« 「だが、私の目から見れば、それはあからさまに情報操作をされたものだった。」なんてね(笑) | トップページ | この修正、容易ではないぞ。 »

2008年8月 3日 (日曜日)

空、青い空。目に見えないもの、目に見えるもの。

有馬温泉に行ってました。
「空、青い空」
Nikon D40 Nikkor-S Auto 35mm F2.8(AI改)
Dsc_6597sora
 
有馬グランドホテルのプール。まあ、家族連れが多いですな。親子
3世代てのが多い。見てたら、子供はみな休憩なしでプールに
漬かってるし、大人はみな休憩なしでプールサイドで飲み食いして
ますなあ。そない食べるかしかし。
「ゴーグルの男」
OLYMPUS μ1030SW
P8020031pool
 
我がなぜか、昔、Tクボと京都の九条山のプール(今もあるのか?)
に二人で行ったことがあって、なぜか、そこで水着を購入したこと
があった。でその場でそれはいて水に入ると透け透けで、水から
出られなくなり(笑)、Tクボにアンダーパンツを買いに行って
もらったことがある。その水着を20年ぶりくらいに着用してみたら
材質が劣化していて、ちょっとこすれるとモロモロと、なんか
粉みたいのが出てくる(笑)。ますます透け透けになる。もう廃却
やなあ今日でこれは。
「D型装備」
OLYMPUS μ1030SW(uはん撮影)
P8020020wear
 
宿泊は兵衛向陽閣。プールは有馬グランドホテルのを使ってるん
やったら、そのまま宿泊した方が便利やし安いのは分かってますが
予約取れなかったのよ。ので外湯やのおて、外プールとして有馬
グランドホテルのプールのみ利用(4人で5000円)。兵衛向陽閣は
予約が取れたがプールが無い。
「饅頭を食ってる」
Nikon D40 Nikkor-S Auto 35mm F2.8(AI改)
Dsc_6615manju
 
さて向陽閣の大浴場は一の湯~三の湯の三つ。晩~朝にかけ全部
巡る。
「ルームキールローレンツ(かなり苦しい(笑))」
OLYMPUS μ1030SW
P8020086kagi
 
夕食はこないだのホテルニュー淡路ほどではなかったですが、充分
食べ疲れます(笑)。
「おしながギエル(これもかなり苦しい(笑)」
OLYMPUS μ1030SW(bokeboke(笑))
P8020055kondate
 
さて帰り。
藤原台ってとこのダイエーに行ってきました。ダイエーだけやなく
その他のお店もいっぱい入った一大ショッピングモールを形成して
ました。そこでニュー水着を購入。
「アルピーノ・ルノーA310(改)より(嘘)」
OLYMPUS μ1030SW
P8030112hujiwara
 
0はんuはんがどうしてもハッピーセットがまた新しくなったんで
欲しいというのでマクドナルドを探しながら176号線を走る。
20年前によくFルヤと走った道、あん時と同じく我は助手席。
流れる風景を見て、あまり変わっておらず、なんか
懐かしくて泣きそうになる(泣きそうはうそ)。
「スーパーボールサルベージ」
(こっから本文と写真に関係なし(笑))
Nikon D40 Nikkor-S Auto 35mm F2.8(AI改)
Dsc_6630sukui
 
道路横の電光掲示に漢数字の「五」に「℃」。どういう意味と
思たら、近くまで行ったらわかった「35℃」やった、デジタル表示
で「35」はくっつけて書くと「五」に見えるで、ほら、いっぺん
書いてみて下さいよ(笑)。
「レリエル釣り」
Nikon D40 Nikkor-S Auto 35mm F2.8(AI改)
Dsc_6634yoyo
 
さて家に着いて。
球児に負けないぞ、14時から猛暑の2階の寝室を汗だくになって掃除。
掃除するのは1ヶ月ぶりくらいかも知れん。この布団からもうもうと
出てくる白い粉がすべてダニの死体ですと言われても、確かにそう
かも知れんと思える。
「目標をセンターに」
Nikon D40 Nikkor-S Auto 35mm F2.8(AI改)
Dsc_6640centre
 
はあ疲れた。今日は終わりです。

|

« 「だが、私の目から見れば、それはあからさまに情報操作をされたものだった。」なんてね(笑) | トップページ | この修正、容易ではないぞ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/42052802

この記事へのトラックバック一覧です: 空、青い空。目に見えないもの、目に見えるもの。:

« 「だが、私の目から見れば、それはあからさまに情報操作をされたものだった。」なんてね(笑) | トップページ | この修正、容易ではないぞ。 »