« 世界の中心で友愛を叫んだけども | トップページ | 世界の中心で名前を叫びたいけども »

2010年3月18日 (木曜日)

広告の価値は

いつも読ませてもらってるブログに「アサカメ入選通知きました」って書いてあるてことは我はまた落選とわかり無念(笑)。

 

uがドラえもんの春休み映画観にいきたい観にいきたいというが、0は行きたくないという。理由は映画本編が始まる前の広告が怖いから。

 

たしかに、その辺暗くなって、いよいよ始まるか、と思たとこで、本編とは何の関係もない、ただただ空気を乱すだけの広告が突然始まって、中には恐怖映画の広告まで入れてやがったりする。そのせいで貴重なお客が減ってますよ、東映さん。わかってんのかいな。0が行くといえば3人の客が入るとこが、行かへんといえば0人ですよ。

 

だいたい大人一人1800円も取っておいて、まだ広告まで見さすとはどういう了見か。やから映画館てキライや。そういえば、いちばん最近映画館で観た、「普通の」映画は、、、踊る大走査線ですな(笑)。それも最初のやつ(笑)。

 

There is nothing more meaningless than commercial films in movie theaters.

 

Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II
「美々卯」 @阪神百貨店
Dsc_4216mimiu

 

 

 

|

« 世界の中心で友愛を叫んだけども | トップページ | 世界の中心で名前を叫びたいけども »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広告の価値は:

« 世界の中心で友愛を叫んだけども | トップページ | 世界の中心で名前を叫びたいけども »