« 空を撮る | トップページ | 天保山→箕面 »

2005年10月 1日 (土曜日)

古典て

我が小学生のころ、いつもナカジマというやつと遊んでいたので、我母が、「あんたはいつもナカジマ君と遊んで、カツオ君みたいやねえ、お母さんも、わたしってちょうどワカメちゃんくらいやなと思てたのに、いつの間にか、あん中やったら、フネになってもうたわ、ははは」みたい事いってたのを思い出す。もう出来てから親子3代くらいになるやろなあ、サザエさんて。そういうのは古典と我は思う。小松左京作品はまだ古典というには苦しい。本人生きてるしねえ。
もうひとつは、その分野を作ったもの(パイオニヤ)は古典と思う。極端な例では「ガンダムもの」の話をしてる時には、宇宙世紀0079のジオン公国独立戦争の話は古典やと思う。まあもうちょっと一般例では、ビートルズは、バンドの古典と思う。ボーアの理論は量子力学の古典と思う。古典量子力学、て言うのかな。訳分からんな(笑)。

|

« 空を撮る | トップページ | 天保山→箕面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/6206338

この記事へのトラックバック一覧です: 古典て:

« 空を撮る | トップページ | 天保山→箕面 »