« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月30日 (火曜日)

昔人の造りしもの A HUMAN WORK

古い制度なのか、共働きの家庭には合わないものがあります。健康保険、共働きやから二人とも払うが、子供が生まれても、片方からしか支給がない。なんでや。払う方だけ倍取りておかしいやろ。社会保険、主婦は払わへんておかしいやろ。保育料支援するから、領収書もってこいとか引き落とし額の記載された通帳のうつし毎月もってこいとか。平日に役所や銀行に誰もいかれへん家庭やから保育所に子供預けてるのに、何ですかそら。学童保育の説明会、平日の昼間てなんですか、んなもんに行けるくらいなら学童保育いらんやろ。
「まぶしい」
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;18mm×約1.5相当) 1/500秒 F8
Dsc_2383hikari


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月曜日)

やっぱり僕は、いらない部品なんだ

なんか最近1ヶ月ほどここのアクセス数が少ない。ま、ほとんどが検索でヒットされて来られるアクセスなんで、なんかこうグーグル上での表示順位とかのせいなんやろなあ。
コロラドは結局ストレート負け。まあ順当なのかも知れんが残念です。初戦がすべてやったか。
生命保険の更新で書類を引き出しから出して、次にしまおうと思たら、引き出しがうまく入らん。足でけって押し込んだったら、足爪にダメージ。スリッパはいてたのに。この爪の損傷は生保会社に告知せんでもいいよねえ(笑)。
食パン買うたら必ず、袋の上のとこに、付いてるこの部品。キュッと袋を細くするようにして留められているが、要りますかこれ。
「食パンの袋の上を留めるやつ」
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;55mm×約1.5相当) 1/125秒 F5.6
Dsc_2390pan


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日曜日)

やっぱしこの国にも四季、秋があった

松井が松坂の1球目を安打し、松坂の1打席目は凡退やったとこまでみた後、服部緑地に行ったのやが、少々暑いがさすがにもう秋ですね、ぼーっと子供を監視してるだけでは汗も出ない。先月まではやっぱし地軸がいがんだなこの暑さは、と思てたのやが。木々も少し色づき始めていた。ニコンFM+フジ スーペリアビーナス400とオリンパスC-7070WideZoomを持っていって、とっかえひっかえ撮った。このピーカンにISO400なので、PLフィルターをかまして減光効果を期待して少しでも絞りを開けて美しいボケをと思てたのやがムダな抵抗で、1/1000秒でF8とかいったな。日陰はF4も出たが。結果はいかに。現像(まだ出してない)してのお楽しみ。

「イチョウの葉は先端から色づく」(この写真は服部緑地ではありません(笑))
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;55mm×約1.5相当) 1/100秒 F5
Dsc_2386fall


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金曜日)

コロラド、一球入魂の座 WEAVING A STORY

我のコロラド全勝優勝の予想は外れ、コロラド連敗。ボストンにがっぷり組まれたら勝ち目はないです。勢い的猫だまし的勝負しかないと思うがホームに帰ってさて、どうですかコロラド、いけますか。いかれますか。いきましょう、もう一度ボストンに。
相手はボストンとはいえ同じMLB、たった7戦、集中力の高いもの勝ちや。

「よれよれ」
OLYMPUS PEN EE-3 FUJICHROME PROVIA 400X(RXP) Scanned by CANON MP950
Img_0033bure


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水曜日)

ペンギンのかたち 人のかたち3 WEAVING A STORY 2:croquis stage

この日はニコンFMにプロビア400Xでも撮ったのですが、ローソンに現像に出したので上がりは10日後。スライドの現像て受け付けたことない店員も困っていた(笑)。ニコンFMはやっぱ慣れてるというか手になじんでるというか、デジタルカメラみたく設定するとこがそんなにないってこともあるが(笑)、カメラを意識せず撮れる感じがする。でそのとき使ってたレンズAIニッコール85mmF2の絞りが動かなくなった。見ると絞り羽根にグリスらしきものがにじみ出ている。まずいな。修理に出したらなんぼかかるやら。このレンズ中古で2万円くらいやからな。1万円超えたら修理したくないな。
「水中も描く」
OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom 5.7mm(35mm換算27.2mm) 1/320秒 F4
Pa200052pen


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土曜日)

最後尾の車掌 The Beginning and the End, or "Knockin' on Conductor's Door"

王子動物園で見た高級機材はニコンD2x、D1x(ストラップによる判断)、D200っぽいの。いずれも高級そうなレンズとセットだった。D1xの人は2台似たようなのを持ってた。どっちもD1xなのか。写真に写ってる方がストラップに機種名がないので何か分からん。
阪急に乗ったら車掌さんがサキちゃんとこのお父さんやった。車掌してはるとは聞いてたんやが初めて出会った。車掌のときは声がいつもと違う(笑)。あのマイクでしゃべったら誰でも車掌声になれるのか(笑)。

「他人の機材は高級に見える」
OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom 22.9mm(35mm換算109.5mm) 1/100秒 F4.8
Pa200114d1x_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月18日 (木曜日)

終わるハーフサイズの世界 Do you love "half size"?

その症状を確認しようと、我の電話でここ見ようと試みたが、我の電話は古くて?ここを正しく?見れない。画像が出ない。2Bは見えるのか。画像まで電話で見てたらパケ死しませんか。
今度発売になるオリンパスE-3は「タテヨコ自在に回転する2軸可動式ハイパークリスタル液晶モニターにより、撮影領域を大幅に拡げるフリー・アングル・ライブビュー機能」ですと。これはこれは、ついにこれは。これはいいのでは。これがいいのでは。ボディ20万円弱か。ちょち高い。
オリンパスペンEE-3でプロビア400Xで撮った写真、現像取りに行ったのやが、「ハーフネガの為マウント不能」でスリーブ仕上げで返ってきた。そんなん聞いてへんぞ。で、ネガやないし。なんかいい加減やな。ほんまかいな。お店の人がカタログ出してきて、ハーフサイズのマウントはもう載ってませんねてことで。現像料は安かったが、スリーブではなあ、スキャンには楽ですけど。と思たら自動では認識しないコマがある。不便のお。
フルサイズでマウントしたら画面切れますかね?

「はい、次お母さんね」
OLYMPUS PEN EE-3 FUJICHROME PROVIA 400X(RXP)
Img_0004kamihikoki


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水曜日)

最後の死者 The Beginning and the End, or "Knockin' on Heaven's Door"

せめて天国に召されたとでも思わないとのこされた者は生きていけない。もうこんなことはこれを最後にしてくれんかあ。
ボクシングに興味がなくて、亀田親子ってお笑いコンビがマネしてるのしか見たことなくて、今回初めて弟もおることを知った次第。お笑いコンビのマネみてる分には、レスリングの「気合いだ~」みたいなおもしろ親子なんかなあと思てたのやが。
「かくれんぼ」
Nikon D40 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED (35mm換算;200mm×約1.5相当) 1/125秒 F5.6(開放)
Dsc_2304midori


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土曜日)

レイの場所、心のむこうに Inagawa I

起動のたびにチェックディスクに入る症状、コマンドプロンプトでchkdsk /fを実行したら直った。デフラグしようとすると、「ボリューム(D:)上でchkdskを実行するようにスケジュールされていることを検出しました。"chkdsk /f"を実行してください。」とか出たのでそれに従った。

去年も行ったレイの場所、コスモス満開ですよ。久しぶりにポジも撮った。去年(!)フジのサイトでもらったプロビア400X。まだ撮りきってないのでオリンパス ペンEE-3の中。このカメラ、レンズの中か、裏側に白い点々の汚れが見えるが掃除のしようがない。裏からブロウしようにもシャッターが邪魔で。レンズは外せないし、シャッター開放しっぱなし(バルブ)が出来ないからねえ。この白い点々が画質に影響を与えるかも知れんが、ま、そんなの関係ネーとしよう。(でもちょち気になる(笑)。オリペンには多い症状らしい)
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;18mm×約1.5相当) 1/1600秒 F3.5(開放)
Dsc_2259cosmos


| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘と沈黙

ふーんあれ、HALFBYちうのの曲なんか。知らんかった。
くるま売るならT-upのコマーシャル、なんでユンソナの方だけ優香に変わってのか。ユンソナになんかあったのか。でなんで後釜が優香なのか。もっと若手やないのか。
赤福が賞味期限偽装て。白い恋人のとき朝日新聞が赤福はそんなことないもんねって天声人語に書いてたように記憶してるがこれだ
んなこと書かれるから誰かがほんまかいなて調べてばれたんやろか。んなもん、調べんでも、まあこっちかて偽装してんちゃうやろかなあて、もう思てました(笑)。
よう他の食品でも「国内産100%」とかも書くけどね、書かんきゃいいのにね。ウソいつか必ず露見するし、んなしょもないウソで何人の生活が奪われるのか。
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;19mm×約1.5相当) 1/4000秒 F4.5
Dsc_2086buranko


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金曜日)

決戦、コロラドvsアリゾナ

今年はコロラド・ロッキーズがこのあと全勝で優勝すんのかなあ、そんな気がするマツイの活躍。久しぶりにMLB.comを見たがイチローは大差で2位になったのね。
パソはdirtyと出るのはDドライブなので、起動不能とかにはならんやろと思てますがどうか。
「少し楽しくなる動画」を二人でやる(笑)。
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;31mm×約1.5相当) 1/400秒 F7.1
Dsc_2065tanoshiku


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木曜日)

不良セクタ、侵入

パソが起動のたびにチェックディスク?に入るようになってしまった。「いやし」ということばは我はあまりすきではないのやがあえて使うと、何になら癒されるのかと考えると、旅行や温泉や香りや音楽や風水や森林浴やゆらぎや宗教やなんとかストーンやそんなもんではなくて、パッパと動くパソ使っているときがいちばん癒されるのお。しかるにこのパソは。こないだのウインドウズアップデートのせいかな。パソの買い替えどきか。
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;18mm×約1.5相当) 1/3200秒 F4.5
Dsc_2102sora


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火曜日)

空港の選択を

伊丹市立こども文化科学館の屋上からは空港が良く見える。しかし、子供らは音がうるさいのかあまり喜ばなかった。そんな大きな音はしてないと我は思たのやが。本やおもちゃで見る飛行機は好きなようやが、本物の迫力には畏れを感じるのかも知れん。しかしこの空港も最近は便数も減ったような気がする。関空の経営を助けるためにあっちへ移っていってるのかも知れん。しかし関空は不便や。伊丹-羽田やったらまだ新大阪-東京と勝負出来るが、関空-羽田じゃ勝負にならんと思うけどなあ。ほんまに大阪、ひいては関西を発展させること考えるなら梅田に空港も新幹線も着けるくらいにせんとなあ(無理か(笑))、拡大する羽田みてても、このままでは東京1極集中はまぬがれないように思える。
INTERNATIONALて大阪空港に国際線が来なくなってもう何年もたつと思うがいまだに大阪国際空港なのか。(この写真はこども文化科学館からではなくて、反対の豊中側から撮ったものです。)
Nikon D40 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED (35mm換算;200mm×約1.5相当) 1/800秒 F7.1
Dsc_2124kuko


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日曜日)

エネルギーの戰い INTROJECTION

オール電化の人が宣伝の電話してくる。はっぴeプランか。対するガスはウィズガスか。エコウィルか。大阪ガスって、深層心理的に不利ねえ。なんか我らの世代だけかも知れんが、怖いイメージがありますね。「部長刑事」やたけ。ヘリが飛んでる画面で、提供 大阪ガスって出て、で~でん、で~でん、で~でん、で~って怖いし。あと霊感ヤマカン第六感やったっけ、あれもなんか知らんけど怖い感じあり。あと最近せえへんけど、締め切った部屋でガスを使用すると不完全燃焼を起こしって、なんか真っ暗な画面で実験してるみたいなCMもあって、不完全燃焼って意味分からんかったけど、なんかすげえ恐ろしいことがある感じやったりして、つまり幼少時に我らは大阪ガスとあのガスコックのようなマークに対してなんか怖いイメージを植え付けられているのや。しかるに、関西電力は、まあ提供番組も天気予報やったり、電線の近くでのたこあげはやめようね~くらいやからなあ、怖くないイメージはないなあ。原子力で明るい未来、っていうイメージがある。大ガス不利ね。
 
また来年、SEATTLE MARINERS。SEATTLEの味が兵庫県のコンビニに。ま今どき現地行かな飲食でけんもんなんかめったにないけどね。
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;55mm×約1.5相当) 1/125秒 F5.6(開放)フラッシュ
Dsc_2029seattle


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土曜日)

決戦、第3次会  Ishibashi-No.2

FM802で「大迷惑」を聞く。マツナガ以外の人が「大迷惑」を歌ってるのって聞いたことないような気がします(笑)。MONGOL800が歌っていた。そんなスカして歌うんかあ?もっとハッて歌わなあかんのちゃうんかあの歌は。もっとハッて!とかいうて我はしょっちゅう「決戦は金曜日」を歌っていたからあれ聞くとあいつ思い出すのお、とか思われてるんやろか(笑)。ちょちいやな(笑)。
Nikon D40 Nikkor-S Auto 50mm F1.4  (35mm換算;50mm×約1.5相当) 1/500秒 SB-28(speedlight)
Dsc_2021paper


| | コメント (0) | トラックバック (0)

見知らぬ、機能

ニコンD40はフラッシュ同調シャッター速度は1/500秒以下ということになっています(かなり高速シンクロ)。でも外部スピードライトSB-28を取り付け、あえて1/4000秒(最高速)で撮ってみても、若干露出アンダーにはなりますが写る。
Nikon D40 Nikkor-S Auto 50mm F1.4  (35mm換算;50mm×約1.5相当) 1/4000秒 SB-28(speedlight)

(写真削除しました)
  
シャッター幕が写ったりしない。フォーカルプレーンシャッターではないのか。仕様ではCCD電子シャッターと機械式シャッターの併用って書いたるが。
縦位置でバウンス発光させると右(あるいは左)の壁面にフラッシュ光を反射させることになって光の当たり方が不自然やのお、縦位置でも上向けに発光出来るフラッシュが欲しいのお。こう、ここの発光部だけがカクっと90度横に回ればいいんやがな。!!!!あ!!!!このSB-28、発光部が横にも回るんやったーーーー
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;55mm×約1.5相当) 1/125秒 F5.6(開放)フラッシュ
Dsc_2050sb28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木曜日)

情報の選択を

まそういうわけで、保護カバーが台紙やと思てたほうやったということやったが、それに気づいたのは、もう汎用の、そう680円くらいの?やつを適当な大きさに切って貼った後やった。

 

最高気温が30℃を少しでも切れると相当涼しく感じる。ずいぶん温暖化対応な体質になってきました。

 

番組改変期の特番などで、グルメ番組で京都とか大阪とか出てきてもねえ。漬けもん、湯豆腐、にしんそば。いらんなあどれも。でどれもこれもめっさ高いしね。で、こっちはせいぜいたこ焼きとかうどんやろ。なんぼうまいちうてもたこ焼きはたこ焼きの味しかしませんて。

 

教科書てねえ、アホな子は読まんし、賢い子は教科書以外も読むしねえ。大本営発表でも書きたきゃ書けば(笑)。2007年沖縄で11万人が抗議行動という歴史もまた削除されるね。

 

いろんな写真ブログを毎日たくさん読んでるが、その中で、ノイズとか周辺光量にばかり目を奪われてるのはトーシロや、みたいのがあった。まずい(笑)。まどうせ我はトーシロやからいいか。
しかしいろんな写真ブログについてるコメントみてたら、たいてい写真をべた褒めや。まあ、気に入らんかったらそのブログ自体見ないからね。当たり前か。
Nikon D40 Nikkor-S Auto 50mm F1.4  (35mm換算;50mm×約1.5相当) 1/250秒 SB-28(スピードライト)

(写真削除しました)



 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水曜日)

背面モニターのかたち 保護シートのかたち

ニコンD40は通販で買いましたが、通販は便利ね、D40を買った人は一緒にこんなものも買っています→クリックとかなってて、芋づる式に欲しいものが手に入る(戦略にはめられている(笑))。で買ったのが背面液晶画面保護用のシート。
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;55mm×約1.5相当) 1/125秒 F5.6(開放)
Dsc_2045protect
 
で早速貼って使てたんやが、まあ1ヶ月もせんウチに端からめくれてきて、最近は半分以上めくれていた。なんやD40専用って書いてるのにこんなもんかよ、値段忘れたけど、ひどいのお、とか思て、もうはがしてしまった。
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;55mm×約1.5相当) 1/125秒 F5.6(開放)
Dsc_2008protect
  
で、はがしたやつをまじまじと見るとなんか青緑やし、ベロベロやし、こんなんで液晶画面おおってしもたら、色が変わって見えるやんけ。Kenko製かよ、こんなんあかんのお、Kenkoってもっとマシなメーカーかと思てたわ、とか思いながら、そのD40専用シートのパッケージを捨てようかと思たら、パッケージから透明なシートが出てきた。どうもシートを貼ったときの、はがした台紙を残していたようなんやが(何でそんなもん残してたんかが不明なんやが)、それをよくみると、うっすらD40の背面モニターと同じ形の切り取り線が見える。。。。
!!!!!あ!!!!!
今までD40に貼ってた青緑色の方が台紙で、ここに残ってる方が本体即ちD40に貼るべき方やったんや。透明やし、厚みも厚いし!我は半年もの間、ずっとこんなもんを!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火曜日)

ツァイスの造りしもの

さらにカメラ話。前にAi Nikkor 45mm F2.8Pはいいねえ、てな話をしましたが、あんまし中古も出回ってなくて品薄でなかなか入手出来ませんが、ここへきて新たな魅力が、てなことを書くとますます品薄になるやないか、ってまこんなとこ誰も見てないか、いや検索でヒットするか、まあいいや、書きたいから書くが(笑)、Ai Nikkor 45mm F2.8Pを買うのに障害となるのは非AIとは言え標準レンズ50mmF1.4を持ってるのに、そこへ45mmでは所有レンズのラインナップがカブってしまう、という意識やが、ここでレンズの設計をみるとAi Nikkor 45mm F2.8Pはテッサータイプ、これはかのカールツァイス社が1902年に発明した設計らしが、50mmF1.4の設計は調べてないけどガウスタイプ、これもツァイスの発明らし、に違いない。あのプラナーT*1.4/85ZFなどもガウスタイプ。やからプラナーなんか買うほうがよっぽどレンズのラインナップにカブりが生じる。テッサータイプとガウスタイプの差を味わうためにはここは持っとかなきゃAi Nikkor 45mm F2.8P。(しかしながら、調べてないけど我所有のオリンパスペンEE-3のレンズはテッサータイプやろなあ。。。結局カブるやんけ(笑)。)(それと、撮った写真見て、テッサーで撮ったかガウスで撮ったかどうせ分からへんくせにと言われれば確かにそうかも知れん。違うのよ、撮った結果ではなくて撮るときの気構えの差なんです(笑)。)
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;18mm×約1.5相当) 1/4000秒 F4.5
Dsc_1712park


| | コメント (0) | トラックバック (0)

瞬間、光、重ねて

写真撮るときにぴかっと光らすやつ、ニコンではスピードライトといいますが、これの自動調光の話ですが、光る時間を千分の1秒台~数万分の1秒で調整して適切な明るさに写真が写るよう、調整してくれるわけですが、その方式が大きくわけて「外部オート」と「TTLオート」があるわけですが、外部てのはカメラからみて外部ってことで、スピードライト側に付いてる受光窓で光を受けて、明るさを判断して調光するタイプ、TTLてのは、through the lensってことでレンズを通ってきた光をカメラ側で受けて調光するタイプ。ふう文が長いからここで一旦切ろう。でTTL調光は、シャッターボタンを押して、シャッター幕が開いて、スピードライトが光って、レンズを通ってきた光のうちのフィルムに反射した分をカメラ内で測定して、ちょうどよい明るさになったとこで発光を止める、というわけです。ここで1点疑問があるのですが、デジタルやったらいつも同じ撮像素子がそこにあるからいいけど、フィルムやったらいつも同じフィルムとは限らないから、反射光量の校正が必要と思うのやが、それはいったいどうしてんのかしら?ということですが、それはまた今度調べておきます(知ってる人いたら教えて下さい)。で話戻しますが、そのTTL調光ってのも最近のは方式がちょち変わってきていて、撮像素子やフィルムからの反射光を測定するのではなく、撮影用本発光前に測光用予備発光してカメラでその光を直接測光してこんなもんやなと発光量を決めてから撮影用本発光して撮影してるらしい。つまり1回シャッターボタン押したら実は2回光って2回目で撮影してるという。そんなん一瞬すぎてスピードライトを見てても肉眼では確認出来ない(発光は1回にしか見えない)が、ファインダーをのぞいてたら、あそうなんやと思えることがあったのや、というのは、、、ちょち長いので段落変えます。
我所有の昔のフィルムカメラ(ニコンFフォトミックT、FM、F3HP)でスピードライト撮影すると、1眼レフやから、撮影中はミラーが跳ね上がって、レンズを通って来た光は全量フィルムの方にいくから、ファインダー内は真っ暗で、ファインダーだけをみてたら、スピードライトが発光したかどうかが当然見えない。ところが今年デジタル1眼レフニコンD40買って使って初めて気づいたのやが、撮影中、ファインダーだけみてても、スピードライトの発光が見えるのや!おかしい、気のせいかな、とも思たんやが、いやこれは気のせいやない、絶対見える、と思て調べたら上記のようなわけで、プリ発光が見えてたというわけ。謎がひとつ解けた。最近、(中古でなく新しく)1眼レフ買った人って結構、我と同じように「あれ?ファインダーで発光が確認できる?っかしいなあ?同調不良か?」て思う人多いんちゃうやろか。どやろか。しかし久しぶりにカメラ話をこんないっぱい書きましたね。
Nikon D40 Nikkor-S Auto 35mm F2.8(AI改造)  (35mm換算;35mm×約1.5相当) 1/250秒
Dsc_1693dongri


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月曜日)

グリーン車、魂の座

すんげえ高価い薬みたいとな。確かこのトイレ、グリーン車のトイレやったかも。
いっぺんトイレだけやなくてちゃんとグリーン車に乗りたいのお。在来線の特急「スーパーはくと」のグリーン車には乗ったことある。3年くらい前やったかな。もっと昔、JR(やなくて国鉄か)の東海道線の快速にもグリーンが連結されてたころがあった。今でも東京方面ではあるようやが。京都までのほんの0.5時間くらいでゴテる幼少の我に手を焼いて乗せていたようや。今でも新快速なんかめっさ混雑やからな、グリーン車があったら子連れなら乗るけどな、ないからな、子連れではなあイマイチ乗りたくないのよねえJR。近距離でも新幹線に乗るという手もあるがな。栗東駅なんか出来たら乗るかもと思てたが、出来るころにはもう0もuも大きくなってるしな、だいたい駅建設の計画自体やめてるみたいしな。
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;55mm×約1.5相当) 1/1.6秒 F5.6(開放)
Dsc_1938wine


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »