« 美しい国は可能かも | トップページ | トレビの魅力 »

2006年11月29日 (水曜日)

プロビア400Xの色再現性

我も少なくとも小学校高学年くらいになると祭りに心躍った記憶はない。てことできっとイマドキの子なんか全員冷めてるもんやと思い込んでいたのやなあ。「妙にテンションの上がるひと」か。ヤンキーの兄ちゃんの歌を思い出すのお。祭りになるとやたら出てくる~(笑)。

先日、色合いについて文句をたれた(笑)プロビア400Xやが、そう、深緑色の服が茶色に写ってると。これが、みきていによるとわりとある現象だという。というのは彼女はよく通販で服を買っているが、カタログ上では「オリーブ色」と表記されているのに画像はどう見ても「茶色」というのがよくあるという。ということは結構出にくい色なのかも知れん、この系統の色は、オリーブドラブというか、ミリタリーカラーというか、国防色というか(笑)。プロビア400Xの3本パックについてた冊子では「プロビア100Fを上回る鮮やかさ、ハイライトのヌケがよく、クリアですっきりした色再現」とある。フジクロームのサイトでは、プロビア400Xは「イメージカラー」。プロビア100Fは「ナチュラルカラー」。学術用途にお勧めというセンシア100IIIは「リアルカラー」というから、プロビアはやっぱし何らかの「イメージ」でもって彩られた画像になるのかも知れん。ちなみに「超極彩度」を誇るベルビア100も「イメージカラー」やからね。やっぱしちょっとマゼンタきつめとかになっててもしかるべしかも。
ニコンF3HP Aiニッコール85mmF2 フジクローム プロビア400X (RXP)  MP950でスキャン
Img_0011momiji

O江も作品をどっかで公表しなさいよ。写真は人に見せなあかん(笑)。

|

« 美しい国は可能かも | トップページ | トレビの魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/12861985

この記事へのトラックバック一覧です: プロビア400Xの色再現性:

« 美しい国は可能かも | トップページ | トレビの魅力 »