« 災いは何の前触れも無く訪れるものだ。 | トップページ | 「鳴らない電話」 »

2009年2月 7日 (土曜日)

「知らない天井だ」

こないだから、写真がオレンジ系のがパラパラありますが、
部屋の天井の電灯を「電球色」ってのに換えたんです。

天井の電灯のカバーを開けたら、蛍光灯が3本入ってて
2本切れてたみたいで(笑)。管の端っこが黒くなってるわ、
電極部分がモロモロになってるわ(笑)。

で新しく「電球色」の蛍光灯に換えたら、あっかるい明るい
(笑)。まぶしすぎる。1本外して、それでもまぶしい(笑)
で結局、1本だけ入れてます。
最新の電球になって、しかも本数1/3でかなり節約になった
かも。

この「電球色」、蛍光灯は蛍光灯なんですが、普通の白色とか
昼光色と違うてなんか柔らかく、高級感さえ感じます。
0はんuはんが言うには、「ホテルみたいやあ」(笑)

Nikon D40 Nikkor-S Auto 50mm F1.4
「室内II」
Dsc_8002denkyu


|

« 災いは何の前触れも無く訪れるものだ。 | トップページ | 「鳴らない電話」 »

コメント

今、蛍光灯は種類がいろいろあって、電気屋で悩みますよね。
買ってみたら、全然マッチしないケースもあって油断なりません。

蛍光灯にはレアメタルが微量含まれていて実はそのまま廃棄すると勿体無いという話もあります。

たかが電球、されど電球です。

投稿: シュンジ | 2009年2月 8日 (日曜日) 午前 03時11分

電気屋に行く前に、ちゃんと電灯の写真をオリンパスμ1030SWで撮影し、店員に画像を見せて、これに着きますよね、と確認しました(笑)。コンデジはこういう便利です。(ま、D40でもそのように使えなくはないですが)

投稿: 関西人jack | 2009年2月 8日 (日曜日) 午前 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/43984364

この記事へのトラックバック一覧です: 「知らない天井だ」:

« 災いは何の前触れも無く訪れるものだ。 | トップページ | 「鳴らない電話」 »