« 菊の価値は | トップページ | 静止した、黒体の中で »

2014年12月 6日 (土曜日)

静止しない、闇の中で

いやあ昨日は参ったよ、呑んじゃてさ

もはや家まで直で帰れるバスは無し
でもこんなときこそ最近手に入れたスマホの出番
現在地から最善のバス利用ルートも提示してくれる
しかし、そのバス停が見つからん、
画面で場所を拡大するほどに
かえってわからんくなる
不確定性原理やなあ
いや単に酔っているからか
あ、と思たらバスが目の前を通過、
そこからプランク定数程度の距離(うそ)を歩くとある、
いつも利用しているバス停
このバス停は位置を知っているから
まったく不確定ではないのやが
そこで10分ほど待つと
次のバスがやってきて、
出来る限り家の最寄りのバス停で降りて
最寄りっちうても、そっから真っ暗道を歩いて25分、
まあ、結局、さっきバス乗ったのバス停から
バス乗らんと全部歩いても時間としては同じくらいかかるのやが
歩く距離はちょっとだけ短いかな、で、
やれやれ、当日中になんとか帰り着いたが
はき慣れない靴だったんで
すこし靴擦れ。

すなおにタク乗るが吉やったか。

It has the ability to lead me to my home.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「ティアラ」
分かりにくいんすけど、路上にティアラ(笑)落ちてました。
Dsc_0088tiara

|

« 菊の価値は | トップページ | 静止した、黒体の中で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/60769439

この記事へのトラックバック一覧です: 静止しない、闇の中で:

« 菊の価値は | トップページ | 静止した、黒体の中で »