« フジカラー スーパーデジタルプリントでモノクロを | トップページ | スーパーデジタルプリントでモノクロを(2) »

2006年8月 4日 (金曜日)

湯の山線の謎(2)

近鉄の湯の山線に「桜」という駅がある。車内の案内音声は、車掌の肉声ではなくて女声の自動音声なのやがそれが「次はさくら、さくらです」てなことをいうのやが、そのアクセントがおかしい。普通やったら「さくら」の発音は「高低低」やと思うのやが、湯の山線の桜駅は「低高低」と発音しよるのだ。こんな発音あるかぁ?まあ、阪急の池田駅も、ここは車掌の肉声やが、たいてい「いけだ」を「高低低」と発音しよる。普通「高高高」やと思うのやが。人の名字の「いけだ」と区別するために地名の池田はこう発音するならわしなのか??
あと先輩の石井さんやが、なぜかを「低低高」さんと発音するならわしになっていた。「さん」まで含めて細かくいうと「低低高中低」やった。なんでや?ご本人は自分のことを「中中中」ですぅ~と発音されているぞ。おかしいことだらけやなこの星は。

ニコンF3HP Aiニッコール24mmF2.8 ケンコー MC YA3フィルター(オレンジ色)使用 フジ アクロス100 (昨日の写真も同データです)
Mushitori


|

« フジカラー スーパーデジタルプリントでモノクロを | トップページ | スーパーデジタルプリントでモノクロを(2) »

コメント

ワタシはオサムですが、ウチでは「低高中」です。

投稿: おやじノ介 | 2006年8月 5日 (土曜日) 午前 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/11269446

この記事へのトラックバック一覧です: 湯の山線の謎(2):

« フジカラー スーパーデジタルプリントでモノクロを | トップページ | スーパーデジタルプリントでモノクロを(2) »