« フィルター効果 | トップページ | 神戸屋I »

2007年5月27日 (日曜日)

OLYMPUS Master効果

普通に撮ったのを、オリンパスマスターで、コントラスト、明るさをあげたやつの方がよっぽど赤外写真ぽくなった。
Nikon D40 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED(35mm換算;190mm×約1.5相当) 1/800秒 F5.6(開放)
Csc_0267giji
 
本当の赤外写真を撮ったことはないんですけどね。昔、「サクラ赤外750」というモノクロフィルムがあって、赤フィルターかけて撮影すれば赤外写真が撮れることは知っていた。普通の露出計はあてにならないので、フィルムの箱に書いてる露出を目安にするらしい。また赤外線がその他の可視光に比べピントがずれるのを補正する目盛りが昔のレンズにはあるのやがなあ。新緑が輝いて写ってる赤外写真を良く見た。

|

« フィルター効果 | トップページ | 神戸屋I »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/15219504

この記事へのトラックバック一覧です: OLYMPUS Master効果:

« フィルター効果 | トップページ | 神戸屋I »