« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日曜日)

レイ、被写体のむこうに

CGとかアニメとかでは、
逆光の表現のために
わざわざゴースト入れることがありますな。
例えば真田丸のオープニングの最後、
馬群が走ってるとことかねえ。

実際の写真用レンズは、
いかにゴーストを出さないかが重要で
そのせいでエラい値段になってたりしてまして。

きれいなくっきりしたゴーストてのは
それはそれで良かったりするのですが
もやーっとしたのはイヤやったりしますのでね、
その辺、調整できるレンズ、てのも
そのうち出るんかも知れませんねえ。
いや、レンズ側でなくて、
撮った後の画像調整の方で何とかすべきか。

I'm afraid no ghost.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G+Wide Converter Attachment NH-WM75
「看板」
「バーベキュー」「バーベキュウ」の表記の統一のために修正したのを、剥がしたやつがおる。この公園、バーベキュー容認になったんやなあ、前は違ごたと思うが。
Dsc_0064babe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女王の造りしもの

ベランダにアシナガバチの巣が
造られ始めているのを肉眼で確認。

申し訳ないが、
女王蜂様が巣を離れた隙に巣を突き落としますと
すぐ女王蜂が戻ってきましたが、
数回旋回してどこかに消えた。
マダミエテナイ マダミエテナイ

The queen is making her house.
But it vanished suddenly.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G+Wide Converter Attachment NH-WM75
「落書き」
コンクリが固まる前に書いたやつがおる。
Dsc_0063rakugaki_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土曜日)

修正、スポッティングカラー、重ねて

こりもせずに、フォトコンに応募しようと
プリントしますというと、
紙の端っこがちょっとインクで汚れたりしますわな。

それを修正したいもんですが
あれですな、
プリントの修正と言えばスポッティングなんですが
あれですな、
検索しますと、もはや絶滅の危機ですな、
バシカメみても、筆は売ってますが
肝心のスポッティングカラー(「絵の具」の方)がもう売ってへん。
なんで筆だけ売るかなあ。

筆は押し入れを探したらなぜか持っていました。
スポッティングカラーの方は、、どうしたかなあ、
元々持ってない?いやあ、ほななぜ筆だけ持ってんのかしら??
しかしこの筆、先がえらい開いてて、こら使えへんなあ。

てことで、バシカメで普通に修正テープを買ってきましたが
これでうまくいくかしらね。幅2.5ミリと、
狭いのを買ってみましたが。

How do you mend your photo print?
Spotting?
You are better off using mending tapes?


Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G+Wide Converter Attachment NH-WM75
「足跡」
コンクリが固まる前に踏んだやつがおる。
Dsc_0062ashiato

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土曜日)

月例フォトコンチェック。

2016年
アサカメ(発表月ベース)・・CAPA(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし
 3月号 なんもなし・・・・なんもなし
 4月号 なんもなし・・・・なんもなし
 5月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 6月号 なんもなし・・・・なんもなし ←今回

1次予選さえ通過しないとなりますと、
前よりもマシとかヒドイとかが分かりませんなあ。

まあ仕方ないのですけれども。

「ボール」という判定だけやなくて、
高さが外れてる(コースは入ってる)とか、
その逆とか、どっちも外れてるとか、
ワイルドピッチでキャッチャーも捕れないほどとか、
そもそもボークとか、そういうのが欲しい(笑)。

How does the photo contest rank the works?

Nikon D5300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「猪名川」五月山より。
Dsc_0010inagawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日曜日)

刺激の価値は

まあ、写真的には不調な日々が続いているわけですが、
まあ、子どもが小さいうちは、子ども連れてどっかに行って
その辺やら、子どもやらの写真も撮り(れ)ましたのにね、
もうつき合ってもくれませんしね、
もうだいぶ前から覚悟していた事態ではありますが。

ここは、なーんか変わったレンズでも導入して
自分に刺激を与えるしかないですかね、
広角、魚眼系は、最近はやりのアクションカメラ系の
作例見てるだけでもう食傷気味ですしなあ、
ここはひとつ、レフレックス超望遠にでも手え出しますか、
ピントが合わなくてブレブレてイライラしますかな、
それもまたよしか。

I need a stimulus like a reflex lens.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G+Wide Converter Attachment NH-WM75
「コナン」
大阪駅、時空の広場。
Dsc_0110konan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土曜日)

嘘と沈黙

「水素水」の製造機みたいのが
職場のお茶室にもありまして、
まあ、気分が悪いのですけれども(笑)

しかも、ええ、なんや、弊社の製品が
部品として使われているみたいなこって
販売協力の意味もあってか
こんなとこに置いてあるわけみたいで、
まあ、しかしイヤんな感じ。

どういう原理でどういうもんなんか、
まあ、検索してみました情報を総合しますというと

まあ、まず、水を電気分解しますと、
ほな、陰極付近では、水素イオンが還元されて
水素ガスになりますわなあ、
その分、水素イオン濃度は下がるつまり
pH値は上がる、つまりアルカリ性に傾く、
っちうこって、つまりそれを
「アルカリイオン水」とか
「アルカリ性電解水」」とか
「還元水素水」とか、好き好きに呼称されている
っちうことらしい。

てことで、
多少アルカリ性の水っちうことで
飲んでも大して害はないし、
まあ胃酸過多に効かないこともないかも知れん、
くらいのことらしい。

ただ水素ガスがわずかに溶けている、
(っちうても、容器からはすぐ抜けるであろう、
 飲んだらすぐ体温で温まって、とぶであろう)
ちうことについては
人体への影響はほぼないであろう。

まあ、職場に設置するのもギリOKてとこですかな。

ここまで検索で調べたせいで、
しばらく我PCは、水素水の広告ばかり出ますな。
あほくさ。買わへんて、そんなもん。
学校とか、理科とか、ちゃんと教えとんのやろか。
大丈夫やろか、ウチの子らも。
ボーア半径とか、気体の溶解度とか、
分かってへんでしょうなあ、こいつら。

Do school's science classes work for children well?

Nikon D5300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「飛行機」
大阪国際空港を飛び立ったところ。
Dsc_0052plane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木曜日)

淡路の価値は

まあ、別に阪急に限りませんけど、
ワンデイパスてのは、高すぎて、
使えない感じがするのですけれども。
阪急阪神1dayパス、1200円。

よっぽど1日中、電車に乗ったり降りたりを
繰り返さんと元が取れへんでこんなん。

しかしこんなんがあることに気づきまして
HANKYU TOURIST PASSてのは700円。

しかしながら、
パスポート持ってるやつにしか売らんと書いたある。
だめだこりゃ。

「阪急沿線の不思議と謎」(監修 天野太郎)
(実業之日本社)によりますと、淡路駅が
JRおおさか東線の乗り換え駅となる(2018年)計画とか。
また、2017年には高架化されるということで、
我は特急に乗車しながら、現在工事中であることを
肉眼で確認。えらい長い区間に渡っての大工事。
このあたりの様子は近々一変するな。
てことは、このおおさか東線、こんなとこまで
延伸するてことは、最後は新大阪乗り入れ?

で調べますとこれ
大阪外環状鉄道株式会社
こんなことになってたんか、知らんかった。

トップページには
 「新大阪から放出までの北区間(11.1㎞)は、
  平成30年度末の開業を目指し」と書いていて、
「事業内容」のページ
には、「平成31年春開業予定」と書いているから、
2018年春頃に新大阪につながるてことやな。
しかし、我にはあまりメリットがないなあ。

That'll be no fun.

Nikon D5300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「舞洲」
六甲山から舞洲方面を望む。USJはどこかしら。

Dsc_0014maishima

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火曜日)

阪急、誕生

「阪急沿線の不思議と謎」(監修 天野太郎)
(実業之日本社)によりますと、
阪急電車の8300系車両は、ケイマン諸島にある
「エイチアンドエイチレイルウェイ」社所有で、
そこからリースを受ける形にしている、という。

これって今話題のパナマ文書ってやつではないのか。
あれはヴァージン諸島か。
別に違法っちうわけではないのやろうな。
なんかよお分からん話しや。

また同書によりますと、
「阪急電鉄」という社名になったのは1973年、
その前は「京阪神急行電鉄」っちう名前やったという。
知らんかった。
生まれたときから阪急は阪急やと思てた。
1973年以前は、何と呼称されていたのやろう。

1943年以前は「阪神急行電鉄」やったというので、
略称として、ずっと阪急と呼ばれていたのでは
なかろうかと推察。

This book lectures me about the history of Hankyu Railway.

Nikon D5300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「流し撮り」
満開の桜のもとに、ラッピング列車が来たので流してみたが失敗。
Dsc_0165wrap

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月曜日)

計測の価値は

ま、懲りずにフォトコン応募をしとるわけですが、
こないだは、ちょっと張り切って(笑)、
1部門に3点応募しますというと、
1封筒に3枚のプリントを入れたわけですが、
重量量らずに直接、郵便局の窓口に持って行ったわけですが、
205円ですと、いつもと違う金額を言われ、
いつもは120円か140円なのに。

あとで、レシートをみますと重量が「100.5g」
つまり0.5gの超過で140円→205円と
驚愕の46%高の請求となったようで。

そんなん、もっかい量ったら、
100gまでに入るんちゃうんやろか。

分かってたら、ちょと中身やら、
調整して0.5gくらい調整できたのやがな。

しかし、うちのキッチン重量計で量ってたら
どのように測定値が出ていたのかが
わからんですけどな。

ブツの重さもその日の湿度とかでそんなもん
変動するやろ。

しかしだいたい、郵便局のはかりかてどうよ、
4桁目なんか信用できるんか。

うちと郵便局では重力加速度も違うかも知れんぞ。

料金体系↓に無理がないか、100g越えたら急に高いてしかし。
50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 205円
250g以内 250円

あああ、やっぱクロネコメール便はよかった。
厚さ1cmまで、80円だった。

I have a complaint about postal charges.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「箕面の滝」
みやげ物やさんの「フジカラー」のケースの中身はお菓子かなんかになっとる。
Dsc_0045minoo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学べ、逃げ出した後

「ファインマン物理学を読む」竹内薫
てのを、図書館で借りてきて読む。

そういえば、学生の時、学校の図書館に
ファインマンの本はたくさんあった。

しかし、我は、読まなかった。
(ちらっとくらいは見たような気もしないではないが。)
なぜか。

我は、手っ取り早く、試験にさえ通れば、
単位されもらえればよいとの堕落した考えに陥ってしまい、
試験に出るところだけを覚えてしまったのだ。
この「ファインマン物理学を読む」を読んでそれを再認識した。

結果、
この本の最後の方に出て来る式、かろじて
何となく見覚えがあるなあ、てな程度であって、
そこに至るまでの考え方など、まったく理解していないのであった。

後悔先に立たず、今からでも読もう、とはいえ、

ファインマンの原書や翻訳書を読むのは苦しい、
(あの頃なら、これが読めていたであろうなあ、
 まったくもったいない話しや)
また解説本みたいのでいいから、借りてきて(買わへんのかい)
読もうとは思てるのであった。

I could have understand "The Feynmann Lectures on Physics" at those days.
Those books have three volumes in English, but five volumes in Japanese.
Very long...

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「2円」
よそのお宅の塀に、2円が置かれているのを肉眼で確認。
Dsc_0099nien

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »