« わりと沈黙 | トップページ | 絞りに拘る病、そして »

2016年10月 8日 (土曜日)

終わる世界

中学生のころ、
敦賀の浜辺で
友達と3人だけでキャンプしたことがある。
(ようあんなことしたな、
 親もオーケーしたな、と今は思う)

海はとてもきれい、
あまりきれいで、
その海水で飯ごう炊さんしてもて
まあ、塩辛くて食えん御飯が炊けた。

すぐ近くに原発が見えていた。

原発の排水が温かいから、冬でも湾内は温かく、
魚が湾内から出て行かないから、
鯛とかよう釣れるとか、言ってる人がいた。
(しかし、真夏のその時は、まったく釣れず)

夜になると原発が美しく輝いていた。
輝かしい未来な感じ。
神戸のポートピア(博覧会)の感じ。
原発は最先端の科学技術であるから、
だから、そのすぐそばの、この海は美しいのやと思た。
(実際、排水の規制は非常に厳しいものであろう)

福島やら、もんじゅの事故は非常に残念な感じ。

The technology of atomic reactor has come a long way.
It's very sorry for the accidents.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「新御堂筋」“しんみ”を使って、自転車で(!)梅田から新大阪に行けるか、知っておこう(弐)。こんな螺旋階段がついてて(梅田側)、自転車で橋上に登れる。しかし、これじゃ、途中ですれ違いにくいぞ。スロープは真ん中にしてるのが多いがな。これだと、登るときは、自転車の右側に立たなあかんとこも苦しい。
Dsc_0016sinmi

|

« わりと沈黙 | トップページ | 絞りに拘る病、そして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13183/64315266

この記事へのトラックバック一覧です: 終わる世界:

« わりと沈黙 | トップページ | 絞りに拘る病、そして »