« スタンドの戰い | トップページ | 奇跡の価値は »

2008年12月 2日 (火曜日)

名跡の価値は

カメラのネーミングですけどね。アルファベットと番号の
組み合わせてのがいちばん多いですよね。ま、それはそれで
分かりやすいときもある。D3の次にD3Xとくりゃ、それはD3の
高画素版やな、とすぐ分かる、とかいうのはありますが。

しかし、だいたいバラエティそんなにないもんですからね、
D40といえばニコンですけど40Dといえばキヤノンというように
似てるしややこしいしもうちょと何とかならんもんですかね。
どうでもいいけどニコンなんか次どうすんのよ、今後も
「D番号」でいこうにも、もう、空き番がないで(笑)。

ま、昔のフィルムカメラのときのように、フラッグシップは
F3とかF一桁でいくとして、その下はFA、FE、FM、FG、なんて
感じやったんで、デジでもそんな感じでいけばいいんでしょう
けどねえ。DAとかDEとかね。

でもそんな車のナンバーが足らんくなって、桁増やすみないな
だけではねえ。車の名前みたいに、なんか固有名詞を付けては
どうなんでしょうかね。マーチとかカローラみたいな。

キヤノンのkissてのとかねえ。ま、ちょっとkissてのがいいか
どうかは別にして、まそんな感じで。

一眼レフやなかったら、各社とも名前付けてますよね、
クールピクスとかパワーショットとか。まその後ろはタダの
アルファベットと番号ですけどね。

そういうコンパクトカメラには名前を付けてるから、名前を
付けること自体に高級感を薄れさせる、といった感覚が
植えつけられてしまってるんかも知れませんなあ。

ま、ほな高級感あふれる名前を付けたらええんちゃうかしら。
「エンペラー」とか。ホテルみたいか。「プレジデント」は
どうかしら。無難な感じする。

日本のカメラやから日本語がいいすかねえ。ニコンやったら
「日光」でいいか。こりゃ観光地やな。中国品みたいでも
ある。結構難しいのお。

昔あった、「サムライ」てのは結構いいネーミングやったん
やな、といまさら思います。左利き用もあった、ハーフサイズ
のカメラでしたね。


Nikon D40 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「箕面の滝(に行く途中)V」
Dsc_7386minoo


|

« スタンドの戰い | トップページ | 奇跡の価値は »

コメント

はじめまして、確かにNikonのデジタル一眼レフのネーミングポリシーはセンス無いですよね。
きっと次の機種からFX規格かDX規格で分けてきますよ。そんな気がしてなりません。

投稿: シュンジ | 2008年12月 5日 (金曜日) 午後 08時07分

はじめまして。
なるほど、ま、しかし、FXとDXで名前からして
分けてもらった方が分かりやすいかもですね。

D40にLensBabyとは、趣味ですねえ(笑)。私も負けずに趣味にまい進しますよ(笑)。

投稿: Jack | 2008年12月 6日 (土曜日) 午前 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/43299487

この記事へのトラックバック一覧です: 名跡の価値は:

« スタンドの戰い | トップページ | 奇跡の価値は »