« Dライティングの価値は | トップページ | 事実の隠蔽は君の十八番ではないか »

2007年11月14日 (水曜日)

レイ、猪名川のむこうに Rei I (2)

今度は窮鼠日記の方がメンテナンスかよ。長文の(うそ)コメントを書いて投稿したとこで、すんませんメンテ中ですで、全部消しやがって。と思たら、ブラウザの「戻る」で出てきた。ので、ここに貼っておこう⇒「家の中なんて狭いもんやから座標を表すのに、例えば「洗濯機の前」ちうたらユニークに定まる。ま、「製作所内」とか「工場内」とかやと「建屋のニシ・キタのカドです」とかよくいう。「16号機の横です」では分かりにくい。京都の家は、、、、うなぎの寝床やから、、、?わからんね。」

「満足か」
OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom 5.7mm(35mm換算27.2mm)×0.7(ワイドコンバージョンレンズWCON-07C装着) 1/1000秒 F5.6
Pb100013ina


|

« Dライティングの価値は | トップページ | 事実の隠蔽は君の十八番ではないか »

コメント

工場とかの大きさがあると方位で表現するのも似合いますね。あと団地群とか。

京都の人は方位感覚が優れている…てのはやっぱヨタかな。「お父ちゃんどこに居る?」「んー、南で見たよ」と家の中で言うとか、そんな噂があったりなかったり。

投稿: おやじノ介 | 2007年11月15日 (木曜日) 午前 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/17074853

この記事へのトラックバック一覧です: レイ、猪名川のむこうに Rei I (2):

« Dライティングの価値は | トップページ | 事実の隠蔽は君の十八番ではないか »