« 外部ストロボでバウンス光を得る | トップページ | レンズ »

2006年2月16日 (木曜日)

新幹線を顔で表現する

暖かくて雨が降ると今度は蒸れてかなん。生物は環境に対し非常に狭い許容範囲しか持っていないのだなあ。

今朝は特別急行「北近畿」に乗ったが、人身事故で遅れ。まあ遅れてても普通や快速はどんどん来る。なら、その間に特急を割り込ますべきではないのか。別料金取っているんやから優先して通さなあかんのではないのか。「普通列車が2本来てその後に特急が来ます」てどういうことだ。普通を退避させて特急を先に通しなさいよ。もお、この時期「北近畿」はカニ食べ行こう列車と解釈されていて、そんなんより通勤客が優先だ、てな判断なんやろうなあ、確かに車内はほとんどカニ客だった。もお、わたしは違うのにい。

東北新幹線の2階建て車両E4系マックスの先っぽには連結器が収納されていて、その様子はこんなんですよというわけですが、それのマネを顔でやっているところです。
p12900011

|

« 外部ストロボでバウンス光を得る | トップページ | レンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/8691876

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線を顔で表現する:

« 外部ストロボでバウンス光を得る | トップページ | レンズ »