« FM誕生(壱) | トップページ | 涙 »

2018年5月19日 (土曜日)

FM誕生(弐)

ニコンFMあたりから本格的にAI方式と呼ばれる、
レンズの開放F値を内蔵露出計に伝達する方式が
ニコンの中でドミナントになっていくわけですが、
で、有名な「ガチャガチャ」方式が姿を消していくわけですが
ほな、他のメーカーってどうしてたんやろか。
開放F値伝達の話というともう「ガチャガチャ」
という話になりますので
他のメーカーのことってあまり語られませんが。
まあ、どうやら、よそはマウントを変更して
連動構造を追加したりしているようですね?
ニコンは不変のFマウントを維持せなあかんので
またフラッグシップ機に追加で露出計を載せたりしたので、
「ガチャガチャ」を編み出さざるをえず、
それがかえって特徴になったので、
人口に膾炙するに至ったのであろう。
人口に膾炙するって書きたかっただけだ。

In full swing from Nikon FM, the method of transmitting the open F value of the lens called the AI ​​method to the built-in exposure meter becomes dominant in Nikon.
And the famous "gacha gacha" method disappears.
Then, how did other manufacturers do?
As far as the talk of open F value transmission is concerned, it will be a story of "Gacha gacha", so I can not say much about other manufacturers.
Well, apparently, it seems that other manufacturers are changing mounts and adding interlocking structures, are not they?
Since Nikon had to maintain an immutable F mount and added an additional exposure meter to the flagship machine, it had no choice but to create "gacha gacha", which was rather characteristic, and was made popular.
I just wanted to write an idiom that would make it popular.


Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「阪急大阪(梅田)」 この表記は珍しい。阪急梅田(大阪)などが多いと思う。能勢電、日生中央。
Dsc_0003_2


人気ブログランキング

|

« FM誕生(壱) | トップページ | 涙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FM誕生(弐):

« FM誕生(壱) | トップページ | 涙 »