« 情報の選択を | トップページ | 決戦、第3次会  Ishibashi-No.2 »

2007年10月 6日 (土曜日)

見知らぬ、機能

ニコンD40はフラッシュ同調シャッター速度は1/500秒以下ということになっています(かなり高速シンクロ)。でも外部スピードライトSB-28を取り付け、あえて1/4000秒(最高速)で撮ってみても、若干露出アンダーにはなりますが写る。
Nikon D40 Nikkor-S Auto 50mm F1.4  (35mm換算;50mm×約1.5相当) 1/4000秒 SB-28(speedlight)
Dsc_2015re
 
シャッター幕が写ったりしない。フォーカルプレーンシャッターではないのか。仕様ではCCD電子シャッターと機械式シャッターの併用って書いたるが。
縦位置でバウンス発光させると右(あるいは左)の壁面にフラッシュ光を反射させることになって光の当たり方が不自然やのお、縦位置でも上向けに発光出来るフラッシュが欲しいのお。こう、ここの発光部だけがカクっと90度横に回ればいいんやがな。!!!!あ!!!!このSB-28、発光部が横にも回るんやったーーーー
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;55mm×約1.5相当) 1/125秒 F5.6(開放)フラッシュ
Dsc_2050sb28

|

« 情報の選択を | トップページ | 決戦、第3次会  Ishibashi-No.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/16673979

この記事へのトラックバック一覧です: 見知らぬ、機能:

« 情報の選択を | トップページ | 決戦、第3次会  Ishibashi-No.2 »