« 命名の選択を(弐):‖ 南山緑道 公園の種類 | トップページ | 日本人の造りしもの:‖David Douglas Duncan氏 »

2018年6月 9日 (土曜日)

終わる世界:‖富士フイルムの現像液

富士フイルムの黒白フィルムが
販売終了のご案内になっておりますけれども
(「富士フイルムイメージング」の表記の
 「イ」は大きい「イ」で、
 上記ページの「黒白フィルム」の
 「ィ」は小さい「ィ」ですな)
現像液の方は「販売継続品です」といちいち記載されているので
まだまだやる気ということでしょうか。

フジドールやらパンドールは
もうなくなってますが
(パンドールなんか出荷終了品のページ
 にさえ載ってない)
スーパープロドールだけでなく
ミクロファインもまだ売ってますのね。
しかしフィルムの有効期限の後には、
これらもきっと。

こういう情報、
富士フイルムのグローバルサイトでは
見つけられない。
海外向けに発信する必要がない?
輸出はなかったということ?

FUJIFILM's black and white film has been discontinued.
Is it more motivated because the developer is listed as "Continued to sell continuously"?

FUJIDOL and PANDOL are already gone, but not only SUPER PRODOL but also MICRO FINE are still on sale.
However, after the expiration date of the film, these will surely be discontinued.
I can not find such information on Fujifilm's global site.
Do not they have to call out for overseas? Have they not exported it?

(2018-8-15少し修正しました。)
(2018-10-13少し修正しました。)

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「柵」 車椅子だけを通す仕掛けのようであるが、写真手前のところ、大きくあけてあってそこから通れるので意味なしでは。
Dsc_0032_2


人気ブログランキング

|

« 命名の選択を(弐):‖ 南山緑道 公園の種類 | トップページ | 日本人の造りしもの:‖David Douglas Duncan氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終わる世界:‖富士フイルムの現像液:

« 命名の選択を(弐):‖ 南山緑道 公園の種類 | トップページ | 日本人の造りしもの:‖David Douglas Duncan氏 »