« 鳴らない、雷:‖ 音のない雷は有り得るか | トップページ | 見知らぬ、新駅 »

2017年8月 4日 (金曜日)

世界遺産の中心でカナカナを叫んだもの:‖ 表現として描かれるフレア(ゴースト)の例

ここ何年か、
見かける(聞きかける)セミは
クマゼミがドミナントであったが
今年はどうですか、
結構アブラゼミを見かけませんでしょうか。
しかも、
例年よりも少し大きい固体が
多いような気がする。
先日行った高野山では、
圧倒的にヒグラシであった。
これは毎年そうなのか知らない。

In the past few years, I saw (listening to) KUMAZEMI cicadas were dominant,
but how about this year, do not you see ABURAZEMI cicadas pretty much?
Moreover, it seems that their bodies are a little larger than usual.
In Koyasan I went to the other day, there were a lot of HIGURASHI cicadas overwhelmingly.
I do not know whether every year there are a large number of HIGURASHI in Koyasan.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「RADWIMPS 君の名は。歌詞カード」
これらは実写ではないのに、
フレア(ゴースト)が
わざわざ描かれている。
カメラ、レンズメーカが
必死に消そうとするこれら現象が、
一般には映像表現として
描かれることも多いということが、興味深い。
Dsc_0023rad_2

Dsc_0024rad_4

Dsc_0025rad_3

(2018-9-8少し追記修正しました。)

|

« 鳴らない、雷:‖ 音のない雷は有り得るか | トップページ | 見知らぬ、新駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産の中心でカナカナを叫んだもの:‖ 表現として描かれるフレア(ゴースト)の例:

« 鳴らない、雷:‖ 音のない雷は有り得るか | トップページ | 見知らぬ、新駅 »