« 死に至らない病、そして | トップページ | 涙 »

2014年5月18日 (日曜日)

ファインダースクリーンの選択を

D5300はD40よりもファインダーでピント合わせしやすい気がしまして。
比較しますと

D5300            D40
アイレベル式          アイレベル式
ペンタミラー使用        ペンタミラー使用
一眼レフレックス式ファインダー

視野率            ファインダー視野率
上下左右とも約95%      上下左右とも約95%
(対実画面)         (対実画面)

倍率             ファインダー倍率
約0.82倍           約0.80倍
(50mm f/1.4レンズ使用、  (50mmF1.4レンズ使用時
 ∞、-1.0 m-1のとき)    ・∞・-1.0m-1)

アイポイント         アイポイント
接眼レンズ面中央から18mm   18mm
(-1.0m-1のとき)     (-1.0 m-1のとき)

視度調節範囲         視度調節機構内蔵
-1.7 ~+1.0m-1      (-1.7~+0.5m-1)

ファインダースクリーン    ファインダースクリーン
B型クリアマットスクリーンVII B型クリアマットスクリーンV
               (フォーカスフレーム付)

ニコンのサイトからの切り貼りですが
同じ事を言うのにD5300とD40とで
微妙に表現を変えているのはなんででしょうか。

倍率がわずかにD5300が大きいですが
その差を我の目が感じられるわけはないと思われ
ファインダースクリーンの名前が「V」から「VII」
に変わってますので、これがなんかいい具合になってんのと
ちゃうでしょうか。

That good?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「夕日に映える新緑」を撮ろうと思たのに黒くつぶれて意味なし(笑)。
Dsc_0025sinryok

|

« 死に至らない病、そして | トップページ | 涙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/59662584

この記事へのトラックバック一覧です: ファインダースクリーンの選択を:

« 死に至らない病、そして | トップページ | 涙 »