« レイ、関門海峡のむこうに | トップページ | レイ、関門海峡のむこうに(参) »

2010年8月13日 (金曜日)

レイ、関門海峡のむこうに(弐)

スペースワールドにいきました。
ジェットコースター類を恐れる0はんuはんは
まずは4Dプラネタリウムへ。
(確か4Dて書いてたと思いますが
 3D眼鏡をかけて、立体的な表現がされている
 プラネタリウムでした)

大マゼラン雲の紹介で
14万8千光年と言えば
あの有名な宇宙戦艦を思い出す人もいるでしょう
みたいな(笑)。
アンドロメダ銀河の紹介では
機械の体をタダでもらうためには
こんなに遠くの・・・
みたいな(笑)
やっぱ我らは
そういう基本知識を既に小学生のときに
持ってましたけどね
0はんuはんはそのへん
全然ですもんね。
火星とアンドロメダでどっちが遠いかも
分かってないでしょうな。

宇宙の果ては137億光年
これ以上は観測できないんで
ここが果てやという説明。
認識でけへんもんんは
無いのと同じちう
ある意味哲学的な(笑)。

しかし神はなぜこの地球に
意識を造りたもうたか。
宇宙を認識してもらうためなのか。
なわけないし。
地球が出来てからでもまだたった46億年、
人類らしきもんが出来てから
まだたった0.05億年。
14万8千光年で検索しますと
万歩計ばっかしヒットしますけど(笑)
我が一生で移動する距離なんて
実際には全部足しても・・・
いったい何を必死になって
生きているんやこの星の住人は
なんて考えますと
何もかもがどうでもよくなってしもて
会社行きたくなくなるのでやめておきましょう(笑)。

イチロー147安打、残47試合。

We went to Space World in Kitakyusyu.
We went to a planetarium.
A radius of the space is 13.7billion light years large.
We are very small than that.
I am afraid I lost my motivation for living,
I stop thinking of it (laugh).

Nikon D40 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「スペースワールド駅」
Dsc_6035spaceworld

|

« レイ、関門海峡のむこうに | トップページ | レイ、関門海峡のむこうに(参) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/49137411

この記事へのトラックバック一覧です: レイ、関門海峡のむこうに(弐):

« レイ、関門海峡のむこうに | トップページ | レイ、関門海峡のむこうに(参) »