2018年11月11日 (日曜日)

軌跡の価値は:‖ 阪鶴鉄道(川辺馬車鉄道 (後に摂津鉄道、その後が阪鶴鉄道))はどこ(参)

軌跡の価値は:‖ 阪鶴鉄道(川辺馬車鉄道 (後に摂津鉄道、その後が阪鶴鉄道))はどこ(弐)
の続き。
摂津鉄道の終点、池田駅の痕跡が
何とか見つからぬもんか。

池田駅はウィキペディアによると
1893年(明治26年)12月には開業している。
1897年(明治30年)に阪鶴鉄道に
路線が売却されており、このころには
池田駅は西の方に移転していたと思われる。
1897年まで池田駅があったとしても、
今から121年も前の話。

当時はもちろん蒸気機関車やから
終点の駅付近には、
転車台や、水や石炭を貯めておく
巨大で頑丈な建物があったはず。
そんなんの基礎跡でもないもんやろか。

「川西市史 第三巻」というやつの
「図12」に摂津鉄道池田停車場付近が
描かれているらしい。
ネット上でも、どなたかが、
それを写真に撮った画像が見られる。
それを見ますと、東西に伸びる街道の
手前(南)に池田駅はあったようだ。
じゃ街道の向こう(北)側に転車台などは
作らないだろう。

ウィキペディアによると摂津鉄道は
客車を4両連結していたという。
1両何mやったのやろか。
京阪石坂線の現在の車両長さは
16.5mらしい。
これは短い方やと思う。
摂津鉄道の時代はもっと短かったやろか。
15mとして4両で60m、
これに蒸気機関車が付く。

国土地理院地図
図1

Img20181111170123856_2

(図をクリックすると大きくなるかも)
この図1で「イ」地点の東西の大きな道は
国道176号線。「イ」地点から北に伸びる道は
小戸(おうべ)神社に続く。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0025_8_2

上の写真は
「イ」地点のすぐ北にを撮ったものやが
こんな風に石碑もあってこま犬もいる。
よって、
「イ」地点より北に駅やその他鉄道施設は
なかったであろう。
「イ」地点のすぐ南、小花(おばな)交番が
鉄道施設の北端であろう。
「イ」地点の南の広場は、以前の記事で
 紹介した西詰公園。
「ロ」地点は、みつなかホール。
「ハ」から南西(図1では左下方向)に
 伸びる道が、軌道跡ではないかと見ている。

小花交番からみつなかホールまでが
直線距離で90mほど。
この間に、転車台もホームも
収まっていたのやろか。
国土地理院のサイトから得た航空写真

Photo

USA.jpg
整理番号 USA
コース番号 M34-3
写真番号 31
撮影年月日 1948/03/31(昭23)
撮影地域 大阪西北部
撮影高度(m) 2438
撮影縮尺 15875
地上画素寸法(cm)
カメラ名称 K-17B
焦点距離(mm) 153.600
カラー種別 モノクロ
写真種別 アナログ
撮影計画機関 米軍
市区町村名 川西市

ずいぶんと時代が下ってからの
写真になります。
真ん中へんだけ切り出したのがこちら。

Photo_3

この航空写真やと、今の、
みつなかホールやマンションのあるところ
(「ロ」地点)は、
この当時は農地か更地のようで
建物がある感じがしない。
「イ」地点と「ロ」地点の間は
建物がぎっしり建っているように見える。
しかしながら、
転車台を思わせる、丸い感じの区割り
などは見えない。

もし「ロ」地点に何かあったとしても
みつなかホールやマンションが
建設されたときに、跡形もなく整地された
のやろな。
まあ、もう少し、この周辺の捜索を継続
してみますか。

Is there a trace of the turning table?

---2018-11-12追記ここから---

のせでんハイキングのサイト
のコースマップに見落としあり。
こんなことが描いてました。

Photo_2

みつなかホールの北東、
阪急の高架の下あたりを停車場跡としている。

「池田(小戸)停車場跡」とは?
「小戸(おうべ)停車場」という名称だった
こともあったということか??

---ここまで---

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「何のマーク」一庫ダム。インドネシア国旗みたいなんが描いてある。
Dsc_0012_8

旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

阿部元太郎の造りしもの(参):‖雲雀丘100年浪漫 「雲雀丘」の由来 「滝の谷川」「雲雀の滝」(弐)

これも過去の記事の追記修正はやめて
新規記事にしよう。
タイトルが「(参)」の「(弐)」とか
えらいややこしいことになるが。

前の記事
阿部元太郎の造りしもの(参):‖雲雀丘100年浪漫 「雲雀丘」の由来 「滝の谷川」「雲雀の滝」
ででました、「滝の谷踏切」ですが、
ニフティニュースによりますと
この踏切がJR西日本では、
いちばんの開かずの踏切になるとのこと。
遮断機が下りる時間が
1時間のうち、最大55分もあるという。
へえ〜。

今まで1位、2位だった、東淀川駅の両側の
「南宮原踏切」と「北宮原第1踏切」が
それぞれ57分と56分だったのが
廃止が決まったとのことで。

東淀川駅らへんは、
複々線であるJR京都線が
新大阪駅の多数のホームに
分岐していくとこなんで
そらあ、線路数も多いし、幅も広いし、
(南宮原の方は渡りきるのに46.8mやとか)
さもありなん、ですが、
滝の谷踏切は、JR宝塚線の上下1本ずつの
計2本、まあ、10mもないような踏切でっせ。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0019_9

わかりにくい写真で恐縮。
フェンス越しに撮ってて
もやっとしていますが
右奥が滝の谷踏切。
人と、自転車程度しか通れません。
考えたら確かに自転車がこの近辺、
JRを渡るのが不便なんですなあ、
歩行者ならJRの下をくぐれる通路は
あったりするのですが。
JRのすぐ北が国道176合繊(の旧道)ですが
この道自体、歩道が狭いというか
ないところもあって、
路肩もほとんどないとこもあって、
自転車で走りにくいんですよね。
スペース的に苦しいが、なんとか、
国道176号線も含めて
いい感じに改修してくれると嬉しいのですが。
まあこの近辺も少子高齢化が進んでまして、
自転車で走りやすくしてほしい、
なんて要望自体が減少傾向なのかも知れん。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「地下道」こんな感じの歩行者だけ通れる地下道は近くに存在する。阪急雲雀丘花屋敷駅利用客などが結構多く利用している感じです。
Dsc_0009_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土曜日)

軌跡の価値は:‖ 阪鶴鉄道(川辺馬車鉄道 (後に摂津鉄道、その後が阪鶴鉄道))はどこ(弐)

最近は過去の記事に追記修正ばっか
しておりました。
本件についても、過去の記事
軌跡の価値は:‖ 阪鶴鉄道(川辺馬車鉄道 (後に摂津鉄道、その後が阪鶴鉄道))はどこ
に追記を進めておりましたが、
もう、新規記事にしてしまいましょう。

のせでんハイキングのサイト
のコースマップからの引用の下図
図1

Photo_2

から、いろいろ考えを進めているのでした。

国土地理院地図より
図2

Img20181110150725653

(図をクリックするとでかくなるかも)

図2で、上の方の広いスペースが
川西小学校ですね。
図2で「A」地点は
ニホンセイミツという会社の
敷地になりますので入れませんが
図1からしますと、この敷地内に
川辺馬車鉄道の軌道があったように
読み取れます。
ニホンセイミツの敷地を南側からみた写真が
こちら。
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
(機材は以下同じ)

Dsc_0009_9

この写真の右にニホンセイミツの建屋が
見えています。
左奥の道が図2の「B」地点です。
「B」地点から南をみた写真がこちら。

Dsc_0010_4

このスペースが軌道跡かな?。
「B」地点から北をみた写真がこちら。

Dsc_0011_8

この写真の右がニホンセイミツで、画面右の
ガードレールに沿った感じが軌道跡か?
このガードレールの右の方をみた写真が
こちら。

Dsc_0012_10


この写真の右奥から左手前にかけて
軌道があったのかしらね。

国土地理院地図より
図3

Img20181110151050757_2

図3では左下に川西小学校があります。
図3で「C」地点から「E」地点にかけて
軌道跡があったのだろうかと思えたわけです。
「C」地点の南西(図3では左下向き)が
駐車場になってます。

Dsc_0013_7

この写真の右奥から左手前へと軌道が
あったのやろか。
「C」地点の北東(図3では右上)のスペース
の写真はこちら。

Dsc_0014_4

この写真の手前から奥へ軌道があったのか
もしくは
「C」地点の、「C」の字のすぐ右の路地
の方に軌道があったのか?
この路地は下の写真。

Dsc_0017_6_2

狭い。

「E」地点の北側はマンションです。
その写真がこちら。

Dsc_0022_8

「E」地点から南西(図3では左下向き)に
延びる通路をみた写真がこちら。

Dsc_0018_9

この道を奥へ入っていったらこんな感じ。

Dsc_0019_8_2

「F」地点あたりで後ろを振り返りますと
こんな感じ。

Dsc_0020_6

奥に「E」地点のマンションが見えています。
とまあ、図1からするとこの
「D」ー「F」ー「E」が軌道跡やという
ことのようですね。

国土地理院地図より
図4

Img20181110151325415


「G」地点は「みつなかホール」です。
「H」地点から「G」地点を見た写真が
こちら。

Dsc_0023_9_2

高架は阪急宝塚線。奥が、みつなかホール。
この写真の中央奥から左の橋脚の向こう側
(左方)へ軌道があったのではなかろうか。
そして、この写真の左の方はというとこちら。

Dsc_0024_5

図4の「I」地点から南を見ています。
奥の高架が阪急宝塚線。この公園の名は
「橋詰公園」。
鉄道の終点は呉羽(くれは)橋の西詰に
あったらしいので、この公園の名前からして
ここが終着駅(摂津鉄道では「池田駅」)
の跡地ではないやろか。
しかし、公園には、そのようなことを
書いたものなどはないのですなあ。

Where is the Kawabe carriage railway?
Is not the terminal station "Ikeda station" the current "Hashidume Park"?

「不審者に注意」んなこと言われましても。
Dsc_0028_8_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土曜日)

用紙の選択を:‖ キヤノンかピクトリコか富士フイルムか

バシカメ
(ヨドバシカメラ マルチメディア梅田)で
写真用紙を見て回る。

えらい光沢紙推し。
マットとか絹目とか、
そういうやつは、探さないと見つからない。
なんでや。
光沢のテカテカ光るのがあまり好きやない
のやがな、そういう人は少数派なのか。

フォトコンテストではどちらが有利とか
そういうのも聞かないしな。
我の数少ない経験でも
用紙についてどうこう言われたことがない。

以前はキヤノンのマット紙を愛用していた
時期もあった。これは安いし。
ヨドバシドットコムでみますと、
キヤノン CANON
MP-101 A4 [マットフォトペーパー
A4 50枚]
¥1,080(税込)
坪量:177g/m2
紙厚:216μm
なめらかな印象で悪くなかった。

で最近使うてるのが
ピクトリコ PICTORICO
YPSG-A4/30 [オリジナルフォトペーパー
写真用紙 半光沢 A4 30枚
ヨドバシカメラオリジナル]
¥1,830(税込)
厚さ:295μm
現品の袋には「0.3mm」と書いたある。
坪量てのは不明。
キヤノンのよりちょっち高いが。
紙がやや厚いが、我のプリンタ、
キヤノンMP-950でもなんとか印刷できる。
あまり厚いと、印刷汚れが出ちゃうのよね
いくら調整しても。

「月光」を使ったときはひどかった。
ピクトリコ PICTORICO
GKS-A4/15 [GEKKOシルバー・ラベル
A4 15枚入]
¥2,090(税込)
「販売終了商品」となっている。
こいつはバライタ風ってやつなのやが
厚さ390μm。
キヤノンMP-950で印刷すると
どうしても用紙の端っこに
汚れが出るので、フォトコン応募時、
汚れ部に修正テープ貼って応募していた。
そういうのは「減点」対象なのかね。
しかし、銀塩時代には、
スポッティングとかいうて
ホワイトで塗りつぶす
なんて行為はよくあった。

で、今回、
売り場を見て回って買うてみましたのが
富士フイルム FUJIFILM
WPA420HIC [写真仕上げHi
絹目調 厚手 20枚 A4サイズ]
¥937(税込)
厚さ:0.26mm
これは薄い、
フォトコンに応募するとき、
クロネコメール便のなき今、
郵便局で、「定形外」
(A4がなんで定形外なんや!)
で送ることになるのやが
50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 205円
という料金体系。

我の場合、プリントを透明の袋に入れて、
クリアファイルに入れてから
封筒に入れているのやが
プリントを2枚入れると、100gをわずかに
超える場合があって。
とくに「月光」なんかやと。
そういう意味で厚さ0.26mmは
よいかもしれない。

「富士フイルム
FUJIFILM WPA420HIC
の 商品概要
 写真メーカーからお贈りする、
 絹目調で光沢感を抑えた
 格調高い写真画質用紙
 滑らかな粒状性の実現により、
 大切な写真画像をリアルに再現します。
 ポートレートの出力に最適です。」
やそうで。
ポートレートはあんまり撮らへんけど、
さて、どんな仕上がりになりますか。


ボジョレーヌーボーの初荷が到着したとか。
解禁日まではまだ半月以上ある。
でも税関の人が、これは怪しいとかいうて
少し開けて「検査」しちゃうんやないか。
おなじみ落語、禁酒関所でした。

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「赤いキャップ」橋のフェンスを固定するボルトになぜか赤いプラのキャップ。付いてたりついてなかったり。なぜ。
Dsc_0026_8_2


人気ブログランキング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«分からない、話:‖ 『理系の大疑問100』の感想