« 世界の中心でAIを避けんだけども | トップページ | 季節の価値は »

2010年10月24日 (日曜日)

作品の選択を

懲りずにまた写真誌の月例に応募しましたけどもね今月も。
いつもクロネコメール便で送ってますけどね
いつも取りにきてもらってましたけどね、
3通ほどのクロネコメール便、1つ80円の
取りにきてもらうのはなかなか気を使いますけどね
近所のスーパーで受け付けてくれることを発見、
今回から近所のスーパーで出す事にしました、
これで気兼ねなくなんぼでも駄作を送ることができます(笑)。

しかし、まあ、とくにどこの団体(写真サークルとか)
にも属さない我が
闇雲に応募してましてもね、
なかなか入選て難しいですわね、
やっぱ、傾向と対策が必要では。

CAPAはたいてい「スナップの部」に応募しています。
選者はハービー山口さんですね。
ハービーさんの写真はちょいちょいですがみます。
優しいスナップ、みたいのが多いです。
そういう写真がいいのでしょうね。
わかってますけどね、撮れないんですよ。
同じようなやつを撮ろうと思ても撮れない。
(ハービーさんの作品を写真に撮る以外の方法で(笑)。)
ま、しやないんで、まあまあ近い(と我が思う)のが撮れたら
CAPAに応募してます。(結果、今年は2次予選通過が最高でした)

CAPAは他に「スポーツの部」やら「ネイチャーの部」やら
「風景の部」がありますが、
そういうのはほとんど撮らないんで。
0はんの運動会の写真を「スポーツの部」に
応募してみましたが確か1次予選通過でした。
普段撮りませんからね、反省がいかせるのがまた来年、
ちうのが苦しいすね。

次、アサヒカメラはたいてい「カラープリントの部」
「モノクロプリントの部」に応募しています。

「モノクロプリントの部」の選者は瀬戸正人さん。
この方全く知らず。
しかし、まあせこい話しですが(笑)
この部門の応募数の少なさから
今年次点が2回。
どうも、いろいろの要素を入れず
かっこ良くいえば
直感的にストレートに撮ったのが
はっりき言えば
ぱっと撮ったけどマグレでたまたま撮れたのが(笑)
評価がよい感じがします。
(まあ、写真てたいていそうなんかも知れませんがね)
今度から選者がZIGENさんになります。
こちらはちょっとしか見たことないですが
その範囲では何やら硬派な感じの写真を
撮られているようなんですけど
そういうなんかメッセージ性のありそうなんが
撮れたらいいんかも知れませんがねえ、
関係ないかもね(笑)。
まあしかしこの選者交代が我にとって吉と出るか凶と出るか。
「常識や「らしさ」などに惑わされず自由な発想で
 力強い作品を」と自ら述べておられますので
「常識」や「らしさ」のない我には有利かも(笑)。
ただ、「自由な発想」、「力強い」はないのが
だめっぽい(笑)。

「カラープリントの部」の選者は小澤忠恭さんですね。
グラビヤとか撮ってはりますよね、
それはまねするのは無理(笑)。
スタジオ借りて、ライティイングとかねえ、、無理やな。
で、こちらは全くの傾向と対策もなく
なんとなくの応募で、今年は予選通過もなしの全滅。
「対象に肉薄しましょう 力強い作品をお待ちします」
とあります。こちらも「力強い」かあ。それがないなあ
やっぱし。
野球でも我はバントして内野安打狙いやっちうねん(笑)。

まあしかし傾向も対策もくそも
我程度ではいかんともしがたいですわな結局(笑)。

我が毎日読んでますある方のweb日記、
この人ある雑誌のフォトコンの選者をしてはるのですが
web日記に掲載されている写真、
我からみると、それはそれはしょうもない写真でして(笑)。
プロがなんでこんなへみたい写真を掲載すんねろと
思えてしまうのでして。
これは、そのプロの先生の写真はいい写真で、
我の感覚の方がボケているのが明確ですから
その先生が選者のフォトコンへ我が応募しても
全く入選しないやろと思て、応募したことないです。
(案外、逆かなあ、とかも思いますが。。。)

逆に、このブログの掲載写真、毎日、すごいええなあと
思てみてますのは、アマチュアの人のやったりします。
その人はアサヒカメラに応募されてまして
しょっちゅう入選されてます。
でも毎月入選されてるわけではなくて
この人が1次予選とか2次予選で
我が次点やったりするととてもうれしい(笑)。

結局来年もまぐれ狙いか(笑)。

Slow and steady wins the race, again.

Nikon D40 Voigtlander ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical(Ai-S)
「猪名川」
Dsc_6324tent

|

« 世界の中心でAIを避けんだけども | トップページ | 季節の価値は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/49831624

この記事へのトラックバック一覧です: 作品の選択を:

« 世界の中心でAIを避けんだけども | トップページ | 季節の価値は »