« レンズを語る(2) | トップページ | やっぱしフジクロームで撮るのか »

2006年11月12日 (日曜日)

それでもコダクロームで撮るのか

コダクローム64現像出来ました。例のアンバーな50mmで撮れば青くならないかと。夕日だったので自然にマゼンタが浮くのであるが、それと相まってかとくに不自然な感じがない。しつこくなく重厚。まさにオトナの仕上がりです(笑)。インパクトは弱いがこれはこれでいいかも。え、濁ってるのではって?いや空気が写っているのですよ(笑)
ニコンF3HP Nikkor-S Auto 50mm F1.4 コダクローム64(KR) キヤノンMP950でスキャン
Img_0002kr
Img_0014kryuuhi
Img_0017kryuuhi
Img_0011kr

しかし日陰に入るとやはり、青空の反射光もあってか青くはなるが(やぱ上の写真と肌色が違いますね)、これまた不自然とまでは言えない、と思う(笑)。アンバーな50mmの効果か(笑)。
Img_0004kr_1

PLかましても、そんなに青空がどぎつく出来なかった。派手にはしたくても出来ないのか。渋いねえ。アダルトやねえ。ま、今回は光の具合のせいかも知れないが。
Img_0007krpl

ま、夕方に感度ISO64で手持ちスナップは苦しいのは苦しいね。

|

« レンズを語る(2) | トップページ | やっぱしフジクロームで撮るのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/12655718

この記事へのトラックバック一覧です: それでもコダクロームで撮るのか:

« レンズを語る(2) | トップページ | やっぱしフジクロームで撮るのか »