« SB-28の実力 | トップページ | SB-28の実力(3) »

2006年12月 8日 (金曜日)

SB-28の実力(2)

ドーハでアジア競技大会やってる関係で、サッカーの「ドーハの悲劇」てのをテレビでよう聞くがこれよう知らんのです。流れされるv見ると相手に点取られてがっかりしてる日本代表の画なのやが。単に、もうちょっとで勝てたのに惜しくもドーハ会場の試合で負けたっていうだけ意味なのかね。日本代表には悲劇かも知れんがそのおかげで「ドーハ幸運」なチームがあるってことやろ。惜しくも負けたくらいでいちいちドーハ悲劇て名前までつけて今まで語り継ぐ意味が分からん。柔道で誤審で負けたとか、マラソンで暴漢に体当たりくらって負けたとかいうのは悲劇かもやけどね。あの人なんて人でしたっけ。。。。あそや、デリマ選手や。あの人はインタビューで一言も苦言を言わなかったのが印象的です。

ニコンF3HP Aiニッコール24mmF2.8 1/15秒 F2.8で窓の外に露出を合わせ、スプードライトSB-28 TTL自動調光 フジクローム トレビ100C  MP950でスキャン ん~見事に適正露出や。
No13


|

« SB-28の実力 | トップページ | SB-28の実力(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/12986695

この記事へのトラックバック一覧です: SB-28の実力(2):

« SB-28の実力 | トップページ | SB-28の実力(3) »