去に何回か
話の種にした事があります、
例えばこれ。

 

測定の価値は

 

 

で、この
 「大村祐里子の露出レシピ第1回」
に登場するのは、我のとはちょっと違って
セコニック ツインメイト L-208
っていうやつ。入射光と反射光の切り替えが
我のL-398Mよりも簡単なように見えます。

 

でこの、
 「大村祐里子の露出レシピ第1回」
では、
 「「入射光式」の方がわかりやすいので、
  「入射光式」での使用方法をご紹介
  したいと思います。」
と入射光式で話が進みます。

 

で測光のところなんですが
 「光球を花の向きに合わせて測ります。」
 「空の明るさだけをみたいので、光球を
  空に向けて計測します。」
とあります。

 

おかしいなあ?入射光式の場合は
光球をカメラの方に向けるのでは?
でもなんか、作例としましては、ちゃんと
意図通り撮れてます。

 

例えば次のような。

 

桜シャドウ部
F4 1/250 ISO200 EV12

F4 1/4000 ISO200 EV16

 

ベンチのハイライト部
F5.6 1/1000 ISO200 EV15
ベンチのシャドウ
F5.6 1/80 ISO200 EV11.5

 

4段差とかあっても、
どちらかに露出を合わせて撮っても、
案外ちゃんと成立しているように
見えるもんですねえ。
我なんか、その間取ったりするから
中途半端になってしまうのかも
知れん。

 

 

Nikon D5300 Nikkor-S Auto 50mm F1.4
「機材」(ホワイトバランス:電球)
大阪芸大って、こういうテレビ放送の機材みたいの(中継車みたいの)を持っているのね。
Dsc_0072-1

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

«みさきの価値は :‖ みさき公園、南海電鉄が事業撤退とか