« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金曜日)

ベンハムのコマ

マリナーズ2位に浮上してるやないか。ベルトレまた2塁打3塁打。我らがRichieSexsonも2塁打(打点になってないが)。Suzuki無安打でも勝ったことに価値があるプライスレス。
写真はキッズプラザ大阪にあったベンハムのコマ。しかし付近になんの解説もないのでこんなん「モーレツ!科学教室」でも見てた人やないと意味不明やないか。
P6250066ben


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木曜日)

爆発

あれ打線爆発してるやんマリナーズ。リードへの悪口が聞こえたんか(笑)ホームラン打ってるし。ごめんごめん。ベルトレも2塁打3塁打やし。われらがRichieSexsonも2塁打やし。よかたよかた。首位に2ゲーム差、こらあオールスター前に首位に立つぞ。ミネソタのMauer.392になってるぞ。なんじゃこいつは。
追伸 MLBハイライト見たら、Richieは満塁で打ってるやないか。走者一掃してるやないか。よしよし。ミネソタの彼の名前の読み方は、、、ゆーがフギャアと言ったので聞こえなかった。んもー。

写真はOLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom 1/250 F5.6
P6240053miz


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水曜日)

淡路島(6)

またまた重いわよココログ。
打率1位のミネソタツインズの人、何と読むねんJoe Mauer.389てすごいな。でその次がガルシアパーラ.362でその次がスズキ.357か。打数多いからな。しんどいな。
おお確かにマリナーズ5割、首位と3ゲームか。ピッチャーがこのままギリでも最後までもてば、打線が爆発しだせば優勝やな。しだせばね。ベルトレも.255まで来てるし、しかし今度はリードが.225であかんが。ブルームクイストに替えたらいいのでは。てな話と、NikonF3(+アクセサリ)と85mmF1.4は大そうなのでF2にあたりに投資するかと、北海道はツアーは安いがフリーツアーにせんと時間に余裕がないなあ、てな話を、そやね、バシチカでやるか。写真は今度はノーストロボの場合。
Img_0011heyanatural

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火曜日)

でも.225かよ

セクソン大好きて。んなことないで(笑)。
打率2割で安泰て。2割あったら御の字な感じは、、、うーん確かにそうかも知れん。今日は試合が無かったようやから打率温存だあ(消極的)(笑)。田口も3安打でよござんした。

5Dてストロボ内蔵してへんねなあ。そら不便ちゃあ確かにそうかも知れん。手軽さで選ぶなら一眼やなくてコンパクトにせえということか。動画も撮れるしね。しかし最近キヤノンが宣伝してる、Power Shot S3 ISてセンサーサイズ1/2.5て。なんでや。またズームの立ち上がりが36mm(35mm換算)~て。全然力入ってへんなあ。なんでこんなんいまさら出したんやあ。まあもしもっと良かったら買いたくなって困るんやけどね。

本屋のBGMで米米クラブのアッブラカタ~ブラ、のちょっとアレンジの違うのを聞いた。最近ちょこっと復活してイベントするとか聞いたからそれの関係やろか。夏やねえ、なぜかそう思った。今年も合宿しよう、今回は北海道を狙うぞ。ま、立山とか志賀高原でもいいけどね。
CAMERA magazine no.3 1500円+税と、フォトライフNo.26 2006年夏号 1143円+税 を購入
P6270001

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月曜日)

セクソン5-5

しかも2本塁打でしかも勝ってるやん、我らがRichie Sexson。これでSeattleは38勝39敗、首位から4ゲーム差か。あきらめんといこう。まだ半分も来てないぞ。
写真は夜景。ニコンFフォトミックT 50mm。確か1秒でF2.8くらいかしら。満月が雲に隠れ気味なところ。
Img_0010yake


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日曜日)

功名が辻

また少し重いよココログ。
なぜかNHK大河ドラマのOPが始まると子供が見入る。タケモトピアノ効果みたいもんか。途中の鳥の羽が矢になって飛んでいくところあたりから曲調が変わるが、そのへんからの食いつきがさらによい。

写真は近所に設置のカーブミラーなんだが、何のために設置されているのか分からん方向を向いている。何かがぶつかって向きが変わったあともないし、写真ではわからないが、ここは交差点でもない。歩道がここで終わるので、これで歩行者は背後を見ろというのには、あまりに位置が高い。
P6170002mirror
奈良で火事で母子死亡とかのニュースがあったので急いで例の火災警報器を買い足して設置したら、放火やったんやねあれ。
P6170015kasai

ついでに携帯電話が手回し充電出来るLEDライト付きラジオも購入。多機能だ。
P6170016radio

OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoomのマルチアングルタイプのモニタを生かしたハイアングル撮影に挑戦したら、自分の影が写ってもた。モニタが目から遠くなって、そこまで見えん。
P6240044high

エビちゃんに惹かれてFinePixのカタログをもらっても本人登場は表紙だけなので注意しろ
P6180029ebi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淡路島(4)フジクローム プロビア400X プロフェッショナル(RXP)

やっとこさこのフィルムの現像とスキャンが出来たので紹介。
まあなんか、可もなく不可もない感じで、確かに常用によいのかも知れんが、値段が高いなあ。バシカメで1260円(36枚撮り)だった。トレビは近所のカメラ屋で756円。ISO感度が違うから比べてもあかんが。(RXPは400でトレビは100。現像料金はどちらも同じ。)

家の中だが自然光で撮ってます。Nikon F PhotomicT 50mm。1/60秒F2.8くらいやったか、前にピンをあわすと後ろはもうフォーカスアウトね。これがもしISO100だったら、さらに手ブレも加わるところやね(笑)。あるいはストロボの準備してる間に被写体はいなくなってるとか。このカメラ、ホットシューがなくてストロボつけたらコードも接続せんとあかんのよ。
Img_0002stair

海。淡路島で撮ったやつ。50mm。こんなんISO400で撮る意味がないのお(笑)。
Img_0004umi

同じく。
Img_0007wheelr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木曜日)

淡路島(3)

我らがセクソンがホームラン打って勝ってるやないか、マリナーズ。ベルトレも打ってるやないか。上とは3ゲーム半か。この二人が今からでも活躍したら優勝やな。活躍したらね。したら。
うちらの草野球の方は、こないだは我はいけなかったのやが、どうやら負けたようで。O江からとくにコメントはないのは、なんか思うところがあるのかないのか(笑)。ま、キャッチボールでもして、次回に備えようではないか。フィルムの価格が来月から上がるらしいから、買いだめもしようではないか。
P6110091wheel

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火曜日)

淡路島(2)

明石海峡大橋渡って最初のSAである淡路SAに設置の双眼鏡(90秒100円)にデジカメを押し付け撮ってみたら案外撮れてた。時間がないからあわてて撮ったから中心がずれてるがピントも露出もほぼ合うのやね。OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom 27.2mm(35mm換算)1/250秒F4
P6110072bino


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日曜日)

シアトル今日もいい天気

マリナーズまたまたいい試合でしたね。解説の人にボロクソに言われた我らがRichie Sexson、それが聞こえたのか2ランを放つ。あの解説の人、毎度つまらん事かまたは的を外したことをいうている感じするなあ。日本人初のメジャーリーガーでサンフランシスコでピッチャーやった人らしいが。今日は完封ペース(惜しくも逃したが)でプッツ先生に出てもらうこともなく、モウして頂く必要もなく楽勝。イバニェスも大当たり、3番4番5番と打てばそらなあ。いつもこうしろよ。まそれが出来たら苦労せんてか。

実は先週淡路島に行っていまして、すまん、いいペナントが見つからず、土産は無しや。写真はOLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom+xDカードによる自動パノラマ。ホテルニューアワジ客室窓より(東向き)。
Pano


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土曜日)

昨日新幹線に乗った(300系と500系)

 マリナーズいい試合でしたね。我らがセキソンが「お前みたいやつ片手でゲッツーや」をやられたときは、暗雲立ち込めたが最後ボンヅを見逃し三振でプッツり試合終了させたとこはなかなかの緊張感でした。

 新幹線の車内電光掲示板で、危険物持込み禁止の話やったと思うが「車掌へ」ご連絡下さい、てなことを書いていたが、「車掌に」ではないのか、なんか違和感があるが調べるのも面倒やが。また車内放送で自動音声の部分で、「・・・車掌車は10号車です。携帯電話のご利用について・・・」というが、話題がいきなり転換するというのに間合いも接続詞も無しなのが違和感がある。ま自動音声にそんなこというてもしやないのかも知れんが。
 しかし新幹線は開業以来三十数年経つらしいが、大きな事故がないらしい(乗員乗客の死者はゼロと聞いたことがある)。いつか○○な事故が起こる(あるいは「起こると思っていた」)なんて無責任なことを言いがちやが、毎日あれだけの人数をあれだけの高速搬送していて実績として事故がないのは立派である。でも小心者の我はなかなか新幹線の中で熟睡出来ないのやが(笑)。

OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom
P6100036happa


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木曜日)

火災警報器

コメントがついたので少し調べてみたのやが、うちの火災警報器、株式会社ノアのNOATEK NE-668。NOATEKてのはコンセントに取りつける雷ガードも作ってたのね。うちにもあるわそれ。家なんか燃えても人間さえ無事ならあとは保険で立ち直るから問題無いが、写真なんかが困るなあ。デジカメデータは実家などにコピーもあるが、フィルム資産は燃えたら終わりだ。耐火金庫を買わないとあかんのかな。買っても置くとこがないなあ。

いつの間にか近所の公園の滑り台に年齢制限が。ゆ(写真)は使たらあかんちうことに。我もあかんちうことに。
P6100024_312


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火曜日)

ワールドカップ(2)

日本では、オーストラリアは日本より格下と思われていたようやな。実際そうなのかどうなのか知らんが、オーストラリアかてどっか(オセアニア?)の代表で来てはるんやから、弱くはないやろ。しかし応援の人、泣かんでもいいと思う。
P6100031legs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月曜日)

ワールドカップ

ワールドカップサッカーで、日本が1点でも取ったら、年末にかけてその映像を何べんも見ることになる。実況や解説の人は是非ゴールの瞬間は、あまりしゃべらないか、当たり障りのない事をいうかにして欲しい。あまりにクサイせりふや、絶叫みたいのとか、なんかこう胸のざわつく言葉を言ったりすると、それを、何百回も繰り返し聞くことになるので、耳に残って、かなんからだ(笑)。

写真は、飛行機を見ながら飛行機をやるゆ。OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom
P6100028hikoki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金曜日)

集中

イチロー5の3で.362か。こら5割超えるんちゃうんか今年は(笑)。て毎年思う(笑)。
こないだは近所の公園でフジクロームベルビア100プロ(RVP)36枚撮り1本撮ったわけやが、レンズはAiニッコール24mmF2.8 1本で撮ったのやが、やっぱ途中でころころ変えるより、潔くこのフィルム、このレンズと決めた方が良いような気がする。そのフィルム、レンズの特性を把握し生かす、というとかっこいいやろ(笑)

絞りの選択、背景の取りようによっては24mmでもこのようにボケる。
Img_0001rvp100


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木曜日)

甲山(6)

2000本安打で泣いてる人もいるのに、2500本打っても平気(に見える)人もいるのね。ぎりぎりサヨナラ勝ちのようねマリナーズ。我らがセクソンもホームラン打ってるし.218やし調子上がってきたかしら。イチローは.358かよ。1割4分差かよ。打率の差をとってもしょうがないが。
確定拠出年金の説明を聞いた。自分で年金を運用するのだ。そらハイリスクハイリターンの1点買いかなと思たが、そんなモデルプランはないな。まモデルプラン通りにせんでもいいのやが。普通は、預貯金みたいな確実なやつから、海外株式投資みたいなハイリスクのもんまで、バランスよく混ぜるもんらしい。話聞いてる分には少し楽しい。しかし毎月の掛け金を払うためには、60歳まで毎日働かなあかんということを考えると若干げんなり(笑)。いやいや毎日元気に働けたらありがたいと思わなあかんな、ここは。マネーゲームはむなしい。
Img_00081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水曜日)

コダクロームとベルビア

コダクローム64(KR)とフジクロームベルビア100(RVP100)の現像を取って来た。
KRは階調はシャープで、柔らか味のある重厚な色彩、RVP100は階調は同じくシャープで、メリハリある鮮やかな色合い、ということになっておる。
KRは昨秋のうだつのまちのリベンジやが、やっぱり、色が青く見える。また少し露出不足やったかな。いやこれが忠実な色なのであって、激しい色に慣らされている我の方がおかしいのやろな。また曇っていると青くなってしまうということもある。
天気も違うし直接比較出来ないが、RVP100はまたRVP100で、赤黄が激しい感じがする。どっちも悪いことはないが、それぞれの特徴を生かすべきなのだろうねえ。デジタルみたいにあとで修正、ちう使い方やないからね、撮影のときの思い切りというか、踏ん切りというか、心構えからしてデジとは変えていくべきやろ。

KRの方が肌色も自然で、同じ赤でも重厚な感じがする。
Img_0003kr

Img_0004kr

RVP100は肌色も赤くて、各色激しい。トロピカルやね。
Img_0002rvp100

Img_0005rvp100

Img_0006rvp100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月曜日)

甲山(5)

文字で表現するのは難しいが、三叉路があって、普通に信号が付いている。すると、ひとつ、交通のない向きに向いている信号が出来るやろ。三叉路を「ト」で表現すると、  ト ← 向きの信号。まあ、歩行者用の信号は無駄ではないが、車用の信号は無駄やわな。その無駄をれーが指摘したので驚いた。しょっちゅう通っている道やが、そんなこと思たこともなかった。で、その信号が、今日もやっぱり、まだあるのやが、電気が点いてない。赤も黄も青も点いてないのだ。これにもれーが気付いた。あれ~ほんまや、れーが無駄言うたのがどっかに聞こえて、消しよったんちゃうか、とかいうてたら突然、「青」が点灯した。。。。「赤」が球切れやっただけかも知れん。しかし信号の3色の中で最も重要と思われる「赤」が切れてても、交通にはやっぱし何の問題もないわけやが。

海の方を望む。多分尼崎方向。
Img_00071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日曜日)

甲山(4)

マクドナルドで8千なんぼのお釣りをもらったのやが、全部千円札やが、目の前で数えてくれるのやが、札をめくるテンポと千、2千と発音するテンポが微妙に合わない、???なんか時うどんを思い出してしまい、結局もっかい自分で数えた。なんじゃあいつは。ようあんな器用なことが出来るな。やってみたが出来んぞ、んな事。

NHK教育のアニメ、日曜夕方6時前にやってる、「南の島の小さな飛行機 バーディー」10分ほどのアニメ。
まあちゃんと見てるわけやないのやが子供が見てるのでチラ見。OP、EDが印象的。見てみるとオープニングテーマ
「ぼくの気持ち」 作詞:矢野顕子作曲・編曲:細野晴臣 歌:黒川芽以。贅沢だ。エンディングに至っては、
「FLY ME」作詞・作曲:矢野顕子 編曲:細野晴臣 歌:矢野顕子←ご本人
だ。まあいうたらちょっと曲調としては古いのかも知れんが、我にとっては悪くないねえ。
このアニメ、フルデジタルのようやが、色が濃いぞ。こんなもんかねデジタルってのは。話の舞台からして空と海がよく出てくるがこれが青が濃すぎる。青強版のベルビアがあったらこうやろな。みたいな。今時こうでないとあかんのかも。しかし子供には淡い微妙な色を見せた方が「教育上」好ましい、とかそんなことはないか?ないか。

千里丘陵方面を望む。手前は阪神競馬場。上から1/3くらいのとこが大阪空港。圧縮効果が甚だしい。
Img_00061

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土曜日)

甲山(3)

MLB.comで実況でも見るか、と思たら1100からBSで中継やってるやないか。今日はいい試合やったね。セクソンが3者連続本塁打、と勘違いして2塁でタッチアウトは残念だった。セクソンが走者2塁で遊ゴロなんか打ってランナー進めることもでけんかったり、守備ではゲッツー失敗してオールセーフなんてとこらへんは、またいつもの、、的感じだったが、自分か何かしらんが何かを信じて投げてるようなモイヤーが今日はよかたよ。ロペス、イバニエスもいい。あとは、監督とセクソンさえがんばれば。がんばれリッチーセクソン。

MLB.comの実況見てて思い出したが、昔、我祖父に聞いたことあるが、梅田だか淀屋橋だかに電光掲示板があって、甲子園の試合をランプ表示してたことがあったらしい。リアルタイムというわけではなく、「あ、もうその試合、終わりましたよ、○○が勝ちましたよ」なんて言ってる人がいたらしいので、だいぶん遅れての情報やったらしいが、高校野球のときなどは黒山の人だかりだったとか。

西方(宝塚方向)を望む
Img_00051

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木曜日)

甲山(2)

こないだ散髪に行ったのやが、眉毛の間と下は剃りますか、と聞かれて、「いや、そのまま置いといて」と回答した人を初めて見た。いや聞いた。散髪屋では眼鏡外してるので見えないが、確かに隣の人がそう答えたのだ。この質問、なんでそんな事聞くのだろうと長年思っているが、断る人がやっぱりいるからなのだなあ。でも何故断るのか?
Img_00041

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »