« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月29日 (土曜日)

見知らぬ、被写体

アサヒカメラ11月号の「総力特集」は
「SNS時代の肖像権とスナップ」
「顔が写っているスナップ写真はNGなのか?」
てことであったが、
まあ、読んでも結局良く分からなかった。
時と場合による、みたいな結論で。

まあ、知らん人の顔がはっきり写っている写真は
フォトコンに応募しないけどね。
しかし、本人がみたら、本人であると特定できる場合は
どうなんかね。

もしそんなんでも、あかんかったら、
人が一人も写っててはいかんことになってしまうから
それは無いとは思うが。

テレビのニュースとかで街行く人びと、
顔入りで映ってるやんねえ。

Street photos are prohibited?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「運転室に手やカメラ等を入れると」入れるやつおるんや。阪堺電車内。
Dsc_0008chui

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土曜日)

奇跡の価値は

月例フォトコンチェック。

2016年
アサカメ(発表月ベース)・・CAPA(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし
 3月号 なんもなし・・・・なんもなし
 4月号 なんもなし・・・・なんもなし
 5月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 6月号 なんもなし・・・・なんもなし
 7月号 なんもなし・・・・2次予選通過
 8月号 1次予選通過・・・2次予選通過
 9月号 1次予選通過・・・3次予選通過
10月号 なんもなし・・・・なんもなし
11月号 入選・・・・・・・なんもなし ←今回

既に申しました通り、入選が発表されていました。
結構結構。

部門別応募総数を見ますと
モノクロプリント618点、
カラープリント1195点とあります、
こらあ今回ちょっち少なかったかも知れん、
ラッキーだったのかも。

掲載が12月号となるため、年度賞のことを考えると
ここで自信作を送ろうという人は少ないでしょうから
入選しやすいのかも知れませんな、毎年今月号分は。

カラープリント部門の冒頭に
「年度末一掃なのか、先月にも増して過去作品の
 応募の雨あられ。」
とありました。
そうなのか、そんな事も選者には分かるのか。
よお見て覚えてはるのやなあ。

ある入選作の評には
「(アサヒカメラの)編集部員の票も集め」
という記載あり。
そうなんや、やっぱ編集部員も選考に関わるんや。
選者の一存ではないんや。まず、編集部員の推しがないと
選者に見てもらえないのではないかと推察しますなあ。

我の作品達は天才的かつ難解過ぎて、
編集部員のお眼鏡にはなかなか適わず
今回ギリで通過したところ、
選者先生にはご理解頂いて
高く評価頂いた、ということにしておこう(笑)

で、今月は例の往復はがきが来ないので
どうやらまたいつもの落選街道に戻った模様。
やっぱ今回は突発事故、まぐれであった模様。
CAPAの方もまたダメダメになってますしね。

I'm a photographer of genius? I have my doubt about that.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「オロ12」 宮原操車場。なんか色が違うなこの車両。普通青のはず。塗り替えられている?
Dsc_0037oro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日曜日)

見られない、瑞風

宮原操車場で、
TWILIGHT EXPRESS 瑞風
(トワイライトエクスプレス みずかぜ)
を見る事ができるかどうか
知っておこう。

(新大阪までQRコードを見に来たので
 ついでに寄ろう)

ちょっと前に、報道陣に公開していましたが果たして。

結論。見られませんでした。
どっか建て屋の中に大事にしまってあるのやろう、
外からは見えない。

これは廃止になったトワイライトエクスプレスやなあ。
Dsc_0029twilight
屋根とかずいぶん汚れている。野ざらしやから。
そら、新車の瑞風をこんな風にさらしておくわけないわなあ。

It's very difficult to see MIZUKAZE than I have ever imagined.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「宮原操車場」後ろは新大阪駅。
Dsc_0025miyahara

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月曜日)

サカナの造りしもの

サカナクションの新曲、
多分、風
何言ってるのかわからんところが多い。
歌詞がまだネットにも出ておらず
苦悩しておりまする。
 かぜーはしーるせなーかーのこーにー
て何じゃい。
今年のアネッサのコマーシャルソングなのやが
(もちろん、夏前に流れてた)
コマーシャルには、このサビだけが流れてて
曲としては今月発売という、
そんな納期遅れが許されるのがすごいわ。

What does he sing in TABUN KAZE?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「QRコード」あのQRコード、何なのか知っておこう。新大阪まで自転車で行ったわけはこれだった。割とすぐ見つかった。線路挟んで反対側は柴島の浄水場なのやが、そっちからやと線路が邪魔でこれが見えない。ので、線路のこちら側からしか撮ることが出来ず、これ以上は線路が邪魔で下がることが出来ず、こんな写真になります。でもQRコードは読めるでしょう。
Dsc_0022qr

Dsc_0023qr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日曜日)

引ーて、魂の座

ロバート キャパが
If your pictures aren't good enough, you aren't close enough.
っちうた、というので、
我はいつも、どうも寄って撮ってた
っちうか、ズームで引っ張って
撮りぎみなような気もする。

また最近は単焦点の
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G何かも使ったりしまして
これはズームがきかないもんですから
そのまま撮りますから、自分としては、
なんか引き過ぎな感じもして
関係ないもんまで写ってる気もしますが、
これはこれでよいのかも知れませんなあ、

I should take photos by more long shot?

SHARP AQUOS のスマホ
「QRコード」
JR大阪から新大阪に向かう途中、電車の左側の窓から大きなQRコードが見えるのをご存知か。スマホで撮ってみましたが、こんななってしまって、QRコードを読む事あたわず。
Dsc_0058_0001qr_2

拡大↓
Dsc_0058_0001up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うまくならない、電話

大阪歴史博物館
ここ

電話番号のところ、
TEL:06-6946-5728(ゴーナニワ)
て、局番の方は、語呂合わせあきらめたのね(笑)。

今やったら真田丸の特別展やってるので、
ロク文銭、ヨロしく、では、、、苦しいか。

At Osaka Museum of History, Special Exhibition SANADA MARU is now holding.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「新御堂筋」“しんみ”を使って、自転車で(!)梅田から新大阪に行けるか、知っておこう(四)。新大阪側はこのように、スロープが真ん中についており、自転車同士でも行き違いができるようになっている。梅田側もこうして。
Dsc_0021sinmi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絞りに拘る病、そして

コシナからこんなレンズが出てます↓
クリック

ここまでAIニッコール的なデザインしてもいいんや、
絞り環のとこね、すげえな。
しかし我のD5300ではピントが見えないのでは。
(このレンズは手動ピントです)

The COSINA's new lens is very OLD.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「新御堂筋」“しんみ”を使って、自転車で(!)梅田から新大阪に行けるか、知っておこう(参)。淀川を渡る長い長い橋に出ます。もちろん歩行者も通れます。しかし結構長い道のりですが、、、あ、歩いて来る人いるわ。若い女性2人、どういう事情でここを歩くのかしら。夏は暑いで。冬は寒いで。途中に自販機1つないでしかし。
Dsc_0019sinmi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土曜日)

終わる世界

中学生のころ、
敦賀の浜辺で
友達と3人だけでキャンプしたことがある。
(ようあんなことしたな、
 親もオーケーしたな、と今は思う)

海はとてもきれい、
あまりきれいで、
その海水で飯ごう炊さんしてもて
まあ、塩辛くて食えん御飯が炊けた。

すぐ近くに原発が見えていた。

原発の排水が温かいから、冬でも湾内は温かく、
魚が湾内から出て行かないから、
鯛とかよう釣れるとか、言ってる人がいた。
(しかし、真夏のその時は、まったく釣れず)

夜になると原発が美しく輝いていた。
輝かしい未来な感じ。
神戸のポートピア(博覧会)の感じ。
原発は最先端の科学技術であるから、
だから、そのすぐそばの、この海は美しいのやと思た。
(実際、排水の規制は非常に厳しいものであろう)

福島やら、もんじゅの事故は非常に残念な感じ。

The technology of atomic reactor has come a long way.
It's very sorry for the accidents.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「新御堂筋」“しんみ”を使って、自転車で(!)梅田から新大阪に行けるか、知っておこう(弐)。こんな螺旋階段がついてて(梅田側)、自転車で橋上に登れる。しかし、これじゃ、途中ですれ違いにくいぞ。スロープは真ん中にしてるのが多いがな。これだと、登るときは、自転車の右側に立たなあかんとこも苦しい。
Dsc_0016sinmi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金曜日)

わりと沈黙

日産リーフ(電気自動車)が止まってまして
そばにいくと、ウチのクルマ(ガソリンエンジン)と
同じような音がする、
こらあ、あれですなあ、
エンジン音ではなくて、
エアコンのコンプレッサの音ですな、
ウチのクルマでも、低速時では
ほとんどエンジン音なんかしてないな、
前歩く人、気づいてくれないことが
わりとありますもんね。

Listen to cars.
Recently almost cars are not noisy especially in low speed,
aren't they?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「新御堂筋」この“しんみ”を使って、自転車で(!)梅田から新大阪に行けるか、知っておこう(つづく)。
Dsc_0014sinmi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日曜日)

見られぬ、貯蔵庫

ニコンイメージスペース
ていうのがあって、オンラインストレージとして、
写真を保存したり、共有したりできるのですが、
我パソが古いせいか、写真が表示されないのです。

アップロード、ダウンロードは「手探り」
(まっくらな画面を適当にクリックするなど)で、
出来たりするが、写真自体が表示されないてのはねえ。

スマホだと見れるんですが。

Mac OS X 10.6やしなあ、
スノーレパードとか言うて、
昔はお猫様科の名前がついてましてね。

ブラウザ「Safari」もバージョン5.1しか使えなくて
今なんですか、最新版は、バージョンとかなくて、
OSとセットなんですね、
今最新のOSて何ですか、
Sierraとかいうのですか、
無理ですね、このパソでは
新しいの買わないと。

しかし、何べんも言いますけど、
それやってしまうと
プリンターも買いかえないといかんのですなあ。
ドライバーが対応しないから。

My mac is very old.
You've come a long way, my MacBook.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「使徒だな」「ああ」
Dsc_0161sito

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土曜日)

見知らぬ、ファインダー表示

まあしかし、ニコンD5300で撮ってまして、
ちょっと変わった設定とかすると
ようミスします。
不注意は不注意なんですが、
なんですな、
ファインダーを覗いて撮るときに
情報が見づらいのが一つの原因かと思うのですな。
Photo
(↑取説より)
下の方に、シャッターやら絞りの値やらがまあ
出てはいるのですが、屋外での撮影やとまあ
見づらいんですよね。
他の一眼レフと比べてどうなんかが分かりませんがね。
フィルムカメラの時代は、そんなん思たことなかったが。
まあ、シャッターも絞りも必ず確認するという
習慣が身に付いてましたけどね、当時は。
今はもう堕落してしまって、だめになってしまいました。

Keep your mind on whole the finder.
That's easier said than done.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「黄金のマスク」 レプリカです。
Dsc_0085tutank

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »