« 見知らぬ、線上(おまけ) | トップページ | 世界の中心で何かを叫んだけもの »

2015年8月13日 (木曜日)

レンズの選択を

ついに、
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gを購入。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Dsc_0054sanjuugo_2


メーカー希望小売価格:¥36,072 (税抜 ¥33,400)
ニコンダイレクトでは30,662 円(税込)なのですが
(なんで値段表記を、ニコンイメージングと
 ニコンダイレクトとで¥と円というふうに変えているのか
 不明ですな)
発売後、何年かたってますし、中古で探しました。

ネットで、梅田のカメラ屋さんに在庫があるのを確認、
こういうのは、現物を確認した方がよいだろうと、
リアル店舗に行ってみますと、
ネット上ではABランクのしか無かったのですが、
実際には新同品(現箱やら保証書やらフルセット)が
同じ値段で存在(なんで?と聞くと、さあ、仕入れ値が
違ごたんちゃうか?みたいなお返事)しまして、それを購入。

プロテクトフィルターはおまけでくれました。
税込み2万円ちょい。

マイD5300に取り付けてみて動作を確認、
そのまま付けたまま帰りました。

付属のフード(HB-46)がえらい浅い。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Dsc_0055hood


昔のAI改35mmF2.8用のフード(型番忘れた)と
同じくらいに思えます。このレンズの場合は
同じ35mmとはいえ、DXフォーマットなのやから
換算52.5mm相当てことで、もっと深くていいはずなのやが。

もしかして、FXフォーマットでクロップで使うときに
ファインダー視野がケラレるのを避けた?
んなわけないですわな。

手ぶれ補正はないのですが、その分コンパクトに仕上がっている
と思えば仕方なし。画質もいいのかも。

しかし、この焦点距離は慣れませんな。
フィルム時代から50mmてあまり使ってきませんで。
というのはうちのニッコール50mmは古すぎて
AI改造できんかったんで、ニコンFMで使うときに、
AI連動爪を跳ね上げて、絞り込み測光せなあかんという
めんどくささがあったんで。

ま、そのうち慣れるでしょう。いや、慣れない方が、
(万年)スランプの我の写真表現に新たな刺激を
与えてくれるでしょう(笑)。

最近のレンズはみな絞り環が無いのですが、
まあ、それもしょうがないんかも知れませんが(コスト?)、
レンズ交換のときにカメラ本体と合わせる指標が
ちょっち探しにくい、
昔の絞り環のあるタイプで、ここと覚えているから、
絞り環のないタイプやと、どこかわからなくなる、
まあ、これも慣れたらしまいやが。

まあ、キットレンズより小さくて軽くて威圧感がなくて結構ですな、
明るいから、ボケも大きいのが新境地。

で、ここでちっともこの新レンズ作例は示さないのですが、
これもいつもの事で(笑)また今度。

I'll put in a good word for this lens.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「祝勝の後」
少年野球で、なんかの大会で優勝したとかで、「炭酸水かけ」
をしたとの事。そのガラの山です。
ベタベタしなくてノンアルコールで(当たり前!)少年野球の
祝勝にはこれがよいようですよ。
Dsc_0192tansan

|

« 見知らぬ、線上(おまけ) | トップページ | 世界の中心で何かを叫んだけもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/62073151

この記事へのトラックバック一覧です: レンズの選択を:

« 見知らぬ、線上(おまけ) | トップページ | 世界の中心で何かを叫んだけもの »