« 職業の選択を | トップページ | 見知らぬ、線上(弐) »

2015年8月11日 (火曜日)

見知らぬ、線上(壱)

では、小出しにしております
大阪ワンマンツアーの件ですが、
ここでどばーっと話をしますといいますと、

まずは南海、堺駅からですが、

えー?蓋て取外せるもんなんでしょうか
(「便座の蓋」とは何?「蓋」ではあかんのでしょうか)
そんな人に他のご利用者へのご迷惑を説いても
しかたがないような。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Dsc_0067sakaitoile


これはここ以外でもちょいちょい見かけますような、
流すのが普通というのは日本だけなのでしょうな。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Dsc_0068nagas

で、まだ堺駅が続きますが、
このザビ的なキャラはいったい?
堺と関係がありますのか、ポイ捨てと関係がありますのか、
望遠鏡みたいのに関係がありますのか???
ポルトガル語っぽいのは読めませんが。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Dsc_0069portgu


てなこと言うてます間に、電車が来まして
注目の南海、岸里玉出(きしのさとたまで)駅に到着です。

明らかにここで、南海本線と高野線が分岐しておりますのに
乗り換えのご案内はなされませず、ひとつ難波寄りのとなり駅、
天下茶屋(てんがちゃや)で乗り換えるように車内ではアナウンスされ
実際、天下茶屋には全部の列車が止まりますのに
ここ岸里玉出にはたぶん普通しか止まりません。
不思議な駅です。
ま、岸里玉出では、乗り換えするにはホームをだいぶ歩かなあかん、
ということはあります。
ま、詳しくはウィキでも見て頂くとしまして
岸里玉出、南海本線のホームから、向こう側に、
汐見橋駅方面に向かう線(支線と言ってよいでしょう)のホームが
見えます(画面中央)。(画面奥の方が難波方面です)
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Dsc_0071siomihome

それとは反対側(難波に向かって右側、東側)に、高野線が
合流してくるのが見えます。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Dsc_0073koyagoryu

この高野線が、かつては、今や支線となっている汐見橋駅方面の線
(画面左の方)と繋がっておったようですな。
現在は、本線に分断されている形です。

しんどくなってきたのでこの辺で「つづく」

Osaka Tour. Sakai→Kishinosato_Tamade, on Nankai Railway.
Here Kishinosato_tamade the track diverges from the trunk line "Nankai Honsen" to "Koya line".

|

« 職業の選択を | トップページ | 見知らぬ、線上(弐) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/62062268

この記事へのトラックバック一覧です: 見知らぬ、線上(壱):

« 職業の選択を | トップページ | 見知らぬ、線上(弐) »