« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日曜日)

奇跡の価値は(参)

てなわけで、
入選したということは、
まだ、選評が不明ではありますが、
今まで気にしていた、
プリント仕上げの出来映えが少なくとも致命的ではない、
っちうことになりますかな。

この古いキヤノンMP950を買い替える理由が
一つ減ってしまった。

例えば「月光」の分厚い紙に印刷すると
へんなカスレ汚れがでちゃうんですけども。

いやま、まだ選評を読んでないから分かりませんけどね。

あと、CAPAの方が入選しているかどうかは、
1席でも取らない限り事前には分からないので、
アサカメダブル入選+CAPA同時入選の目も
まだ残されているわけで、浮かれ気分は
まだまだ続くのでした。

May be admitted to the photo contest of CAPA.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「万里の長城」 レプリカです。
Dsc_0084banri

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土曜日)

終わるサイクル

高速増殖炉もんじゅのニュースで、
もんじゅを止めると、プルトニウムが溜まって困る、
てのがわからん。
もんじゅを動かす方が、プルトニウムが増殖する
のではないのか。
ほんま、記事書いているやつが
意味分からずに書いているような気もしまして。

もんじゅを、増殖はさせない高速炉、として
運転をすれば、プルトニウムを減らすこともできる、
ということではないか、
そこを書かないから、わけ分からなくなるのではないか。
とにかく、もんじゅは「悪」以外なにものでもないと、
いう風に書こう書こうとするから、
こんなわけの分からへん事になるのではないのか。
事実のみ、よく分かるように書いて欲しい。
記者の意見は書かないか、別で書け。

What is Fast Breeder Reactor MONJU?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「天安門広場」 レプリカです。
Dsc_0079tenanmon_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡の価値は(弐)

てなこというてましたら、
な、なんと、
もう一通、アサヒカメラから、
「往復はがき」が来ました、

こないだのは、「カラープリント」の部、
今回のは、「モノクロプリント」の部。
またも入選のお知らせ
なんと同一月にダブル入選です。

そんなん常連さんでもなかなかないで。
この奇跡の二乗、
事故や病気に遭わないように
注意して生きて行こうと思います。

こないだのカラープリントの部の分の
往復はがきはは20(火)に来ましたが
今回のモノクロプリントの部の分の
往復はがきは23(金)に来ました、

で、28(水)必着で送り返せという、
カラープリントの部よりは、
少し余裕を見てくれている。

往復はがき現品はこれ
Dsc_0001asakame

Dsc_0004asakame
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

やっぱし応募時に、作品に添付している応募票と
ほぼ同じようなことを書かせる意図が不明。

で、カラープリントの部と違うのが
「●ワンポイントアドバイスの掲載(可/不可)
の欄。
なんじゃこりゃ、入選ではないのか。
やっぱり「ワンポイントアドバイス」に
格下げになることがあるのか??

ワンポイントアドバイスに掲載されるときも、
事前に通知が来るのでした、それは経験済み
こちら

よくわからんな。
それと
「②選評者に見てほしい点、聞きたいこと」
欄があるのもカラープリントの部と違う点。
なんで、部門によって微妙に変えているのかしらね。

カラープリントの部の分は、
まあ、わけのわからん写真でしたが、
こちらモノクロプリントの部の方は、
まあ、意図の分かりやすい、写真だったので
ある程度、自分でも納得できる感じです。
ではありますが、どこをどう評価されたのか、
選者評を早くみたい。

I have no words to express my gratitude for being selected for the Asahicamera contest, again.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「兵馬俑」 レプリカです。(これはその入選作ではありません。)
Dsc_0075heibayo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡の価値は

月例フォトコンチェック。

2016年
アサカメ(発表月ベース)・・CAPA(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし
 3月号 なんもなし・・・・なんもなし
 4月号 なんもなし・・・・なんもなし
 5月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 6月号 なんもなし・・・・なんもなし
 7月号 なんもなし・・・・2次予選通過
 8月号 1次予選通過・・・2次予選通過
 9月号 1次予選通過・・・3次予選通過
10月号 なんもなし・・・・なんもなし ←今回

また、両方とも落選や。

でも、もう、そんなことええねん、
なんと、苦節10年(?)
ついに、先日、アサヒカメラから、例の、
「往復はがき」が来ました、
入選のお知らせです!!!!!!!

苦節10年(?)!!!ついにこの日が。

だいたい日曜日に速達で来るという話しを
どっかで読んだことがありましたが、
そうではなかった!
20(火)に普通郵便で来ました。
消印は16(金)になっている、
17(土)18(日)19(月)(祝)と休みが続いたから
20(火)に着いたのかな。

で、23(金)必着で返信しろという、
普通郵便で返すのに、着日指定とは
厳しいなと思たが、即刻、記入して投函はした。

往復はがき現品はこれ
Dsc_0038asacame
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

「入選作は本年度中は他に応募せず、
 ネガ等はお手元に保存しておいて下さい。」
とある。
え?本年度中でなければ、他に応募してよいのか?
そんなわけないやろ、2重応募になってしまう。
おかしなこと書いてる。

「ネガ等」て、最近の若い人には通じないのではなかろうか。

応募時に、作品に添付している応募票と
ほぼ同じようなことを書かせる意図が不明。
Dsc_0039asacame
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

ということで今回、
5日が応募締切で、通知はがきの到着は20日
ということが今回わかった。
(入選者氏名はその翌月発売号、
 作品掲載は翌々月発売号ということも
 今回わかった。)

アサヒカメラの発売日ごろに通知はがきが
来なければ、落選、と思えばよいてことかな。

しかしめでたい。
しかしこの応募作品、まあ、自分でも、
それほど納得して送ったわけでもないのだ。
他人の入選作を見るにつけ、まったく意味不明と
感じることも多く、ほな、
我も意味不明作品も送ってみたろかと思て応募したもの。
いったい、どこをどう評価されたのか、
選者評を早くみたい。

I have no words to express my gratitude for being selected for the Asahicamera contest.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「凱旋門」 レプリカです。(これはその、入選作ではありません。)
Dsc_0072gaisen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土曜日)

熱力の価値は

『今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい 熱力学の本』
久保田浪之介 B&Tブックス 日刊工業新聞社
てのを読んだ。

誤字脱字結構がある。

そして何というか、例えばこんな感じで→
「吸収は分子の並進運動のための運動エネルギーと分子を
 構成する原子間との間の重心回りの回転エネルギーと
 原子間での振動エネルギーに変換されて分子が保有する
 ことになります。」

脳みそ腐りそう。「・・・原子間との間の」のあたりで、
腐りそう。

「Cv」を「定積比熱」ではなく「定容比熱」と呼んでいる。
ほな、「体積」という言葉は使わず、「容積」といっているか
というとそうではない。

「V」が「体積」で、「v」が「比体積」かと思うと、
ページによって、違っていたりする。
だいたい比体積てな言葉てなじみがない。
(理学ではなく、工学の分野ではなじみの言葉なのかも)
単位質量あたりの体積(密度の逆数)てことらしいが
脳みそ腐りそう。

アボガドロ数のことを「マジックナンバー」と呼んでいる。
そんな記述、他で見た事ない。

絶対零度を「-273.16℃」としている。
そんな記述、他で見た事ない。普通は「-273.15℃」。
またそのページのグラフが軸が間違っていて?それ以下
の温度(-273.5℃とか)が示されていて意味不明。
加圧するほどに、ヘリウムは温度が下がるが、
他の気体は温度が上がるようなグラフになってて
(まあ、軸がおかしいから、「下がる」「上がる」が
それぞれ逆なんかも知れんが、どっちにしても)、
意味不明。
何をどう間違ったらこうなるのか、符号?
にしてもおかしい、とか考え出すと脳みそ腐る。

まあ、そこに限らず、総じて、出て来るグラフが
難しすぎて意味がわからないのが多い。
「トコトンやさしい」て、どこらへんが?と思った。

速やかに図書館に返却に向かうことにする。

It's normal to feel unmotivated when you read this book.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「神戸布引ロープウェイ」 新神戸駅を眼下に見る。
Dsc_0019nunobiki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月曜日)

ニコンの造りしもの(弐)

今度発売のニコンD3400が2016年9月16日発売予定とのことで。
ダブルズームキットは、
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR、
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 付き
てな話しを、こないだ書きましたが
レンズが「AF-P」てな、新しいシリーズになってます。
AF駆動にSTM(ステッピングモーター)を搭載してるということだそうで、
(ほな、今までのは何モーターやったんや?)
カメラによって使用に制限のある場合がありますやとお。
こちら。

おお、我がD5300はファームアップでぎり使えるのか。
まあ、しかし、不変のFマウントとは言うものの、
まあ、カメラとレンズの使える/使えない組み合わせてのは
複雑過ぎて、覚えられない。
レンズキットで購入しろ、それ以外は知らんでという感じもして
昔とは一眼レフの楽しみ方も変わってしまうのでしょうかね。

しかし、まあ、何ですな、
もう、そんな、なんぞの市場を移転先の
盛り土してないとか、そんな細かい話し
ローカルニュースにも耐えないのでは。
そんなもん、そこの自治会の回覧板で
回したらいいのでは、いや、回覧板で
回ってきても、んなことで、いちいち
回覧回すなよ、て思うかも。

I'm behind in the study of combination of Nikkor lenses and Nikon cameras.
It's very tough.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「kaisendon」 海鮮丼をkaisendonと書いても、漢字の分からない人には結局意味は分からない。ここのメニューはそういう感じのEnglish menuやった。
Dsc_0026kaisen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日曜日)

窓側、魂の座

伊丹←→羽田の飛行機、
なんたらメンバーの方から順に優先搭乗、
なんですけど、そんなん、
ほとんどの人がビジネスユースと見え、よって
ほとんどの人が優先搭乗でして
(みんなたくさん出張行ってマイル貯めてはるのやろな)
あんまし、優先の意味がない気がする。

そんなんより、窓際の人から先に搭乗にするのが
誰にとってもありがたいと思いますけどね。
(実際そういう順に搭乗する場合もありますな)

東京発の東海道新幹線で、
新横浜に着く前に、通路側やら3列席の真ん中の席で
書類やらパソコンやら弁当やら酒やら
広げまくってるのもかないませんなあ。

奥(窓側)の席が空いてたら、まあ、
新横で誰か乗って来るんちゃうかと
思いませんかね普通。

It's careless of you not to predict that someone will get on the window seat at Shin-Yokohama station.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「掲示」 京都付近。線路際のフェンスに、道路側に向かってこんな掲示あり。どのレールが東海道本線とか山陰本線とか書いてある。誰のために?
Dsc_0025jr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土曜日)

決戦、第2金曜新大阪行き

東海道新幹線の車内、
となりの老紳士が巡回してきた車掌に聞きました、
「食堂車は?」

しょ、食堂車て!
その車掌が生まれた頃には
そんなもん、もう無かったんちゃうかと思た。

(しかし調べたら、食堂車の廃止は、
 そんなに昔ではなかった)

車掌は、最初、は?と言ったがすぐに
ワゴンサービスでしたら、1号車から順番に
来ていますのでもうすぐ来ると思います、
と回答した。

1号車からやて?そんなもん自由席から先に
来るやろか?

東京発、新大阪行き「のぞみ」やったのやが
案の定、やっとこさ三河安城を過ぎたあたりで、
やっぱし、前(1号車方)からではなく
後ろからワゴンサービスは来た。(ここは4号車)

しかし、サンドイッチなどはもう売り切れ。
やむなく、老紳士は、ちくわ、みたいのと
缶ビールを買わはった。

込み合う日、時間帯やったからな、
ああいう場合、ワゴンサービスが来るのを待たず
こっちから、迎えに、買いに行かなあかんなあと
思った次第。

以前、大阪から特急「しなの」に乗るという
酔狂な旅をした時、ちっとも車内販売が来ないから
こっちから探しに行って、早く買えたので
売り切れを免れたことがあったのを思い出した、

On weekend nights, we should contact the wagon services positively in the Shinkansen NOZOMI superexpress.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「新快速」 京都鉄道博物館。そうそう、こんな車両やった、デッキのある、「急行型」。急行(ぽいもの)に急行券無しで乗れるお得感があったな当時は。こうして、「急行」というものが。このあと、どんどん無くなっていったのやなあ。

Dsc_0013sinkai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日曜日)

紙に至る病、そして

月例フォトコンテストの応募用の
インクジェット用紙として
なんか、こだわった風で
GEKKOシルバー・ラベル
バライタ調紙/半光沢2090円、
厚さ390μm15枚入り
(既に生産中止らしい)
を採用しているのでありますが。

うちのキヤノンピクサスMP950っちう
古いプリンタで印刷しますというと
設定が悪いのか?きれいに印刷できない、
なんか、擦れたような汚れが付いてしまう、
他の紙ではそうはならないので
多分厚みやな、厚すぎる。

まっすぐ給紙されず、少し斜めになったりもする。
もったいない。やっぱもっと安もんの紙にしよう、

だいたい、こんな立派な紙に印刷するような
作品でもないのだ。

I don't think I can make it at GEKKO Silver Label Print Paper.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「新快速」 京都鉄道博物館。そうそう、昔乗ってた新快速にはこんなヘッドマークが付いていたわ。見覚えがあるのは上の方。同じ車両で、新快速ではなく、快速で運行する場合は、この「新快速」の文字の代わりに「横線」だけ描いたようなヘッドマークが付いていたと記憶するのだが・・・。
Dsc_0012sinkai_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痙攣、襲来(弐)

今日はどこがつったと思いますか。
さっき、胸がつった。
心臓のあたりがきゅーっと痛い。
しかし、脈が乱れるとか気分が悪いとか
冷や汗が出るとかいう感じはない。
ただ痛〜くなって、少しましになったかと思うと
また痛〜くなって
そのうち治った。
胸のどっかの筋がつったのだと思う。
こんなとこまでつるかしかし。しかし。

東京の卸売市場が移転するとかせんとか
そんなニュースに時間取り過ぎ。
東京の人は何ですか、全国ニュースで聞いて、
ローカルでもまた同じ話しを聞いてるんですか。
全国ニュースだけでやって
ローカルではやらないんでしょうか、
そら逆やろ。

I got a cramp in my chest.
I was very surprised.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「銘板」 京都鉄道博物館。弁天町にあった交通科学博物館にあったやつがそのまま持ってこられたみたい。
Dsc_0011meiban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土曜日)

痙攣、襲来

なんか先週あたりから
夜中寝てるときにえらい脚がつる、
痛い。
なんか首もつる。なんじゃこりゃ。
と思たら、
さっきどこがつったと思いますか。
なんと肛門がつった。
肛門括約筋がつった。なんじゃこりゃ。
こんなとこつるかしかし。しかし。

イチロー、初球のストレートを仕留めて欲しい、
見送ったり、手出したら左へファール。
あれを仕留めないから、落ちる球でやられる。

I got a cramp in my leg in the midnight.
I got a cramp in my neck,
and,
I got a cramp in my anus.
I was very surprised.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「富士」 京都鉄道博物館。昔は「HUZI」と書いとったんか。
Dsc_0009huzi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »