« 湯の山線の謎 | トップページ | 湯の山線の謎(2) »

2006年8月 3日 (木曜日)

フジカラー スーパーデジタルプリントでモノクロを

しかしコダクローム64(KR)の現像遅いな、明日で2週間やで。

モノクロフィルムを買っていた。
OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom 75.5mm(35mm換算) 1/80秒 F5.6 ストロボ
P7290040
世界最高水準の粒状性て。そらおたくとコダックくらいやからな、こんなん作ってるの。世界、やなくて太陽系最強。でもよいよな(笑)。

モノクロで撮ってみる。オレンジのフィルタを使う。
OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom 59.3mm(35mm換算) 1/60秒 F5.6 ストロボ
P7290039o
紫外線~青がカットされて空の調子が出る(はず)。しかしバシカメで見てみたがモノクロ用のフィルターなんてぱっとみたとこ置いてないね。こんなんが入手困難になるとはな。大事に使わねば。

で結果はこう。プリントをキヤノンMP950でスキャンしてます。
Hiraiimg
近所の店からフジに送って現像、プリントはお店。今まで勘違いしてたのやが、デジタルプリントといっても「印画紙」は「印画紙」。ネガをスキャンしてレーザーで「露光」して「現像」もするのだそう。ではフジに送ってプリントしたら何が違うの?とお店に聞くと値段が高い(35→42円)のと紙の質が違うらしい。お店プリントは、モノクロ用の印画紙ってないからカラーと同じ印画紙を使うが、フジに送ればモノクロ専用印画紙に焼いてくれるという。いっぺん42円の方を頼んで見比べてみなあかんな。といっても、もう長い間、良質なモノクロプリントを見てないからな、目が「やせて」しまっていて、見たってわからんかもね。このスキャン画像ではわからんと思うが、現品見ると、とても良いプリントに感じます。

|

« 湯の山線の謎 | トップページ | 湯の山線の謎(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/11248725

この記事へのトラックバック一覧です: フジカラー スーパーデジタルプリントでモノクロを:

« 湯の山線の謎 | トップページ | 湯の山線の謎(2) »