« 「条件反射の価値は」 | トップページ | 「カービングの価値は」 »

2008年2月25日 (月曜日)

「六甲山の価値は」

ということでこないだの(土)、ついにスキイに行ってきました、5年ぶり、百何十何回目?のゲレンデは、六甲山人工スキー場(初)。

行く道の側には積雪あり。ノーマルタイヤでどきどき。だいたい車の運転すんのも久しぶりでどきどき。でも、ま、スキーできるほどは積もってないので、やっぱ人工雪やないと六甲山ではスキーは無理ですな。

ウチの車庫からスキー場のPまで車で45分という近さだった。朝8時半くらいに着いたら入場ゲートのほぼ至近に止められた。入場料を取る。大人2,000円。小人1,000円。9時開場て遅いな。

想像していた通りやが、コースが短い、狭い、リフト遅い。けが人が出て、担架で運ばれてはったが、その担架を運んで歩いてる集団の方が、リフト乗ってる我よりも速かったもんね。でもそのリフトの速度はそれはそれでゲレンデのキャパに対してバランスはよい。安全でもある。

コースの斜度もゆるいな。メインの第1ゲレンデでは10度もあるかな。そのすぐ横の第2ゲレンデの上の方だけ、数十メートルの急坂を作ってあるが、まあ20度もあるかな。

家族連ればっかりや。朝はすいていた。リフト待ちなし。昼前、レストランに入ったがちょうどきっちり席埋まっているくらいやった。午後はリフト待ちが5分ほど発生した。ゲレンデのトイレは外気温と同じ寒いトイレ。お湯も出ない。

始めての人工スキー場やったがびっくりしたのは、強風でゲレンデの雪(というか氷の粒か)が巻き上げられて、顔に当たってくるとかなり痛い事(笑)。小石がバラバラ飛んでくるようで。こういう苦しみは初めてやわ。

スキー場の総合評価は1点/5点満点ですが、まあ、今日初めてスキーを履きますちう子供を連れて行くには丁度よいとこです。
「ゲレンデ最下部から最上部を望む」
OLYMPUS CAMEDIA C-7070WideZoom 5.7mm(35mm換算27.2mm)
P2230006rokko


|

« 「条件反射の価値は」 | トップページ | 「カービングの価値は」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/40268011

この記事へのトラックバック一覧です: 「六甲山の価値は」:

« 「条件反射の価値は」 | トップページ | 「カービングの価値は」 »