« ネイピア数、誕生 | トップページ | ジョンウン、来韓 »

2018年4月28日 (土曜日)

プシーッと沈黙

大阪環状線の323系が導入されたときから気になっていたのですが
ドアが閉まって、走り出してしばらくしてから、ドア付近からプシーッと
エア音がするのです。
え?走行中にドアがもっかい開くんか?と一瞬思てまう。
はじめは、このドアつぶれてんのちゃうかとか思たが
どの車両でもいつも鳴る感じする。
でググりますというとどうも「戸閉め減圧機構」というらしい。
一回ドアを閉めたあと、増し締めしているらしい。
なんかモノ挟んでも、すぐなら強引にならひきぬけるようにしておいて、
のちに、もうそんなことできないように強く閉める、ということのようですね。
知らんかった。

I have been concerned since the 323 series started running on the Osaka Loop Line. After the door closed, after running for a while, a puzzle air sounds from near the door.
Huh? Does the door open again while driving? I think for a moment.
At first I thought that this door was broken but every car always rang the sound.
According to Google search, it seems that "door closing and depressurizing mechanism".
After closing the door once, it seems that it is retightening again.
Even if you sandwiched something, it seems like it will be possible to pull it if it is forcibly imminent, then close it so strongly that you can not do that anymore.
I did not know that.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「煙幕」前の車が煙を吐いて走り、視界が極めて不良。こういうのを取り締まる法律はないのか。
Dsc_0024_2


人気ブログランキング

|

« ネイピア数、誕生 | トップページ | ジョンウン、来韓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プシーッと沈黙:

« ネイピア数、誕生 | トップページ | ジョンウン、来韓 »