« 広告の価値は | トップページ | 重さの戰い »

2010年6月 2日 (水曜日)

26台目の適格者

6月1日は写真の日やったんですかあ。

でその日に、カメラグランプリ2010のの授賞式があったとのことで、あっちこっちにその話題やら同会場から同じように撮った写真が載ってますね。

カメラグランプリの第一回(1984年)の受賞はニコンFAでした。マルチパターン測光という、当時としては何じゃそりゃの(今となっては基本性能な)機能が評価されました。カメラが画面の状況を判断して露出を決めるっちうんですもんね。撮り手の意志とは関係なく。何万枚もの撮影データから割り出したベストな露出やと。「たった」5分割の分割測光でした。

このFAとFE2とどっちがいいやろと、買いもせんのに(笑)悩んでましたね。どっちもシャッター最速は1/4000秒でしたが最長はFAは1秒、FE2は8秒でした。FE2は我所有のFMと同じMD-12が装着可能で3.2コマ/秒、FAにもMD-12は付くことは付くがもっとコマ数が少なかったです、確か2コマ/秒くらいでしたね(FAには専用のMD-15が用意されていてそれなら3コマ以上いけました。)。値段はボディのみでFAは11万5千円、FE2は7万5千円でした(当時はオープン価格てなあいまいなんやのおて、標準希望小売価格ね)。どうです、FAがシャッター速度優先AEやらプログラムAEが可能やったことを考慮しても、どっちがいいか悩ましいでしょう(笑)(我はFAのマルチパターン測光をあまり評価してませんでした)。今でも以上のスペックを覚えてるくらいですからね。若い頃のこの記憶力をもっと他のことに使うべきやった(笑)。

June 1st is Photograph Day.

Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II+Wide Converter Attachment NH-WM75
「平井公園」
Dsc_5304hirai


|

« 広告の価値は | トップページ | 重さの戰い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/48526199

この記事へのトラックバック一覧です: 26台目の適格者:

« 広告の価値は | トップページ | 重さの戰い »