« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火曜日)

荒川静香選手が帰国した映像が流れてたが首から金メダルをさげてはった。あれは飛行機乗りしなピンポンならへんのかいな(笑)。我なんかフォーサーズの確率で鳴る、で靴を脱いで通ると鳴らない、で靴だけ通すと鳴らない。なんなんやあれは。
スキャナ(というかオールインワンプリンタPIXUS MP-950)の画像が粗いと書いたが間違い。全体的にピンボケな感じなのだ、甘~~いのだ。モヤッとなのだ。まあスキャン画なんてそんなもんなんかも知れんが。また画像が赤っぽい。一度キヤノンに問い合わせてみるわ。

こないだの(日)はえらい大雨だった。また雨らしい。一雨ごとに暖かくなるかな。
P2260019ame

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月曜日)

春の病気

アサヒカメラ3月号を買った。毎年この時期、表紙の繚乱の桜の写真を見て買ってしまう。そして裏表紙のベルビアの広告を見てベルビアを買いたくなるのは去年からの病気だ。
P2270001
ニコンMF(マニュアルフォーカス)党結党宣言かあ。なるほどなあ。AF(オートフォーカス)が甘いとかのろいとか文句たれてるくらいなら、自分で合わせたらええやんけ、ってことやなあ。中古でNewFM2買うかなあ。新品でFM10でもいいか。いや中古のF2やF3も値ごろらしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日曜日)

設計ミス2

キヤノンPIXUS MP-950で、くだんのネガをスキャンしたもんをプリントしてみるが、ちっともキレイに出来ない。画像が粗いのだ。ネガからではなく紙焼きしたものを「コピー」するとまあきれいにいけるのやが。やぱしネガからスキャンしてL版に引き伸ばす、ということに無理があるのか、それともなんらかのテクがあるのか。あるとしたらスキャン時だろうなあ、スキャン後の画像をどういじってもだめっぽいです。どうしたらいいんや~ 

写真は24(金)に作ってたうさぎの置物なのやが、これが、異常に軽くて、一旦こけるとなかなか立てることができない。これも設計ミスっぽいぞ。こんなバランス悪いなんて。こどもがちょっとドタバタしたらコケてしまうとは。ちなみにこの写真はオリンパスマスターで3Dにしたもの。交差法でみると立体視できると思いますが。。。どうよ?
rittai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土曜日)

天気良好

3ヶ月ぶりくらいだろうか、こんなに布団が太陽光熱を吸ってくれたのは。毎週干してるけど。伊丹市の緑ヶ丘公園に行ってきました。梅林があって野点(のだて)なんかもやってたが、梅は1分咲きかなあ。れゆは梅も見てたが、ほとんど野良お猫様を追っていた。写真はオリンパスマスターで自動合成したパノラマ写真です。右クリック→新しいページで開くで見てね。中央付近の紅白幕が野点地点。
midorigaokapano2500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金曜日)

xDカードを試す

別に写りが変わるわけでもないし。パソへの取り込みもそんなに速くなったとは感じられない。
ただレタッチソフト、オリンパスマスターに、xDカードについてるシリアル番号を入力すると、特殊効果が使えるようになる。写真は「油絵」モードだ。んーーー、何に使えばいいのだこれは。すぐ飽きそうだな。P2230001abua
おおえに告ぐ。30D出ますけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

xDカード来た

代引きで買うとレシートもくれんのか。佐川の外装紙袋を領収書として残すのかなあ。
早速使用してみたが、どうも速いという感じは体感出来ないな。撮影後の読んでる時間とか、画像を再生するときのの読み出し速度とか、見てる感じでは何も変わらんぞ。どこらへんが2~3倍高速化※メーカ・機種・記録モードなどにより効果は異なります。なのだろう。さぎだあ(笑)。
P2230006xD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月曜日)

オリンパス PEN EE-3

さっき書いたのに、一瞬で消えてしまった。こんなことってあるのかよ>@niftyめ。書き直しだ。
このフィルムカメラは我が高校生のころ中古で5000円くらいで買ったもの。買ったときから傷が入っていたが完動品。電池無しで作動する。レンズの周りのギラギラしたとこが明るさと読み取って自動的に絞りを調整するのにだ。セレン太陽光電池というらしい。画面サイズはハーフサイズというやつで、24枚撮りのフィルムなら2倍の48枚撮れる。普通に構えると縦長の画面になる。何年かぶりでこのカメラを取り出し、ネガカラーを詰めて撮ってみたが、公園に1回行ったくらいではフィルムを使い切れず、40ショットくらいしか撮れんかった。まだ8ショットは撮れる。ちゃんと写ってるかどうかわからんが現像が楽しみだ。ずいぶん使ってなかったから、どっかから光線漏れでもしてなきゃよいが。P2190066pen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日曜日)

報道写真

鳥のでカーリングを見てたら、報道カメラマンがでっかい望遠レンズを装着した一眼レフのメディアを交換しているのが見えた。そらそやわな、報道ももうフィルムではなくデジカメを使ってるのやなあ。とするとコダックとか、フジとかのフィルムメーカーはもうはや五輪では不要になっているのやろか。以前はそれぞれ会場に大きなラボを設けて現像サービスをしてたのやが。鳥のウェブページをみると、ちゃんとコダックがスポンサーになっていて「コダックイメージセンター」というのを設置している。デジタル画像のプリントサービスや配信サービスをしているようだ。なるほどね。しかしもうこれではほとんど通信会社の仕事だなあ。

写真は昨日の空、冬には珍しい?うろこ雲が出ていたので撮ってみました。p21800141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スノーボード ハーフパイプ

成田童夢て人は面白いなあ。まず名前が童夢て。国際映像ではDOME NARITAと書かれていた。東京ドームとかと同じつづりなのだなあ。で、妹も五輪に出場してて今井メロ。メロて。で童夢て人の話しの受け答えがなんか面白い。ドラマのせりふっぽい話し方だ。で五輪の結果は、演技は私のみる限りでは、まあまあよかったと思うのだが、ちょっと失敗があり演技直後に雪上で泣いて悔しがっていた。予選落ち。難しい技にチャレンジして失敗したよう。とりあえず予選通ればいいや、みたいな演技するよりは良かったと思うよ。鳥のオリンピックのテーマはPassion lives hereやからね。熱いパトスがないと少年よ神話にはなれないぞ。

写真はうちの少年が描いた絵。これ何の絵?と解説を求めると、水溜りがあったのでれくんびっくりしてるところ!これ水溜り。水溜りがあったねん、そんでびっくりしたねん、水溜りあったねん、とえらい、そこばかり強調する。話しの冗長性も父から子に遺伝するのかも。
img2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木曜日)

レンズ

我の眼鏡はZEISSだ。そういえば、コシナ製のニコンマウントのCral ZeissブランドのレンズPlanar-T*1.4/85ZFだが、コシナサイトによると本体希望小売価格(税別)\112,000だそうだ。本体希望小売価格(税別)\112,000かあ。本体希望小売価格(税別)\112,000ねぇ?本体希望小売価格(税別)\112,000かよ!本体希望小売価格(税別)\112,000だというのですか。本体希望小売価格(税別)\112,000なのですねえ。本体希望小売価格(税別)\112,000であることだなあ。
p21600041

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金曜日)

お猫様派

おかもろのブログ結構書き進められているのでこっちもがんばらねばとなぜか張り合う。こんなに集中して取り組むと、いつ飽きるやろと心配だ(笑)。荒れた画像とかゴミとかがすげえ良いというのもあるかも知れんが、狙ってそうしたのではなく、やっぱし、現像オーバーの取り扱いミスの失敗やわ。ましかし、かのロバートキャパの、ノルマンディ上陸作戦のあの写真は、現像失敗で画像が荒れたがために、かえって戦場の雰囲気になってる、みたいのもあるけどねえ。。
今日の写真は、以前実家で買ってたお猫様。オス猫で、ある日突然行方不明になった。写真の中の写真は、我が高校時代に高校の暗室で引き伸ばして、パネルに張ったものだが、これはどこに行ったのかしら?当時、今は知らんが、モノクロ印画紙にはRCペーパーとバライタ紙てのがあって、我はバライタは使ったことがないが、バライタはそのままパネルに貼ったらよいようやったが、RCペーパーは分厚くて、そのままではなくて、画像の出てる表面薄皮1枚はいでからパネルに貼るのが本来だったようやが、これは、そんなんせんとそのままパネルに貼ってある。カドの部分がごわごわしてうまく貼れないんだよね。
img_00031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水曜日)

おかもろ紹介の巨大レンズ雲がきもいので、なんかこう気持ちのいい雲画像がないかと我ストックを探してみたが、あまりないのお。雲というのも面白い被写体であるのに、あまり撮ってこなかったのだな。よし今日からは、がんばって雲も撮ろう。でもま、ちょち寒いので、やっぱし今日はストックから。
img_00032
時期ハズレの真夏の写真だ。しかし現像が失敗だったのか、ネガの状態も悪くて傷だらけやし、なんかざらついた画面になっている。これは1985年7月28日の琵琶湖を背にして山の方を撮ったものだ。たしかオレンジのフィルターをかけて雲にコントラストをつけようとしたのだったとおもうが、この現像ではだめだな。まあ、夏のざらついた光を表現しますた、みたいなことを思っていたのだろう、当時は。芸術家だったので(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火曜日)

松下のリコール

松下から例の「お願い」が来た。全世帯に送るというから待っていたのだ。
p20700011
どうやって送るのか、うちの住所とか分かるのか、と思てたら、郵便局に頼んで全世帯に配ってね、てな方式のようだ。住所も宛名も書いてない。そんなビラいれみたいな仕事も請け負うのね、郵便局。

皇位継承順位だが、我だって2千万番目くらいには入ってるだろう、いや案外100番以内だったりして、とか考えていたが、やはり、「藤原さん」とか「蘇我さん」とか「冷泉さん」とか、そういう苗字の人が強いだろうなあとか思う。うちはだめだな。ボッシュートでお願いします(oyadgeからパクッた)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しろうとで悪いか

くそトラバが付いてた。腹立つ。
しかし、この真冬の冷たい豪雨はやめてくれっちうのに、カッパ着て動きにくい、手が冷たすぎる、て誰に言ってるわけでもないが、誰に言ってもしかたないが。写真は日曜の近所の川。10時42分の撮影だが、川が一部凍結していた。見えますか。p20500141

いまえだには申し訳ないが、やっぱりワインを買うてしまう。セブンイレブンの田崎セレクション。950円のでも飲みやすい。しろうと好みな味わいというのはやはり存在するのだなあ。詠嘆。oyadgeのマネ。そしてしろうと好みを作るのはそんなに難しくはないのだろう、廉価で手に入る。エプソンのオールインワンプリンタPM-950は、簡単にお店プリントにまさる美しいプリントが出来るという。なんかこう、しろうと好みの色合いとかシャープネスみたいなのがあるのだろう。そしてそれはそんなに難しくないのだろうなあ。そして我はそのしろうと好みで満足することも多いわけだなあ。でもプリンタはなぜかキヤノンのピクサス買うてしもてますけど。まこれだってしろうと好みのプリントも出来る(と思う)。昨日のレタッチ画像だって、トーン自動補正が良い感じするしね。こねくりまわすより、オート直結の方がしろうと的には好みに仕上がるのかもやっぱ。天才アラーキーも昔、いつもオートで撮る、ライティングには凝らない、所詮写真は平面やからうすっぺらでよい、てなことを言っておられたぞ。
れいがインフルエンザで保育所行けず、子守をつなぐのに往生しまっせ。あまり年寄りに付き添って頂くのも感染したときのダメージが大きいしなあ、てわけで我父母や義父母への依頼をなるべく避け、今回は義姉に頼っている。独身なのに子守させてしまい、非常に迷惑をかけている。よう引き受けてくれはったわ。我独身やったらまず無理やなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土曜日)

キター

こないだはのんきなことを書いていたもんだ。レを医者に連れていくとインフルエンザA型ですと。検査キットがあって15分で分かるという。まずいことになった。完治証明がもらえるまで保育所に預けられない。子守の応援を頼まねば。で家族中に蔓延するだろう。ヤツだけを隔離することは出来ないからねえ。いやみきていだけは、予防接種をしてるらし。ユもかかるならいっぺんにかかってもらいたいがそんなうまいこといかんだろうなあ。いや、あいつはかからないかも知れんな、我が危険だ。98年にかかって長野オリンピック見に行ったときは大変苦しい思いをした。かなわんぞ、インフルエンザは。手洗いうがいをしてマスクをしてるが、果たしてそんなことでどうにかなるものかどうか。なんかだんだんしんどくなってきた気がする。。
これがレがもらってきた薬。かの有名な「タミフル」らしい。子供は量が違うからカプセルではないのかな。
p20400071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金曜日)

ブラックマヨネーズをテレビで見たが、フリートークとネタがあまり落差がない感じがする。これはとてもすごいことなのかも知れんなあと。
レが熱を出している。保育所でもついにインフルA型発生してるらしいしな。キタか、ついに。
この冬いちばんの寒さが来るとかいうが、今日はそうでもなかった。雪がちらちらしていたが、それほど寒くは感じなかった。風が弱いからか。寒さに強い体になったのか??
日立の洗濯機のリコール修理に来てくれた。ずいぶん待ったなあ。言ってから3週間くらいかしら。そういえば、パナからのはがきが来ないなあ。全世帯にリコールのお知らせのはがきを出すとか聞いたように思うが。ま、うちには当該の温風機無いからどうでもいいのやが。
節分なのに豆を食べるのを忘れた、もう歯みがいたしなあ。柿ピなんか食べてるくらいなら、なぜ豆を食べんかったのや。
前も書いたかも知れんが、子供の腹は出ている。4歳くらいになるとだんだん引っ込んでくるが。なんであんなに出ているのだ。腹の断面を取ったなら、おとななら横長の楕円になると思うが、子供だと円に近い。腹筋がまだ発達してないから、内臓への押さえが利かないのか。腹が出ているから、シャツをズボンの中に入れておかないと、こう、シャツのすそが広がって、照る照る坊主というか、ノッポさんの相方のゴン太くんのようだ。
写真はビデオカメラのスチル機能で撮ったもの。江坂のFOGCITYDINER。2002年1月。以前はこんなとこまで食事に出かけていたようだ。小さい子連れて、モノレールに乗り継いで行ったのかな。根性あるな。今もあるのかなこの店。
fcd3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水曜日)

CCD進化

この時期こないしっかり雨が降られると困る。自転車に乗るとき、厚着してるのにさらにその上にカッパを着るからパンパンになって身動きしにくく、右折時などに後方確認がしづらい。デブの人はいつもこんな感じなのか。腰から上半身全体をねじって後方確認せんならん。また手が冷たい。普通の手袋ではびしょびしょになるから、炊事に使うようなゴム手袋をしてみるが、やっぱ薄いから冷たい。もお真冬に雨降るなよ。雪にして。

昔のデジカメ、リコーDC-2だが、最初の写真、これはDC-2で1997年の夏に二色の浜で撮った写真。白い横線が見えているがこれをスミアというらしい。太陽の光をもろに入れるような撮り方では、CCD素子ではスミアが出やすかったらし。CMOSでは出ないらしい。
32

ところが2枚目の写真、オリンパスC-7070WZで最近、1月に撮った写真だが、まあ真冬で太陽光が弱いとは言え、スミアがない。CCD素子なのにだ。
p12900481
技術革新立派ですねい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »