« せめて、平年らしく | トップページ | 検索の価値は »

2018年8月 5日 (日曜日)

救急、梅田のむこうに

先日バシカメ
(ヨドバシカメラマルチメディア梅田)まで
車で向かいますというと、
宝塚市の救急車がサイレンを鳴らした状態で
我々と同じく、空港のインターから
阪神高速11号線に
入っていくのですなあ。
そこそこ渋滞しててなかなか進めないので
その救急車は我々の前を急行しているものの
なかなか視界から消えない状態。
どこまでいくんやろ、
しかし、だいたい
宝塚の救急車が猪名川超えて
大阪府に入っていく時点で、
なんでなん?っちう感じですが
結局、
我々は梅田のインターで降りてしまい
その救急車は、そのまま1号環状線方面へと
走り去っていったのでした。
そこまで走っていく用事とは何やろ?
宝塚では対応できないが、
大阪(しかも結構遠い)なら対応できる
患者がいたのか?そんなんあんのか?

しかし、最近、
ちょっとその辺に買い物に出ても
よう救急車を見かける気がします。
こらあやっぱ熱中症なんでしょうか。

宝塚市の救急出場の件数の推移
を見ますと(p16)、
まあ、だいたい年々増加はしていますが
今年のデータはまだないので、
今年多いのかどうかはまだ分かりませんな。
人口の増加もあるでしょうから、
人口比みたいのも見ないと分かりませんな。
で、同資料によりますと
「転院搬送」「医師搬送」てな項目もあり、
こういうのが越境理由として多いんやろか。
全体として「市内へは71.2%が搬送された」
とあるので、市外へも結構あるということね、
しかし梅田より向こうまで行くことも
あるとはね。

I saw an ambulance of Takarazuka City running beyond Umeda with a siren ringing.

(2018-10-13少し修正しました。)

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「スプーン」車のナンバープレートに、スプーンが差し込んであり、その上に塩のようなものが盛られていた。
Dsc_0001_7


人気ブログランキング

|

« せめて、平年らしく | トップページ | 検索の価値は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救急、梅田のむこうに:

« せめて、平年らしく | トップページ | 検索の価値は »