« カーン | トップページ | フジクロームT64の色再現性! »

2007年3月13日 (火曜日)

そんな機転が我も欲しい

そおねえ、昔のど自慢見たときは民謡か演歌の人ばっかりやな合格は、という印象やったな。
我が子供のころ近所のカトリック?の牧師さんが英語教えてあげるの会に週1回通ってたことがあるのやが、その牧師さんは若い頃英国空軍ロイヤルエアフォースに所属されていて、その時の事件なんやが、目の前で戦闘機が着陸したのやが、車輪が全部出ず、前輪は出てるが後輪は片っぽしか出なくて、着陸後、舵が聞かなくなり、牧師さんの方にまっすぐ戦闘機が向かってきて、うわもうだめかと思った瞬間、操縦士の機転で、後輪の出てる片っぽをたたんだのや、すると、前輪しか出てないから左右のバランスは復旧し且つ少しだけ操舵性が戻ってギリ助かったという話を思い出したよ、高知空港のニュースで。
Nikon D40 AIニッコール85mm F2 (35mm換算;85mm×約1.5相当) 1/4000秒 
ピントが「耳」。無念。背景若干2線ボケ。それはレンズのせいやろ。
Dsc_0121side


|

« カーン | トップページ | フジクロームT64の色再現性! »

コメント

FFということですね。(たぶん違う)

投稿: 2B色えんぴつ | 2007年3月13日 (火曜日) 午後 10時10分

うわ、RAFのお知りあいがいらっしゃったとは! かっちょえ!
にしても手に汗握る逸話でんな。なんかこういう「迫ってくる危機」って夢に出そうです。

投稿: おやじノ介 | 2007年3月13日 (火曜日) 午後 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/14249538

この記事へのトラックバック一覧です: そんな機転が我も欲しい:

« カーン | トップページ | フジクロームT64の色再現性! »