« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日曜日)

死に至らない機内、そして(弐)

全日空の機内オーディオ番組
9chの「オールナイトニッポンClassics」ですが
「パーソナリティ」が「斉藤安弘」「Yasuhiro Saito」
と冊子には記載されていますが、
番組内では、ご本人は「サイトウアンコーです」
とおしゃってましたな。記載の方もそれに合わせた方が
よくないすかね。

PiTaPaが使えるお店てのが、
それほど増えないのですけれども、
全日空のショップでは使えまして、
庄内空港(「おいしい庄内空港」)でも使えました。

しかし、羽田では同じ全日空のショップでも、
店員さんが「PiTaPa?」てな反応で、
しかし、我は庄内で、端末の使い方が分かってたので
「カード選択」画面で、右にスクロールして
次のページに行かないとPiTaPaは出ないのよね、
その操作てめえでやって使用してきました。

このPiTaPa、梅田のバシカメですと
レジを選べば使えるのですが、
ポイント還元率が10→8%に減ることが発覚。
こらあ使えませんなあ。

Mr. Yasuhiro Saito calls himself Anko Saito.

If you use PiTaPa in Yodobashi Umeda,
you need to search a special cashier.

And you should notice that if you pay by PiTaPa,
the return rate of the Shopping Points reduces from 10% to 8%.

Nikon D5300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「猪名川堤防そば」お猫様の活動時期かもです。
Dsc_0063cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土曜日)

死に至らない機内、そして

今更ではありますが、
全日空の機内オーディオ番組の2月号の話し。

5chの「Hot Hits Selection」ですが、

1曲目がゲスの「両成敗でいいじゃない」
曲紹介で、とくに例の件について触れない。

9曲目がデヴィッド・ボウイの「ブラックスター/★」
これの曲紹介なんか、
1月8日に、69歳の誕生日を迎えた〜とか
言ってまして、まだ生きてるテイで進んでます。

「(この番組は、2015年12月に収録されたものです。)」
という但し書きが、下の方にあるので、
まあ納得ですが。
差し替えたりしないのね、
もう、そのままいくのね。

In this February David Bowie still be alive in ANA's in-flight music program.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「ラッピング車両」 「EFFECT」で「Lo」モードんときに急に来やがって、こんな暗い写真に(笑)。
Dsc_0020wrap

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土曜日)

涙(⇒KIBOU)(四)(弐)

で、クロネコメール便が廃止になってからこっち、
フォトコンの応募には定形外郵便を使こてる
わけですが、まあ、切手貼るのが面倒で
苦しんでいるわけですが

先日、大きめの郵便局なら、
(土)(日)でも郵便は扱うてることに気づき、
作品応募の封筒と、ごちゃごちゃ買うてた
小額(2円、5円、8円、10円、30円・・・などなど)の切手と、
ついでに書き損じの年賀状も持ち込みますと、
それらで精算して受け付けてくれました。

なんや、あない切手をコレクションせんでも、
こうすればいいのか。

ま、ちょっち遠いのが難点ですけどね、
クロネコメール便なら近くのスーパーで出せたのにね、
しかも安く。

The post office that is a large one accepts my envelope for the photo contest that is not be put stamps on. I paid the charge by my very many small stamps and miss-written post cards.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「スカイビル」 大阪。
Dsc_0034_2osaka_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月例フォトコンチェック。

2016年
アサカメ(発表月ベース)・・CAPA(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし
 3月号 なんもなし・・・・なんもなし ←今回

なんやなんや、えらい、また悪くなってきました。

The condition has become worse and worse.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「錠」近所の陸橋にこんなもんが。何のために?このタイプ(ダイヤル式)の錠を?
Dsc_0021_2jo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日曜日)

用紙の選択を

写真をプリントする用紙、いつも
キヤノンのマットフォトペーパーを使ってますが、
たまには替えたろかいと。

バシカメの売り場見ますと
「イルフォード」とか、「月光」が目にとまりまして。

これ、昔の印画紙のブランドですやんね。
これらは当時高価でして、
とても高校生の我なんかが
使うようなもんやなかったのでして。

印画紙には号数というのがあって、
硬調やら軟調やら、得たい画質によって
印画紙の号数を揃えないといかんわけですが、
そんなん金銭的に無理ですから、
いっつもフジのRCペーパー(バライタやない方)の
「3号」、まあいうたら「普通」てやつを
使うてましたなあ。

時代は流れまして、今は、そうですか、
インクジェットペーパーとして、
まあまあ、おとななら充分買える価格でこうやって
売られております。

ペーパーにこだわってもしゃあないような
古いプリンタ(キヤノンMP-950)ではありますが、
まあ、話しのタネに購入。

で、印刷してみて初めて気づいたのですが、
この「月光」、サイズが「六切」。
A4と思て印刷したらはみ出ました。
このサイズに収めて印刷すんの、
この古いプリンタドライバーでは結構ムズくて、
でもなんとか失敗しながらも印刷、
縦横比の関係で、上下に余白が出ますが、しかたない。

うん、まあよしとしよう。
しかし、印画紙の「月光」について、
詳しく知っているわけではないので、
とくだんの感慨とかもないですなあ(笑)。

まあ、イルフォードも、月光も、つや(反射)が抑えられた
我ごのみの仕上がりでございました。

I tried using ILFORD and GEKKO paper,which I heard old time, when I used Photographic paper. ILFORD and GEKKO were famous as baryta papers, but now they are sold as ink-jet papers.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「インクジェット紙」 これがその現物。
Dsc_0035youshi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土曜日)

瞬間、レーザー、重ねて

重力波は、重力レンズの確認が出来てたら
その存在はもう確実ということではないのか。
存在はいいけど、直接観測するというのが
課題やった、ということか。

レーザー干渉で、観測出来たという説明ですが、
なんか原理的にはえらく簡単なもんのように思えますものの、
しかし様々なノイズから、これが重力波のシグナルやと
なんで分かるのでしょうなあ。

その振幅が「水素原子核の」何分の一程度て、
「陽子の」、でいいのではないのか。
なんでそんな持って回った言い方をするのか。

この方向から13億光年の距離から来てるて
なんで分かるのでしょうなあ。

同時に、今回初めて、ブラックホールの存在も
直接確かめた、っちうことになるのでしょうか。
その方向を見ると(可視光で望遠鏡で)、
やっぱそこだけ穴があいてるように
真っ黒に見えてるのでしょうかね。

アインシュタインの予言から「ちょうど百年」目にして、
て、何がちょうどなのか。こんな壮大な話ししてて、
そこだけ急に、とある惑星がとある恒星のまわりを
百周する時間という、
わけの分からん尺度を持ち出すのはなんでか。

Mass medias say Gravitation waves are detected "just" 100 years after Einstein's prediction. Why they dragged such a peculiar standard that based on a certain planet's motion?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「楊枝の先端欠け」 こういうのって、メーカーにクレームを言おう、とはならず、なんかええの見つけた、って感じでラッキー感の方が大きくなってしまうのはなぜでしょうな。明らかに製造の問題やろこれ。なのに、見つけて少しうれしい。。。
Dsc_0087yoji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静止しないファインダーの中で

ひっさしぶりに、
AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
を引っ張り出して、D5300に装着しますというと
おや、なんかVRが効いてない感じ。
VRをON、OFFしても、差がない、
こらあ、VRつぶれてやがるな。
こどもの運動会くらいにしか使わないからなあ、
このレンズ、しばらく使こてなかったので
いつ壊れたのか分からん。

ニコンのサイトで入力して、
修理見積をみてみますというと、

レンズ名は多分
AF-S DX VR ED 55-200mm F4-5.6G
でいいとして
(ニコンのレンズ表記て、場合によっていろいろあって?
 統一されてないのがイヤねえ)

症状は、
「VR(手ブレ補正)機能の作動不具合」
でいいやろう、すると、
「ニコンイメージングプレミアム会員特典として
 10%割引が適用されます。」
ちうことで、

小計金額
10,286円
割引金額
-1,029円
総計
9,257円

とまあ、えらいお値段が出ますな。
バシカメドットコムやと新品で¥31,860
価格comなら1万数千円からある。

なんか、このレンズ、最初っから、そういえば
ボケ味がよくなくて、
今から思えば、VRがちゃんと働いてなくて
レンズがへんな位置に行ってしまって、
描写が悪くなってたんちゃうやろかという気も。
VRレンズなんてこれしか持ってなかったから
こんなもんかと思てたもんで。

D5300のキットレンズ、
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
を入手した今となっては、双方を比較すると
やっぱ
AF-S DX VR ED 55-200mm F4-5.6G
のVRの効きは(もしかすると新品のときから)、
おかしかった気もしますな。

てことで、まいっぺん修理すっかな。
せっかく修理しても、また他のとこが
壊れたりするかも知れんけどなあ。

My lens, AF-S DX VR ED 55-200mm F4-5.6G,
which VR system doesn't work well.
The VR system may be bad when it was new.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「※カロリーはエリアにより異なります。」 って、What do you mean? ローソンの広告。産地によって苺の出来映えが違う、ちうことを言っているのか??
Dsc_0086lawson_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土曜日)

見知らぬ、ウェブサイト

Why do they choose such sites for the targets of DDoS attacks?
Little people visit there (the government offices, the authorities, and so on).
(And this site too. You are the one of very rare net surfer, aren't you?)

I suppose there are more suitable targets in this world.
Around north Iraq, north of that peninsula…

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「神田注意」 って、えらい曖昧なお知らせ。
Dsc_0040kanda


| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の中心でアイオワぁ??を叫んだけもの

Why does United States presidential election always start at IOWA?
Dom't tell me it is by AIUEO order.

(If it would be true, Arkansas should be first?)

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「整とん」 まあ普段を知らない人が見ても何の感動もないでしょうけど、これは奇跡的な整とん具合なのです。ウチの受験生のしわざです。受験勉強を始めると、すぐに身のまわりを整とんしたくなるの法則なのです。
Dsc_0001seiton

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »