« 駅めいで、人間らしく(参) | トップページ | オスプレイ、心のむこうに »

2012年6月16日 (土曜日)

書籍の価値は

ここで以前、
物理学の柱は
古典力学、電磁気学、量子力学やなあ
て書いたような気がしますが
ちょっち間違いでして。

古典力学を基本とし、その上で
電磁気学、量子力学、熱統計物理学
が3本柱というのが正しいと思います。


これまで蔵書として
「あなたにもわかる相対性理論」茂木健一郎(古典力学)
「電磁気学のABC」福島肇(電磁気学)
「絵でわかる量子力学」小暮陽三(量子力学)
を購入、読破してきたわけですが
このたび
「高校数学でわかるボルツマンの原理」竹内淳
を購入しました。
この本は他の上記3冊と違うて
横書き(左綴じ)なのが専門書っぽい。
(BLUE BACKSですけどね)

0はんが今年12歳になるというのに
ゲームとどうでしょうとバラエティ番組以外に
興味ゼロ状態なのを深く憂慮しますが
それは
我がいっつもボケッとしてるからではないかと
反省しましたわけで。

子どもは
親の言う通りの事はせんと
親のする通りの事をしますからね。

Keep on studying.

LUMIX DMC-TZ20
「記念撮影」 こう撮りますと、ツタンカーメンの黄金のカノポスの方が「顔認識」される。(黄金のマスクやないとこにご注意下さい。)
P1000051tuu


|

« 駅めいで、人間らしく(参) | トップページ | オスプレイ、心のむこうに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/54979723

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍の価値は:

« 駅めいで、人間らしく(参) | トップページ | オスプレイ、心のむこうに »