« 結局またプロビア400Xへ | トップページ | SB-28の実力(2) »

2006年12月 7日 (木曜日)

SB-28の実力

ウチの都合と合わせると結構日程が厳しいかも知れん。また連絡する。
長いメンテナンスやったよココログ。それでいて失敗した?みたいなこと書いてある。何してんにゃあココログ。
寒いのは寒いが、まこれくらいはまだいいわね。着ればいいからね。暑いのはかなわん。裸より脱げないんやから。そうそう裸にさえなれんし。
ニコンスピードライトSB-28(定価5万円のよう。中古で2万弱で購入)のテスト撮影の現像上がってたのを取って来た。SB-28をF3HPに装着するためにガンカプラーAS-17を使用。SB-28は発光部が動くので簡単にバウンス撮影(光を壁や天井に当てて間接照明にする)ができる。ほら、正面から光を当てないから、いかにもフラッシュ発光で撮りましたみたいな強い影が出ない。TTL自動調光で露出計算も不要。ま、いまどきのカメラなら当たり前の機能なのやが、ま一応中古品なので完動を確認できて感動した。
ニコンF3HP Aiニッコール24mmF2.8 オート(自動的に1/80秒)F4 スプードライトSB-28 60°バウンス TTL自動調光 フジクローム トレビ100C(トレビってRVPとかKRとかの略称が無いのね) MP950でスキャン
No4ba

それとマルチフラッシュモードてのがあって、最短50Hzの連続発光ができる。ものの動きなんかを連続的に写し止める機能。れに必死に手を振ってもらって撮影。本来背景を真っ暗とかにしないと見えにくい。のやが手が何個も写ってるのが辛うじて確認できる。
ニコンF3HP Aiニッコール24mmF2.8 1/4秒 F4 スプードライトSB-28 マルチフラッシュ発光 フジクローム トレビ100C MP950でスキャン
No6multi


|

« 結局またプロビア400Xへ | トップページ | SB-28の実力(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/12969788

この記事へのトラックバック一覧です: SB-28の実力:

« 結局またプロビア400Xへ | トップページ | SB-28の実力(2) »