« 爆笑解析概論か(懐)。 | トップページ | 知っておこう »

2007年2月 1日 (木曜日)

不朽の名機

それもいうなら寛永通宝か。
ニコンFシャッターダイヤル付ネクタイピンやて。限定50ってすぐ売り切れやん。しかしようそんな部品残してるなニコン。いや、まだまだ案外修理部品もいっぱい残してるのかも。
ニコンFでもフォトミックファインダー付きやと内蔵露出計が付いてるのでしろうとでも何とか撮れて助かるのやが、最近出回っている中古ではもはやメーターが狂ってるもんが多いとアサヒカメラなんかには書いてたが、うちのフォトミックTはいまだにメーターがしっかりしている。ちょっと動きが鈍いときがあるが、ちょっと振ったりしたら(笑)ちゃんと動くぞ。
まあ、単体露出計セコニック、スタジオデラックスII L-398Mは持ってるけどね。通称スタデラ。いちいち写真撮る前に露出計で測るってのも恥ずい場合もあるのやが(笑)。ま、あのばかでかいフォトミックTをバッグから出す時点でんなこと言ってる場合やないんやが。公園で子供撮ったり記念撮影したりやのにさ、たいそ過ぎて(笑)。
このスタデラ、最近、新機種を出している。スタジオデラックスIII L-398Aになってる。受光素子としてアモルファス光センサーを採用やて。我のはセレン太陽光電池やったと思うが、、あれ、スタデラIIIの仕様一覧でもセレン光電池って書いてるな。よう分からん。
で、スタデラってなんか強力な磁石使っていて、本体を鋼製品の上に乗せるとくっついて落ちないくらいだ。フィルムカメラだけやなくてデジタルも持ち歩く我としては、スタデラとオリンパスC-7070WideZoomを一緒にしてて、磁力で故障したりしないか心配なのやが。。。。
OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom 27.2mm(35mm換算)×0.7(ワイドコンバージョンレンズWCON-07C装着) 1/1000秒 F6.3 ホワイトバランス「電球」
P1280013ao


|

« 爆笑解析概論か(懐)。 | トップページ | 知っておこう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/13746274

この記事へのトラックバック一覧です: 不朽の名機:

« 爆笑解析概論か(懐)。 | トップページ | 知っておこう »