« 神の造りしもの | トップページ | 寒波、襲来 »

2015年1月 2日 (金曜日)

焦点距離の選択を

むかし、フィルムカメラ時代は
35ミリフィルム用一眼レフカメラの交換レンズでは
焦点距離50ミリが標準レンズと呼ばれ、
まあ今で言うとそれが「キットレンズ」て感じで
くっつけて売られてましたが
(セットで買うた方が安いちう定価設定ではなかったが)
35ミリフィルムで焦点距離50ミリちうと画角で46°で
それが人間の目の感覚に近い、とか言われて。

人間の目て、まあ、180°見えてますけど、
ほんまに見てる範囲は狭いてことでしょうな。

景色をぼんやり見てるときは割と広く
あ、あれはハルカスやろか?とか思うときは
いきなり、超望遠になっている、ちう感覚はありますような。

城ホールのステージからでも、後ろの客の顔まで見えるっちうのも
あながち誇張でもなく、そんなもんかもと思われ。
城ホールは知らんけど、アクアやらローズやったら
そやなあ、て感じ?

A range of human vision is 46 degrees. That's a popular conception.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「はるか大阪を望む」
やや左に梅田の空中庭園のビルが見えます。右の方、いちばん高いのがハルカス。この写真で焦点距離は122ミリらしいのですが、センサーサイズがAPSなんで35ミリ換算やと183ミリ相当。とすると画角は14°くらいのようです。
Dsc_0207harukas

|

« 神の造りしもの | トップページ | 寒波、襲来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/60910622

この記事へのトラックバック一覧です: 焦点距離の選択を:

« 神の造りしもの | トップページ | 寒波、襲来 »