« スピードライト | トップページ | 美しい国は可能かも »

2006年11月27日 (月曜日)

始末の極意

ここに前書いたかどうかがわからんが(自分のココログ内をどうやって検索するのかがまだ分かってません(笑))、ニコンF3って、フィルムカウンターが「1」になるまではシャッター速度は強制的に「1/80秒」に固定され露出計も働かない。フィルムを入れて、感光した部分は捨てる(巻き取ってしまう)ために、カラシャッター切ってフィルムを送る必要がありますが、そんとき「絞り優先オート」にしてレンズキャップなんかしてると、1回シャッター切ったら長時間シャッターが開きっぱなしになってなかなか次のカラシャッターが切れない、なんていう事態を避けるためかと思うが、しかし不便やな、せこく、フィルムカウンター「0」から撮りたいのにそれが許されんとは。うまくフィルムをセットすれば36枚撮りで最大40枚くらい撮れるときもあるのにねえ。まそんなん現像出しても39コマまでしかマウントされてこないで1コマ裸で返ってくるけどね。規定枚数以上は保証しませんてことらしいが、まそれでも39コマまではマウントしてくれるとこが良心的と思うべきかやっぱ。
ニコンF3HP Aiニッコール85mmF2 フジクローム プロビア400X (RXP)  MP950でスキャン
Img_0006aka


|

« スピードライト | トップページ | 美しい国は可能かも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/12848762

この記事へのトラックバック一覧です: 始末の極意:

« スピードライト | トップページ | 美しい国は可能かも »