« キットの価値は(参) | トップページ | 画素数の価値は »

2013年11月 9日 (土曜日)

見知らぬ、ティザー広告(弐)

あのティザー広告はニコンDfでしたね。
レンズキットで30万円。やっぱなあ、
価格設定いいとこついてきますなあ。

しかし実際、30万円もするカメラ
そうそうぶら下げて歩こうっちう気にもなれぬと思え、
そのうち中古ででも。。。ってとこでしょうかね。

非AIレンズでまでオートが効いてしまうという、
また画素数も1625万画素と、少なめでとてもとてもよく
(高感度に有利なのでしょう)
フルサイズにしてはコンパクトでね、
いいんですけど、やっぱ値段と、動画無してことでね、
これ一台ですべて足りるわけでもないのにね、
あとバリアングル液晶モニターもないしね、
そんな人はやっぱD5300買えということすかね
値段の下がったD5200という手もありますか。

ニコンDfのファインダー視野率、フルサイズんときは100%やのに
DXのときは97%と下がるのはなんでかしら、逆やったら分かりますけども。

When will you be going to buy it?

Nikon D40 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II
「雲雀丘花屋敷」東側から西側を望む。画面奥が宝塚方面。奥方向、ホームの端から4m先に旧雲雀丘駅があったという。また手前、というか後方400m辺りに旧花屋敷駅があったという。しかしその痕跡が見つからないです。
Dsc_1354hibari

|

« キットの価値は(参) | トップページ | 画素数の価値は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/58542401

この記事へのトラックバック一覧です: 見知らぬ、ティザー広告(弐):

« キットの価値は(参) | トップページ | 画素数の価値は »