« マルーンダイバー | トップページ | 小林一三の造りしもの »

2015年9月 6日 (日曜日)

世界の中心で○○を叫んだけもの

さて、25年ぶりくらいでしょうか、
大阪国際空港の滑走路の端っこ、
千里川の土手に行ってきました。
グーグルマップによりますと、
阪急曽根駅から歩いて15〜20分てとこなので
駅から歩いていきました。

25年前とあまり変わってない感じ、
たくさんの見物人が来てましたなあ。
近くで駐車場とかやったら儲かりますかなあ。
柵につる性の植物がからまって、滑走路が見えにくいんですけれども
これは25年前も同じやったかどうか、覚えてないなあ。

まあ、ジャンボジェットが来なくて、小さいのばっかりになったのは
25年前との大きな違いですなあ。

また、そのジャンボジェットの轟音の下、言うたらあかんことを
大声でわめくというような若さを我が失っているところも大きな違い(笑)。

しかし、この曽根の辺てのは、えらいアップダウンのある地形ですな。
登ったと思たら、また下がってたりして、
千里川やその支流が削ったのでしょうか、
台地の端っこになるのでしょうか、
小さい流れが暗渠になって
その上が谷底の道になっている?とおぼしきとこがあったり、
豊中の中学て、単に番号が名称になっているんですけれども
第一中学てここにあったんかと知ったわけですが、
これが、えらい坂の上にあったりします。
まちの成り立ちとか研究するとおもろそうですな。
ま、あんまし、縁もゆかりもないので、
あまり深入りするつもりは今はありませんけども。

I went to the end of the runway of Osaka International Airport (ITA).
After a long time (25 years?).
I was able to reach to the place on foot from Sone Station, for 15-20 minutes.
25 years ago, I went there by F's car. Or Ishii-san's car.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「『展望台』バス停」芦有道路は有料道路ですが、途中に民家があったり、路線バスもあったりします。
Dsc_0126tembo

|

« マルーンダイバー | トップページ | 小林一三の造りしもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/62229026

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心で○○を叫んだけもの:

« マルーンダイバー | トップページ | 小林一三の造りしもの »