« 三人目の適格者 | トップページ | ナレーション、魂の座 »

2010年5月13日 (木曜日)

使徒、ぐっぅわー襲来

関西弁ではオノマトペ(擬音語とか)を多用する傾向にあるとは知りませんでした。ついつい擬音語類を使うてしまうのは、我のボキャブラリが少ないためで、どっちかちうと、恥ずかしいことやと思てました。ちゃうんかいな。

uはんの足ですけど、靴、スポっと脱いだ瞬間、いっつも、もっわー臭いんで、どないしたらええねんと思て、スーパーでキョロキョロ探してましたら、ぱっとこんなん見つけまして、カゴへポーン、レジへササッ、お金チャリーン、袋にガサッ、ウチでu足とu靴にシュシューしたら、バシッと効いて、そっから臭いピタッ。こらええわ。

「チン」する(電子レンジで温める)て、関西以外ではあんまし言わないてほんますか。

Onomatopoeia is very useful in Kansai district of Japan.

Nikon D40 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「左;u足に。右;u靴に。」
Dsc_4889syusyu


|

« 三人目の適格者 | トップページ | ナレーション、魂の座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/48351501

この記事へのトラックバック一覧です: 使徒、ぐっぅわー襲来:

« 三人目の適格者 | トップページ | ナレーション、魂の座 »