« キャッシュの価値は | トップページ | 救急、梅田のむこうに »

2018年8月 4日 (土曜日)

せめて、平年らしく

気象の平年値について知っておこう。
気象庁のウェブサイトに
「平年値の更新について」
という記事(平成23年3月30日)があり
・1981~2010年の観測値による新しい
 平年値を作成しました。
・新平年値は、平成23年5月18日から
 使用します。
とある。
30年の平均を平年値と呼ぶ、ということで、
10年ごとに更新するらしい。
スマホに表示される気温をみますと
例えば今日と明日が同じ気温でも
今日は表示がオレンジで
明日は表示が赤だったりしますが
そういう場合、
明日の方が平年値からの乖離が大きい
という意味のようです。
その平年値てのが上記のものなんですな。
上記のウェブサイトでは
月ごとの数値しかわからんが
日々の平年値もあるわけですな。
ほな2月29日の平年値はどうすんねん?
ちう話ですが
ウィキペディアによりますと、
まあざっくり言うと
2月28日と3月1日の平均ということらしい。
今日は最高33℃で
明日は35℃でどっちも赤表示。
こらあ、やっぱし
えっらい時代になってきたのでは。
どうなる?この星。
まあこの「星」にとってみたら
そんなん大した変動やないんやろけんども
「生物」にとってはそうではない。
約6550万年ぶりだな。
ああ。間違いない、使徒だ。

Let's know about the average value of weather.

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「ああ、間違いない、アブラだ。」1年ぶりだな。
Dsc_0036_4


人気ブログランキング

|

« キャッシュの価値は | トップページ | 救急、梅田のむこうに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せめて、平年らしく:

« キャッシュの価値は | トップページ | 救急、梅田のむこうに »