« お金に関してはセコいところねー | トップページ | サーヴィス、サーヴィス »

2008年6月 5日 (木曜日)

「パターン5分割 FAと判明」

今年のカメラグランプリはニコンD3て、ニコンの最上級のカメラ
ですんで、まあ、そらそうですか、程度の感想しかないですが
(笑)。しかし、これがもしD3やなかったら、イチローのくせに3割
打ってへんくらいボロクソに言われたとこでしょう(笑)。

毎年選考されるカメラグランプリですが、初代はニコンFAでした
(調べると1984年のことやったらしい)。

このニコンFAてのは、我はあんまし好きではなかった。ニコンFE2
がボディ75,000円やったのに対して115,000円もした。FE2に比べ
シャッター速度優先AE(シャッター速度を選べば、カメラが自動
的に絞り値を選んでくれる)やらプログラムAE(シャッター速度も
絞りもカメラ任せ)やらマルチパターン測光やら出来たんで、
まあ、そんなもんの値段設定なんやろけど。

我は、AEなんて、使うても絞り優先しか使わんし、マルチパターン
測光てのは、逆光でも何でも明るさの状況をカメラが判断して適切
なシャッター速度や絞り値を割り出すってのやが、つまり、なんで
その値を示すのか根拠はよう分からん、てことやし。

またFE2はシャッター速度が1/4000秒から8秒まで選択できたのに
対し、FAは1/4000から1秒までやった。

てことで、我にとってはなんかイマイチ感が強かったんやが、初代
カメラグランプリてことで。まあ、今から思えば、マルチパターン
測光てのは、今どきのカメラではさらに進化しつつ当たり前の機能
として搭載されているので、その1点を評価したとしても我の思て
たんよりは、よっぽど先見の明のある評価やったんやなあ、
と思える。

まあ、結局我は、FAもFE2も買わず。今持ってるD40でも、たいてい
マルチパターンは切って、絞り優先かマニュアルで使ってますなあ
(笑)。でも、時々はマルチパターン+プログラムAEてのもやります
から、そないこだわってるわけでもないですが。

「風呂の残り湯に漬けといたら、きれいにラベルがはがれた。
 ラベルのはがれやすさもワインを選ぶポイントのひとつ」
Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II
Dsc_6024wine


|

« お金に関してはセコいところねー | トップページ | サーヴィス、サーヴィス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/41437472

この記事へのトラックバック一覧です: 「パターン5分割 FAと判明」:

« お金に関してはセコいところねー | トップページ | サーヴィス、サーヴィス »