« 「六甲山の価値は」 | トップページ | 「フィルムの価値は」 »

2008年2月27日 (水曜日)

「カービングの価値は」

0はんは初めてスキイを履いたのやが、リフトに乗るちうから乗せました。まあこんなスローなリフトやから何とか、引きずってでも乗り降りさせることが出来ました。12回の回数券を二人で使い切った。
我はスキー板のみレンタルし、今どきなカービングスキーを借りる。長さが170cmまでしかないというのでそれを借りました。滑りやすいというので期待してたんですが、たいしたことなし。ちっとも回転しやすいちうことはない。我所有の203cmの板でもこんなもんちゃうか。なんでや。恐らく、板のみのレンタルなので、ブーツの中心と板の中心が合ってなかったんではないやろか。或いは、5年ぶりのスキーなので、この板でやっとこさ、5年前と同じようにかろうじて滑れたのか。うーん、レンタルやのおてちゃんと買わんと分からんかあ。ま、履いた感覚は一緒でも、脱いで運搬するときは、つらさ半減な軽さでした。こら楽や。あのアトミックの203cmは重杉。
「パースペクティブ」
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II (35mm換算;18mm×約1.5相当)
Dsc_4081huyu


|

« 「六甲山の価値は」 | トップページ | 「フィルムの価値は」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/40295024

この記事へのトラックバック一覧です: 「カービングの価値は」:

« 「六甲山の価値は」 | トップページ | 「フィルムの価値は」 »