« しかしいまさらやなあ | トップページ | 手回しのシュレッダー(2) »

2006年9月29日 (金曜日)

ニコンF3の実力

前も書いたかもやがニコンのカメラはカタログスペックが弱い。何がいいのかが伝わらない。でも昔のカメラはそれでも売れてきたのやがその理由の一端を感じたのがこれ。ニコンF3HP+非Aiニッコール50mmF1.4 開放で1/4秒手持ちでここまで撮れた。20年以上前のカメラで、レンズに至っては我の誕生からを記録してきたようなタマ(我父がニコンFフォトミックTと一緒に購入している)。ブレキャンセラーなど付いてるはずもないのにここまで撮れてしまう。1980年代当時でも横走りシャッターてなあ、てな感じに思てたスペックやが、それが生きているのか?微妙に重たいボディが利いているのか?持ちにくいんだかやすいんだかのグリップのせいなのか?ニコンF3、奥が深い(んだか?)
フジカラーREALA ACE お店プリント(レーザー) CANON MP950でスキャン
Img4bunnno1


|

« しかしいまさらやなあ | トップページ | 手回しのシュレッダー(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/12088411

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF3の実力:

« しかしいまさらやなあ | トップページ | 手回しのシュレッダー(2) »